「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

男性のオナニー射精の回数・頻度・時間は?毎日も多い?

男性のオナニー射精の回数・頻度・時間は?毎日も多い?

他人のオナニーの回数や頻度、時間に興味を持ったことはないでしょうか。ほかの人は、どのくらいオナニーをしているのか、そしてどういったオナニーにふけっているのか…。ここでは、男性のオナニー射精の回数や頻度、そして時間についてまとめています。参考にしてください。


男性であれば、誰もがオナニーを行うはずです。しかし、案外知られていないのが射精の回数や頻度、時間などです。ここでは、男性のオナニーの回数や頻度などについて調査しました。

男性のオナニー射精の平均回数と頻度

まず、男性のオナニー射精の平均回数や頻度を見ていきましょう。

アダルトグッズの販売で知られる、「TENGA HEALTHCARE CONTENTS」が行った「オナニー国勢調査全国男性自慰行為調査2017」によると、1週間にオナニーを行う回数の全国平均は2.94回/週となっていました。(参照元:オナニー国勢調査全国男性自慰行為調査2017 楽天リサーチ株式会社 調査https://tengahealthcare.com/special/report/

最も多くオナニーを行っていたのが神奈川県の3.77回で最も回数が少なかったのが徳島県の1.95回ですので、およそ2〜3回というのが日本男性のオナニー射精であることが分かります。

頻度を考えると3日に1回、ないし2日に1回という計算になるため、案外多くの男性がオナニー射精に励んでいると考えられるでしょう。



男性は毎日オナニーする人も多い?

オナニー射精の平均値はおよそ3回程度でしたが、あくまで平均。中には、毎日元気にオナニーを行っている、という方も少なくないのではないでしょうか。

以前、「週刊プレイボーイ」が18歳から40歳の独身男性300人を対象にしたオナニー頻度に関する調査によると、1週間に2,3回という方が最も多かったものの、ほぼ毎日という方が81人もいたのです。(参照元:「週2、3回で平均時間は20分以下」300人アンケートで見えた成人男性の「自慰」実態https://news.livedoor.com/article/detail/7974505/

なかには、一週間に1回とか3ヶ月に1回といった少ない方もいるようですが、やはり男性たるものペニスをしごいてなんぼ、という考えの方も多いのは安心すべき事実ではないでしょうか。

男性が1回のオナニーにかける時間

オナニーの頻度や回数は、その方のライフスタイルも関係してくるのでバラツキがでるのは当然です。

では、オナニーを行っている際にかけている、“時間”はどうでしょうか。こちらも、前述した「週刊プレイボーイ」が実施した調査で明らかにされていますが、最も多かった時間が「10分」という回答でした。

全体の約6割程度が20分以下と回答しているなか、30分以上という人たちも少なくないため、こちらも人によってオナニーの楽しみ方が違うということを考えさせられる結果となっています。(参照元:「週2、3回で平均時間は20分以下」300人アンケートで見えた成人男性の「自慰」実態
https://news.livedoor.com/article/detail/7974505/

普段、あまり他人のオナニーについて意識したことが無い方が多いと思いますが、数字で見てみると、それぞれにこだわりの時間や頻度があることがわかります。



オナニーが多い場合のデメリット4個

毎日のようにオナニーに励むという方も少なくありませんでした。しかし、オナニーが多い場合に何かデメリットがあるのではないでしょうか。ここでは、オナニーが多い場合のデメリットを4個紹介していきます。

①イキにくくなる恐れ

毎日オナニーをすることは悪いことではない、という意見もあり、真面目なオナニー方法であれば特にデメリットはないと言われています。しかし、当然毎日オナニーをするわけですから、自分のやり方のオナニーでないと満足できなくなってしまう恐れがあります。

例えば、毎日食パンをトーストして食べている方であれば、段々飽きてきて面白いアレンジに挑戦し出すはずです。

人間、同じことを繰り返していると慣れが生じてしまうため、別の刺激を取り入れようとするのは普通の現象です。

つまり、オナニーにおいても過激なAVを閲覧したり、激しくペニスをしごくなど自分の世界にハマりやすくなってしまうわけです。そうなると、普通のオナニーはもちろん、生身の女性とのセックスでも射精ができなくなってきてしまい、最悪風俗でも楽しめなくなることもあるのです。毎日のオナニーが習慣化してしまうことで、本番が楽しめなくなるというのは本末転倒。

時間をかけたオナニーをしたり、刺激の弱いオナニーで快楽を得られるように工夫し直す必要があるかもしれません。



②時間のムダ使い

毎日オナニーを行っているということは、そのぶんオナニーに時間を割いているということです。前述したように、男性がオナニーにかける時間は20分以下という方が多かったものの、30分以上かけているという方も少なからずいました。

仮に、毎日30以上の時間をオナニーにかけているとしたら時間をムダにしてしまっている、という可能性は否めません。勉強をしなければいけない、運動をしなければいけない、資料を用意しなければいけない。

こういった、“やるべきこと”を後回しにしてじっくりとオナニーをしてしまうクセがついてしまうと、すべきことができなくなってしまいます。

さらに、後述するようにオナニーの回数を増やしすぎるとオナニーしないとイライラしてきます。結果、早く就寝しなければいけない日でさえ、一発抜かないと眠ることができず睡眠不足を招くことすらあるのです。

③オナニー依存になる

オナニーが多いという状態は、毎日するだけでなく、一日に何度も抜くという場合も含まれます。

男性たるものスケベでなんぼの世界でもあるため、オナニーを行うことは悪いことではありません。しかし、オナニーの回数が増え過ぎてしまうと、“依存症”になってしまう可能性があるので要注意です。

オナニーは、当然快楽を得られる行為ですので、ドーパミンなど快楽に関連する神経伝達物質を多く放出します。疲れを取るため、健康のため、無意識になれるから…など人それぞれ理由はあるでしょうが、“オナニーに救われている”という状態になると私生活にも支障が訪れます。まず、前述したようにオナニーをしないとイライラしてしまいます。

忙しくてオナニーができなかった、という日があると、“ムダな一日を過ごしてしまった”と思ってしまったり、忙しいのに仕事中にトイレで無理矢理抜いたりしてしまいます。また、犯罪抑止にもなるので良いですが、常にオナネタを探してしまうクセがつきます。外出しても女性の身体ばかりを追ってしまい、“おっぱいでかいなぁ。ムラムラしてきた。よし、今日はどうにかして巨乳で抜くか”など、全ての女性をオナネタに繋げてしまうクセがついてしまいます。男性が女性を見てムラムラするのは生物学的に問題ないですが、あまりに酷いと相手を性の対象としか見れなくなっていきます。

常にオナニーのことばかりを考える生活も辛いものです。オナニーを、“する時はする、しない時はしない”と線引きができるようになりましょう。



④体調を崩す可能性もある

オナニーをするとニキビができるとか、ハゲてしまうなど、さまざまな都市伝説が語られています。

しかし医学的に認められているわけではなく、射精する時に男性ホルモンが過剰分泌されるため、そういった噂が広まったのではないかという説が有力となっています。

しかし、男性の精液にはアミノ酸や亜鉛、さらにクエン酸、コラーゲンといった数多くの栄養素が含まれていることは確かです。特に亜鉛などは体内でつくることができない栄養素ですし、現代人は特に不足しがちな栄養素として知られています。

毎日1度程度のオナニーであればさほど問題はないかもしれませんが、1日3回以上オナニーをしてしまう…というような方は注意が必要かもしれません。

栄養不足になれば当然体調も悪くなりますし、気分も優れなくなっていきます。体調の面からもオナニーのし過ぎは良いことではないかもしれません。

オナニーが少ない場合のデメリット4個

次に、オナニーが少な過ぎることで起こるデメリットについて考えていきたいと思います。



①男性らしさが失われる

男性が男性らしくあるために必要なホルモンが、“テストステロン”というホルモンです。薄毛やニキビといった部分にも関連してくると言われているのですが、もっとも重要なのは筋肉増強効果、アンチエイジング、気分を高めて行動的になるなどそういった効果です。

オナニーをしようとする際、まずエロい妄想時にテストステロンが分泌されると言われています。詳しくはわかりませんが、本能的に生殖したいという気持ちを高めるために分泌されるのかもしれません。

そして、射精時。このタイミングに最も多くのテストステロンが分泌されるとされています。男性らしさはもちろん、筋肉に関連するとなれば若々しさにも繋がっていきます。例えば、徳川家康など歴史上名を残している偉人たちが性豪だった、という話はとても有名です。

テストステロン値が高い男性はリーダーシップを取る能力に長けており、常にアグレッシブで行動的です。

もしかしたら、自分の優秀な遺伝子を広く残すべきだという本能的な行動により、数多くの女性たちと関係を持ったのかもしれません。当然オナニーが少なければ、それで得られるテストステロンの恩恵をうけることはできません。いつまでも若々しく、現役でいたいという男性は適度のオナニーが必要になってくるでしょう。

②射精がコントロールできるようになる

オナニーを多く行っている男性は、自分のペニスについて良く知っています。

例えば、イキそうになった時には激しくしごくとか、射精を我慢したい場合にどんなタイミングになったら力を緩めれば良いかなど、コントロールがうまくなります。あまりオナニーをしない男性の場合、たまのオナニーですので射精をすることで頭が一杯になりコントロールにまで気が回りません。

射精がコントロールできるようになれば、生身の女性とのセックスにおいても自分のペースを作ることができ、相手を満足させるセックスをすることができるのです。

早漏防止だったり、遅漏防止にも繋がるため、できるだけオナニーを頻繁にして自らのペニスと向き合った方が良いでしょう。



③質の悪い精子になる

精子タンクという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。私たちの精子は、精子タンクというところで作られ貯蔵されるわけですが、3日で満タンになり、排出されなかった精子は体内に吸収されると言われています。

実は、この精子タンクは新たな精子が作られてはいるのですが、新たな精子が古い精子に痛めつけられたり、新しい精子が吸収されてしまったりして、タンク内は玉石混淆のような状態になってしまっているのです。

つまり、常に精子タンクから精子を排出しておかないと古い精子と新しい精子が入り交じった状態が続くため、女性を妊娠させにくくなってしまうことにも繋がります。

医学的に証明されているわけではありませんが、女性にとっても新鮮で着床率が高い精子を持った男性に惹かれることは間違いありません。

もし、目に見えない精子のフェロモンなどがあるとしたら、溜め込み過ぎはモテに繋がらない…ということもあるでしょう。あくまで推測ですが、せめて3日に1度はしっかりとオナニーをした方が良いかもしれません。

④ストレス解消できない

オナニーが多過ぎる場合のデメリットの部分で紹介しましたが、私たちがオナニーをする際に快楽に関連する神経伝達物質のドーパミンが分泌されます。

これが過剰に分泌されすぎると依存症になる恐れもあるのですが、正しいオナニーであればストレス解消に繋がるのでおすすめです。例えば、仕事でヘトヘトになっているのにもかかわらず、お酒が飲めるということで居酒屋のことを考えると元気が出る、という方もいるでしょう。ドーパミンなどが分泌されることで疲れを癒し、気分を高めてくれるのです。

オナニーも同様で、疲れていたり、ストレスを感じている時に、“忘れよう。エッチなことをして気分を良くして眠るんだ”となれば色々な悩みを引きずらずに一日を終えることができるはずです。

また、気分が良くなることで心が落ち着き、質の高い睡眠を得られる可能性も示唆されています。ムラムラしたり、イライラしている時はストレスを感じている時の交感神経が優位となった状態です。

なかなか寝付けず、翌朝ぐったり疲れている…という状態に繋がり仕事のパーフォマンスも下がります。オナニーをしっかりとしておけば、ぐっすりと眠ることができ、気分良く朝を迎えることができるでしょう。過渡なオナニーは問題ですが、ある程度であればオナニーはしておいた方が健康面から見ても有効なのではないでしょうか。



膣内射精障害になりやすいNGオナニー方法5個

さて、オナニーと一口に言ってもさまざまな方法があります。実は、オナニーの方法によっては膣内射精障害を引き起こす可能性があることを知っておくべきでしょう。ここでは、膣内射精障害になりやすいNGオナニー方法を5個紹介していきます。

①床オナニー

床オナニーは、数あるオナニーの中でも比較的人気が高いオナニーです。うつ伏せに寝転び、半勃起状態くらいのペニスを腰を振りながら硬い床に擦り付けることでオーガズムを得る方法であり、若い頃にそういったオナニーをしていた…という方もいるでしょう。

この床オナニーなのですが、膣内射精障害を引き起こす最たる要因と言われているので注意が必要です。

その理由は、強い刺激に慣れてしまうことにより、女性の膣内独特の感触では気持ちよく感じなくなってしまうからなのです。床オナニーのような刺激というのは女性の膣内で再現することは不可能ですので、結果的に強い手コキや相互オナニーでしかイケなくなったりします。

パートナーとの関係性を良好にするためには、まず床オナニーからは卒業した方が良さそうです。



②足ピンオナニー

男性が勃起するための条件は、リラックスしている状態だと言われています。リラックスしている状態というのは、ストレスを感じていない副交感神経優位の状態ですので、気分良くベッドに寝転がっている時にアソコがムクムクと勃起し出すのは理にかなっていると言えるでしょう。

一方、ストレス状態というのは交感神経が優位の状態で、オナニーしたいと思っている瞬間と射精時に優位になると考えられています。

つまり、勃起している状態はリラックスしているのですが、いざ射精するという時は身体に力が入りストレスを過多に感じている状態となっているわけです。さて、そんな部分を利用したオナニーが足ピンオナニーです。

数多くの人が無意識に行っているオナニー方法ですが、具体的に足をピンと伸ばすことで身体を硬直させて交感神経優位にし、射精を促すという方法です。実は、足ピンオナニーに慣れてしまうと、通常のセックス中に足をピンと伸ばさないと気持ちよく感じることができなくなり、膣内射精障害に繋がる可能性が高いからなのです。

まず、正常位でのフィニッシュは難しくなりますし、女性優位の騎乗位になってもらわないといけなくなります。足ピンオナニーのし過ぎにも注意しましょう。

③非現実的なおかず

男性がオナニーをする際、おかずは重要です。ただ、何も考えずにペニスを擦っていてもなかなかオーガズムへ達することはできません。

ただし、あまりにも非現実的なおかずでないと快楽を得られなくなると、生身の女性とのセックスに支障を来たすので注意が必要になってきます。

例えば、女性が泣き叫ぶようなレイプもの、ホルスタインのような爆乳アニメキャラもの、現実に存在しないような女性とのセックスものなど、性癖として持っていても良いですが、それ以外で快楽が得られなくなると危険です。

適度に、一般的なセックスを想起させるおかずや生身の人間での妄想でオナニーをするように心掛けましょう。



④短時間オナニー

オナニーにどの程度時間をかけるか、という部分は膣内射精障害に繋がってくるので注意が必要です。前述したように20、30分が平均値のようですが、なかには5分以内に射精してしまう方もいるでしょう。“オナニーするか”と思った数分後には射精してしまっている。

こういった短時間オナニーは時間の倹約に繋がりはしますが、本番セックスでイキにくくなる可能性があるので注意しましょう。いつも射精している時間を超えてしまうと、勃起が持続しにくくなり中折れし、最終的に勃起もしなくなることがあります。

あまりにも長過ぎるオナニーは問題ですが、30分前後はじっくりと時間をかけてオナニーしたいところです。

⑤シャワーオナニー

お風呂場でオナニーをするのが好き、という方は案外多いはずです。

後処理がとても楽なことはもちろん、ボディソープがローション代わりになりますし、強烈な勢いのシャワーをペニスに当てれば新たな快楽を手に入れることができます。

ただし、シャワーの勢いだけで快楽を得ることに慣れてしまうと、床オナニーのように女性の膣内でイケなくなってしまう恐れがあります。当然、シャワーから得られる刺激は女性の膣内との感触とは別物です。

女性とのセックス中も、“あのくすぐったく、痛かゆい刺激が欲しいんだよね…”と脳内で思い続けていれば物足りなさから中折れし、しまいには膣内射精障害に発展してしまう可能性もあるのです。シャワーオナニーも気持ちいいものですが、頻度は極力減らすことをおすすめします。



男性におすすめのオナニー方法3個

最後に、男性におすすめのオナニー方法を紹介します。

①妄想オナニー

物足りなさもあるかもしれませんが、正しくオナニーをするのであれば妄想オナニーがおすすめです。AVなどの映像刺激がなく、あくまで脳内で妄想しながらゆっくりと時間をかけてオナニーをすることができます。

生身の女性とセックスする際、“やっぱり女性の膣内、最高!”と思えるようになるはずです。



②オナホールオナニー

一般的な手コキオナニーもおすすめですが、生身の女性と気持ちよいセックスをしたいのであれば、オナホールオナニーがおすすめです。

オナホールは女性の膣内の気持ちよさを再現して作られているアダルトグッズです。つまり、女性の膣内を思わせる気持ちよさで、ペニスをしごくことができるのです。

女性とセックスをした時も、“やっぱり本物は違うな”と思ってより気持ちよくセックスができますし、オナホールは圧力が一定なので、自分本位に強力な力を与えずにペニスを満足させることができます。

ただ、あまりに高性能過ぎるものを購入すると人を超えてしまう可能性があるので注意は必要でしょう。

③催眠オナニー

近年、話題になっているのが催眠オナニーです。

サイニーとも呼ばれていますが、市販の催眠音声を利用して“ドライオーガズム”を得るという、特異なオナニー方法として話題になっています。

催眠によるエロティックな暗示がかけられ、結果的にドライオーガズムを得られ、射精以上の気持ちよさを得られるというものです。

時間がかかってしまったり、最初は手でしごきながら…というオナニーになりますが、妄想オナニーと一緒で膣内射精障害の改善になりますし、刺激に良い意味で敏感になっていきます。催眠オナニー用の音声も数多く売られているので、ぜひチェックしてみてください。



まとめ

ここでは、男性のオナニー射精の回数や頻度、時間についてまとめていきました。回数や時間などは人それぞれですが、膣内射精障害を防ぐためにも、正しいオナニーを適度な回数行っておいた方が良さそうです。

ぜひ、これらを参考にして自らのオナニーライフを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


オナニー

関連する投稿


オナニーは健康に良い?悪い?メリット・デメリット22個

オナニーは健康に良い?悪い?メリット・デメリット22個

"オナニーをすると健康にイイ! "と聞いたことがありませんか? オナニーの健康説を解明するために、オナニーについて様々なことを調べました。オナニーをよくする人も、あまりしない人もチェックしましょう。 


オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは?

オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは?

男性だけでなく、多くの女性もオナニーをします。しかし、女性のオナニーは大々的にPRされることが少なく、メリットがあるのかデメリットがあるのか、詳しく分からないという方もいるでしょう。ここでは、女性のオナニーのメリットやデメリットについて解説しています。


オナニーでイケない…女性がオナニーでイケない原因と対処方法7個

オナニーでイケない…女性がオナニーでイケない原因と対処方法7個

いけないオナニーで悩んでいるのはあなただけではありません。セックスでいけない女性がいるように、オナニーでいけない女性もいます。いけないオナニーから脱出したい女性は「原因や対処法」をチェックしましょう。


女性がオナニーでイク方法20個!最高に気持ちいいやり方や開発方法は?

女性がオナニーでイク方法20個!最高に気持ちいいやり方や開発方法は?

オナニーが大好きで今以上に気持ち良くなりたい女性や、本当に気持ちいいオナニーでいく方法を知りたい女性はいませんか? 気持ちいいオナニーでいくなら、早速、「オナニーでいく方法20個」を実践しましょう。


女性のオナニー方法おすすめ20選!気持ち良いやり方のコツや頻度・回数

女性のオナニー方法おすすめ20選!気持ち良いやり方のコツや頻度・回数

女性は生理前になると性欲が増すため、オナニーをしている方も多いはずです。オナニー好きやオナニーで気持ち良くなりたい女性は、「おすすめのオナニー方法やコツ」等を知って、オナニーライフを充実させましょう!


最新の投稿


気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

普通のオナニーよりも格段に気持ちいい催眠オナニーをやってみませんか?催眠オナニーってどういうもの?危ないの?おすすめの音声は?といった疑問にお答えしていきます!


クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

筆を使って陰部を刺激する、筆責め。女性の体の中で特に敏感であるクリトリスへの筆責めはマニアックでありながら、多くの変態たちに支持されているプレイです。ここでは、クリトリスへの筆責めのやり方やテクニックを紹介しています。興味がある方は参考にしてみてください。


セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

拘束プレイに興味を持っている方は多いでしょう。しかし、“拘束”という文字がどうも怖いイメージを与えてしまいます。一体、拘束プレイとはどんなプレイで、どのように行なうのでしょうか。拘束プレイについて簡単にまとめています。興味がある方はチェックしてみてください。


SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

sm好きなら縄(ロープ)を使ったプレイに興味がある男女もいるでしょう。sはmを縛り、mはsに縛られる快感がクセになるようです。今回は、smで縄(ロープ)を使うために「種類や選び方」などをご紹介します。


緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

"体を縄で縛りたいor縛られたい"男女は緊縛プレイがおすすめです! 緊縛プレイは縄を使い色々な種類の縛り方をしますが、SM好きにはたまりません。緊縛向きの縄の種類~縛り方の種類までチェックしましょう。