「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

セックス体位48手+裏48手を画像で完全解説

セックス体位48手+裏48手を画像で完全解説

48手を知っている人も多いのではないでしょうか? しかし、48手には実は、「表」と「裏48手」が存在しています。そこで今回は、「表」と「裏48手」について詳しくご紹介していきます!是非、チェックしてみてください!


セックスが大好きな男女やセックスに興味がある男女であれば、様々な体位を試しているでしょう。
中には「48手」を全て試した男女もいるかもしれません。

48手とはセックスの体位の種類のことを指しますが、実は、「表」「裏48手」があることを知っていますか?
セックス経験が豊富な人でも意外と知らないのが「表」「裏48手」です。

そこで今回は、48手について詳しくご紹介していきます!
48手はいつからあるのか?由来はどこからきたのか?体位の種類ややり方は?等、セックスの豆知識として覚えておくと便利な情報を教えます!

きっと、今まで知らなかった体位も登場するので、今後のセックスの参考にしてみてはいかがでしょうか……

セックス体位「48手」と「裏48手」とは?

セックスには、四十八手(しじゅうはって)という体位があることを知っている人も多いでしょう。

中には、「四十八手(しじゅうはって)=48種類の体位」と思っている人もいるかもしれません。でも、本当に48種類の体位が存在するのでしょうか……

しかも、四十八手(しじゅうはって)には「裏」「表」があります。



48手は江戸時代からある

四十八手(しじゅうはって)とは、簡単に説明すると体位の種類を表しています。四十八手(しじゅうはって)の由来は江戸時代までさかのぼり、春画からはじまったと言われています。

そして、四十八手(しじゅうはって)の数字は相撲の48手からとったものですが、実際には48種類以上もの体位があります。

裏48手を合わせると96種類以上ある

江戸時代からある48手には「表」「裏48手」がありますが、一般的に知れ渡っているのは「表」です。

「表」だけでは足りないので「裏48手がある」という説もあります。

なぜ「表」と「裏48手」があるかは謎ですが、「表」と「裏48手」を合わせると96手もあります。そのため、正確に言うと96種類以上、体位の種類が存在していることになり別名、100手とも言われています。



セックス体位の種類「48手」を完全解説

48手を詳しく知らない人もいるでしょう。また、48手を詳しく知っている人も今一度、チェックしてみましょう。

ここからは、48手の体位の種類とやり方についてご紹介します!

カテゴリ 四十八手 裏四十八手
愛撫 1 寄り添い 1 白光錦
オーラル 2 鶯の谷渡り
3 立ち花菱
4 岩清水
5 鵯越えの逆落とし
6 雁が首
7 千鳥の曲
8 二つ巴
9 椋鳥 2 花葵責め
正常位 10 しめ小股 3 内枠
11 しがらみ 4 八重椿
12 こたつ隠れ 5 俵抱き本手
13 だるま返し 6 唐竹割り(男性が状態を起こしたしめ小股)
14 深山 7 浜千鳥
15 吊り橋 8 網代本手
16 松葉崩し 9 揚羽本手
17 テコがかり 10 富車
  11 襷がけ
  12 壽本手
  13 笹舟本手
  14 洞入り本手
  15 釣瓶落とし
腰高位 18 机がけ
19 千鳥 16 せきれい本手
後背位 20 後櫓 17 横どり
21 鵯越え 18 鴨の入首
22 碁盤攻め・将棋攻め 19裾野
23 仏壇返し 20 つぶし駒掛け
24 つばめ返し 21 しき小股
25 抱き上げ 22 月見茶臼
26 押し車 23 〆込み千鳥
  24 〆こみ錦
  25 後ろづけ
  26 後ろ矢筈
腰吊位 27 立ち松葉
対面座位 28 獅子舞 27 立て膝取り
29 首引き恋慕(紐付き) 28 忍び居茶臼
30 帆かけ茶臼 29 下がり藤
31 抱き地蔵 30 茶臼がらみ
後背座位 32 本駒駆け
33 しぼり芙蓉
34 乱れ牡丹 31 突き回し
35 鳴門 32 抱えどり
36 こたつかがり 33 卍崩し
37 手がけ 34 逆手からみ
38 浮橋 35 座禅ころがし
座位   36 虹の架け橋
男性上位・女性上位 39茶臼のばし
騎乗位 40流鏑馬 37 筏茶臼
41時雨茶臼(腰を前後にグラインドさせると百閉(中国の体位)) 38 反り観音
42宝船 39 織り茶臼
43御所車 40 本茶臼
側位   41 横笛
  42 八つ橋
立位 44立ち鼎 43 櫓立ち
側臥位 45菊一文字
仰臥位 46撞木ぞり
47窓の月
SM 48理非知らず
アクロバティック   44 砧
  45 巣篭もり
  46 零松葉
  47 松葉反り
  48 イスカとり
  49 番外

1.寄り添い (よりそい)


48手の中でも「寄り添い(よりそい)」セックス前の愛撫としてすることが多い体位です。男性が女性に対して愛撫する体位となりペニスは挿入はしません。

「寄り添い(よりそい)」というネーミング通り、男性が女性の横に寄り添います。女性はこの時、仰向けになり天井を見上げる感じにします。次に、女性のあらゆる部分を手や唇、舌等を使って女性の身体をたっぷり愛撫します。

「寄り添い(よりそい)」はペニスを挿入しない分、セックス後にもできる体位です。例えば、男性は腕枕をしながら女性器を優しく愛撫することもできます。

2.うぐいすの谷渡り (うぐいすのたにわたり)

「鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)」のネーミングの由来は、まるでウグイスが谷を渡っているかのような姿に見え、男性が女性の身体を唇や舌でつつきながら愛撫することから、48手では「鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)」と言われるようになりました。

愛撫しやすいように女性を仰向けにしたら、男性は女性の身体を唇や舌を使ってまんべんなく愛撫します。特に前戯ですると女性の感度や興奮度が上がります。

3.立ち花菱 (たちはなびし)

クンニリングスがメインの体位が「立ち花菱 (たちはなびし)」です。男性がクリトリスや膣を中心に舐める体位なので女性の感度が上がります。そのため、挿入前にオーガズムに達する女性もいます。48手の中でもクンニリングスが好きな男女からは、とても人気にある体位です。

「立ち花菱 (たちはなびし)」は女性が仰向けになり大きく開脚したら、男性は女性器に頭をうずめます。口や舌等を使って、クリトリスや膣を刺激していきます。

4.石清水 (いわしみず)

48手の中でも、クンニリングスが好きな男女にとってたまらない体位が「石清水(いわしみず)」です。「立ち花菱 (たちはなびし)」と同じく、男性が口や舌を使って膣やクリトリスを舐めます。

やり方は簡単です。男性が仰向けになったら、女性は男性の顔の上にまたがり座るようにします。

いわゆる顔騎乗位になるので、女性はクリトリス等の性感帯を男性の口元にこすりつけることができます。

5.ひよどり越えの逆落とし (ひよどりごえのさかおとし)

48手の中でも少し変わった体位が「ひよどり越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)」で、クンニリングスがメインの体位です。

女性がうつ伏せになったら、後ろから男性は女性の太腿を肩にのせます。女性は下半身が浮くので、ひじに重心を置いてバランス取ります。男性は女性器に顔をうずめて舐めます。

6.雁が首 (かりがくび)

48手の中でもシンプルな体位が「雁が首 (かりがくび)」で、多くの男性が大好きなフェラチオです。

女性が男性に対してセックス前によくする行為でもあるので、特別変わった行為でもなくポピュラーです。

男性が仰向けになったら、女性がペニスを咥えたり舌を使って舐めたりします。48手ではフェラチオは「雁が首 (かりがくび)」と言われていますが、初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか……

7.千鳥の曲 (ちどりのきょく)

「千鳥の曲(ちどりのきょく)」もフェラチオで、48手の中でも女性が前戯でよくする行為の一つです。

ペニスを「琴」に見立て、女性が優雅に引いているように見えたのでしょう。まるで琴を弾いているように見えることからこの名前がついたと言われています。また、琴以外にも、時に尺八を演奏しているかのようにも見えるのが特徴です。

男性が仰向けになったら、女性はひざまづきペニスを咥えたり舐めたり、手や口の両方を使って男性を気持ち良くさせます。

8.二つ巴 (ふたつともえ)

69のことを48手では「二つ巴(ふたつどもえ)」と言います。男女が重なりお互いの性器を舐め合う行為が「二つ巴(ふたつどもえ)」です。または「逆さ巴」や「二丁だて」とも言われています。

基本的なスタイルは男性が仰向けになり、女性が男性の上に被さります。そして、お互いの性器を舐め合いますがどちらが上になっても問題はありません。しかし、基本のスタイルの方がお互いの性器を舐めやすいでしょう。

9.椋鳥 (むくどり)

48手では「椋鳥(むくどり)」と言われていますが、いわゆる69です。「二つ巴 (ふたつともえ)」の基本は男性が仰向けになり、その上に女性がまたがっていましたが「椋鳥(むくどり)」は男女逆になります。

お互いの性器を目の前でじっくり見ることができる体位なので、エロティックで興奮する体位と言えます。男女一緒に性的興奮を味わうことができるのも醍醐味です。

10.しめ小股 (しめこまた)

「しめ小股(しめこまた)」は仰向けになっている女性の上に男性が被さるので、正常位に似ていますが少し違います。「しめ小股(しめこまた)」の特徴は仰向けになっている女性の脚を伸ばしていることがポイントになります。

女性が開脚していないので男性は女性の太ももの隙間から挿入します。そのため、素股にも似ていますが女性は挿入されたら、ペニスを締め付けるようなイメージで太ももに力を入れます。

11.志がらみ (しがらみ)

48手の中でも正常位の部類になるのが「志しがらみ(しがらみ)」です。通常の正常位よりも膣の締め付けが強くなるので遅漏の男性に最適です。

正常位と同じように、女性が下になりますが脚は伸ばした状態にします。男性も脚を伸ばしてお互いの足首を絡めるように密着し挿入します。

注意点はペニスが抜けやすいため、速くピストンしないことです。

12.炬燵隠れ (こたつがくれ)(鏡茶臼と同義)

「炬燵隠れ(こたつがくれ)」は「鏡茶臼(かがみちゃうす)」と同義語の体位で、ネーミング通り、こたつの中で愛し合っているように見えることからついた名前です。

「炬燵隠れ(こたつがくれ)」は対面座位の部類で、女性が少しひざを曲げて脚を伸ばしたら両手を後ろについてバランスを取ります。男性も同じようにしたら挿入します。

激しくピストンするというよりも、挿入を楽しむスタイルの48手になります。

13.達磨返し (だるまかえし)

紐状のものを使って楽しむことができる48手が「達磨返し(だるま返し)」です。グッズを使わなくても良いですが、ソフトSMを味わいたいのならロープ等のグッズを使うといでしょう。

女性は仰向けになり膝をお腹の方に向けて曲げます。ソフトSMを味わいたいのなら、この状態で女性の脚をロープ等で縛ります。女性のイメージとしては仰向けになりながら体育座りしている感じです。

14.深山本手 (みやまほんて)

正常位の部類になる「深山本手(みやまほんて)」は、ペニスを奥深くまで挿入することができるので男女共に気持ち良くなれる体位です。

正常位と同じく女性が下で仰向けになり男性の肩に両脚を乗せます。この時、膝は軽く折り曲げます。男性はその状態で挿入します。

48手の中でも「深山本手(みやまほんて)」はピストンしやすく、膣の奥深くまで挿入できるので、特に遅漏の男性は試してみるといいいでしょう。

15.吊り橋(入り船本手)

正常位の部類である「吊り橋(つりばし)」は、男性から見るとエロティックな48手となります。正常位と少し違うのは女性の腰が床から浮いていることです。

女性が仰向けになり腰を浮かせた状態にしたら、ひじを床につけます。男性はひざを立てて女性の腰付近を両手で持ちながらゆっくりピストンします。イメージとしては、膣にペニスを密着させるような感じでピストンするといいでしょう。

16.松葉崩し (まつばくずし)

48手の中でも有名なのが「松葉崩し(まつばくずし)」でしょう。膣の奥までぺニスを挿入することができる体位なので、女性から人気のある体位でもあります。

女性が仰向けになったら男性は女性の片脚だけを持ち上げます。次に、女性のもう片方の脚と男性の脚を交差させるようにして挿入します。通常の正常位に比べ女性の性感帯であるGスポットを刺激することができたり、深い挿入ができます。

17.梃子かがり (てこかがり)

69のような体勢になり挿入するのが「梃子かがり(てこかがり)」です。テクニックが必要になるため上級者向けで、48手の中でも難しい体位と言われています。

女性は仰向けになります。男性は女性の足側に顔がくるようにします(69のイメージです)。この状態で挿入します。

「梃子かがり(てこかがり)」は挿入角度がきついですが、浅い挿入なので激しくピストンするとペニスが抜けやすいので注意しましょう。

18.机がけ (つくえがけ)

「机がけ (つくえがけ)」は、48手の中でも女性がオーガズムに達しやすいと言われている体位です。

まず、男性は正座しているように座ります。そして、女性の腰を持ち上げて男性の太ももに女性のお尻を乗せるようにしたら、膣口をペニスに引き寄せるようにして挿入します。

女性は腰が少し浮くため力が入りやすくなり、深い挿入とクリトリスへの刺激があるので感度が増します。

19.千鳥 (ちどり)

「千鳥(ちどり)」は身体が柔らかい女性であればできる48手です。
女性が仰向けになったら、そのまま両ひざを曲げます(正座を崩したようなイメージです)。その上から男性が被さって挿入します。

特に女性はクリトリスが刺激されるので、オーガズムに達しやすくなります。

20.後櫓 (うしろやぐら)

立ちバックのことを48手では「後櫓(うしろやぐら)」と言います。立ちバッグは男女共に人気のある体位なので、一度はしたことがあるのではないでしょうか?

女性は立った状態で少し開脚しながら壁に手をついたり、手すりにつかまる等します。男性が挿入しやすいようにお尻を男性に向かって突き出します。男性は女性の膣口をペニスに引き寄せるようにしてピストンします。

立ちバッグは深い挿入を味わうことができるので、お互い気持ち良くなれる体位です。

21.ひよどり越え (ひよどりごえ)

バックの中でも定番なのが「ひよどり越え(ひよどりごえ)」です。女性は四つん這いの状態になったら、男性はひざ立ちをして女性の後ろから挿入します。

48手にはいくつかバックがありますが「ひよどり越え(ひよどりごえ)」は安定したバックができるのと、膣の奥深くまで挿入できるので男女共に人気があります。

22.碁盤責め (ごばんぜめ)

「碁盤責め(ごばんぜめ)」もバックの部類ですが、女性の上体が前に倒れる体勢になるので深い挿入を味わうことができます。

女性は立った状態で軽く開脚しベッドの縁等に手をついたら、男性に向ってお尻を突き出します。ポイントは上体を前に倒すようにすることです。

23.仏壇返し (ぶつだんがえし)

48手の中でも「仏壇返し(ぶつだんがえし)」は、女性にとってキツイ体勢になります。
女性は前かがみになり手は床につけます。この状態で男性は後ろから挿入します。

「仏壇返し(ぶつだんがえし)」はバックの部類になりますが、他のバックと違ってつかまるものがない分、女性は安定感がないので踏ん張りが必要です。

男性からすると女性が前かがみになっている分、女性器がよく見えるのでエロティックな体位と言えます。

24.燕返し (つばめがえし)

Gスポットの快感と深い挿入感を味わうことができる48手が「燕返し(つばめがえし)」です。特にバックでオーガズムを得たい女性にはピッタリの体位です。

女性は四つん這いになったら方脚を上げた状態にし、男性が後ろから挿入します。男性はペニスを膣口に密着させるようにピストンすると、Gスポットにペニスが当たる上、深い挿入ができます。

25.抱き上げ (だきあげ)

バックの中でもテクニックが必要な体位でもあり、上級者向けの体位が「抱き上げ(だきあげ)」です。48手の中でも難しい体位と言われています。

女性は四つん這いになり床に手をつきます(腕立て伏せのような感じです)。男性はひざ立ちをしながら女性の方脚を持ち上げ後ろから挿入します。

女性は腕で身体を支えたり、男性も女性の片脚を持ちながらピストンするので男女共に体力に自身がないと難しいでしょう。

26.押し車 (おしぐるま)

バックの部類である「押し車(おしぐるま)」は48手の中でもキツイ体位です。そのため、体力に自信がある男女には最適と言えるでしょう。

女性は四つん這いの状態になり、男性は女性の両足を持ち上げます。手押し車のような体勢になったら挿入します。

気持ちいいバックの体位13選!種類とやり方を徹底解説!

https://in-bee.net/media/articles/35

セックスの中でも人気度が高く、快感度、刺激度、密着度どれをとっても高い水準をもつ体位、それが「バック」です。様々なバックという体位を知って、最高のセックスライフを手に入れましょう。男女のマンネリ回避にも非常に有効です。

27.立ち松葉 (たちまつば)

「立ち松葉(たちまつば)」も体力に自信がある男性でないと難しいです。
男性は立ち女性は仰向けになります。次に、女性の両脚を持ちながら脚を開きます。この状態で挿入します。

48手の中でも変わった体位なので、セックスに刺激が欲しい時にはピッタリの体位です。

28.獅子舞 (ししまい)

対面座位を少し崩した体位が「獅子舞(ししまい)」です。

お互い向き合って座ります。女性は身体を安定させるため両手を後ろにつきます。女性は男性の肩の上に両脚を乗せながら挿入します。男性は女性の身体を安定させるために、女性の腰等を持って支えてあげましょう。

29.首引き恋慕 (くびひきれんぼ)

48手では道具を使うのは珍しいのですが「首引き恋慕(くびひきれんぼ)」は輪っか状の紐を使います。

座位のように男女向き合いながら座り、お互いの首に輪っか状の紐を引っ掛けながら挿入します。そして、お互い首を後ろに引っ張りながらピストンします。ソフトSM好きな男女は興奮するでしょう。

30.帆かけ茶臼 (ほかけちゃうす)

対面座位を変形させたのが「帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)」です。女性は挿入しながらクリトリスをこすりつけることができるので、48手の中で、とても人気があります。

男性はソファーやベッドの上で両脚を広げながら座ります。女性は男性の上にまたがったら片脚のみ、男性の肩に乗せます。この状態で挿入しピストンします。

31.抱き地蔵 (だきじぞう)

女性人気の高い48手「抱き地蔵(だきじぞう)」は座位の部類になり、お互いの顔を見ながらセックスを楽しむことができます。

また、クリトリスへの刺激が強く、奥深くペニスを挿入することができる体位なので女性は特に気持ち良くなれます。

座位と同じ要領でソファやイスに男性は両脚を広げた状態で座ります。女性は男性の上にまたがり、男性の首の後ろに両手を回して抱きつき身体を固定しながら挿入します。

32.本駒がけ (ほんこまがけ)

「バッグと騎乗位がミックスしたような体位=背面座位」は48手でもいくつかあります。そのうちの一つが「本駒がけ(ほんこまがけ)」です。

女性は奥深い挿入と下から突き上げてくる快感を堪能できて、男性は深い挿入感を楽しむことができます。

男性は両手を後ろについて上体を起こしたら、ひざを曲げて脚を軽く広げます。女性は男性の足に顔が向くように座り挿入します(後ろ向きで騎乗位をするイメージです)。女性は身体を安定させるために男性の腰を持ったり、少し前かがみになって男性のふくらはぎを持つといいでしょう。

33.絞り芙蓉 (しぼりふよう)

「絞り芙蓉 (しぼりふよう)」も女性から人気のある48手で、男性が女性のクリトリスや乳首等を刺激しながら挿入する体位になります。

「本駒がけ (ほんこまがけ)」と同じく、男性の上に後ろ向きに女性が座り挿入します。挿入しながら男性は、女性の後ろからクリトリスや乳首等を触れて刺激します。

また、男性は後ろから女性の乳首を刺激して、女性は自分でクリトリスを刺激するという方法もあります。

34.乱れ牡丹 (みだれぼたん)

女性器が丸見えになる48手が「乱れ牡丹(みだれぼたん)」です。「乱れ牡丹(みだれぼたん)」は鏡の前ですると、女性器が丸見えになり結合部分もしっかり見えるのでお互い興奮するでしょう。

男性は上体を起こしながら両脚を広げたら、女性は後ろ向きになり、男性の上に座るようにしながら挿入します。女性は両手を後ろに回して手をつけます。そして、男性が女性の太ももを持ちながら大きく開脚させピストンします。

35.鳴門(なると)

「鳴門(なると)」は、ペニスを膣の中でくるくると大きく回すのが特徴です。まるで「鳴門海峡の渦潮」に似ていることから、「鳴門(なると)」というネーミングになったと言われています。

「鳴門(なると)」も背面座位なので、女性は男性の上に後ろ向きに座りながら挿入します。女性器が丸見えになるくらいまで大きく開脚したら、男性は膣をペニスで搔き回すようにします。

36.炬燵かがり(こたつかがり)

48手の中でもユーモアがある体位が「炬燵かがり(こたつかがり)」です。こたつを使ったセックスで冬に楽しめる体位の一つでもあります。

こたつに入ったら男性は軽く開脚し、女性は男性の上にまたがり挿入します。女性は、こたつの天板に手をついて身体を安定させます。

37.手懸け (てがけ)

背面座位が好きな男女に人気がある48手が「手懸け(てがけ)」です。

まず、男性がソファーやベッド等に上体を起こしながら開脚し座ります。女性も後ろ向きになり開脚をし男性の上に座り挿入します。

「絞り芙蓉 (しぼりふよう)」のように男性は女性の後ろから、クリトリスや乳首を刺激することができ、お互い開脚しているので鏡を使えば結合部分がよく見え、視覚的にも興奮します。

38.浮き橋 (うきはし)

膣とペニスの角度がピッタリ合うとお互いに気持ち良くなれる48手が「浮き橋(うきはし)」です。バックを崩した体位で、見た目が少し変わっています。

女性が男性の太ももの上で挿入する体位で、挿入すると女性が揺れることから「浮き橋(うきはし)」と言われるようになりました。

まず、男性は正座をする感じで座り、女性は横向きに寝て男性の太もも付近に脚を乗せます。そして、男性が後ろから挿入します。男性は女性の腰を支えながら挿入するのがポイントです。

39.茶臼伸ばし (ちゃうすのばし)

騎乗位の部類になる「茶臼伸ばし(ちゃうすのばし)」は、女性主導の体位になります。
騎乗位は男性が仰向けになって女性が上に被さりピストンするスタイルです。

騎乗位の時、女性は上体を起こしていることが多いので、男性は女性の胸を触りながらピストンすることもあるでしょう。

しかし「茶臼伸ばし(ちゃうすのばし)」は少し違います。女性は上体を前に倒し男性に密着しながら挿入します。男性も時々ピストンしてあげると、女性は突き上げるような快感を味わうことができます。

40.流鏑馬 (やぶさめ)

道具を使った48手が「流鏑馬(やぶさめ)」です。セックスに遊びをプラスしたよな体位で紐やロープ等を使います。

やり方は騎乗位に似ています。仰向けになっている男性の上に女性が乗り挿入します(女性は上体を起こしています)。そして、紐やロープを男性の首に引っ掛け、女性は紐やロープを引っ張りながらピストンします。

男性が馬で、女性が馬のたずなを引っ張る姿に似ていることから「流鏑馬(やぶさめ)」と言われるようになりました。

41.時雨茶臼 (しぐれちゃうす)(腰を前後にグラインドさせると百閉)

「時雨茶臼 (しぐれちゃうす)」は女性が上体を起こしてピストンする騎乗位です。48手の中では定番の体位でもあります。女性が好きな速さで上下にピストンすることができたり、クリトリスをこすりつけることもできます。

また、上下にピストンするのではなく前後に腰をグラインドさせると「百閉」と言います。

42.宝船 (たからぶね)

「宝船 (たからぶね)」は通常の騎乗位に飽きた時に試してみるといいでしょう。48手の中でも「宝船 (たからぶね)」は、男性の脚の付け根部分にクリトリスが当たるので女性はオーガズムを得やすくなります。

男性が仰向けになったら女性が上に乗ります。次に、女性は男性の片脚を上げながら抱え込むようにして、そのまま挿入します。女性は抱え込んだ男性の片脚を上げた状態をキープしながら、自分の身体へ密着させてピストンします。

43.御所車 (ごしょぐるま)

快楽を求めるというよりも、視覚的におもしろさがある48手は「御所車 (ごしょぐるま)」です。

「御所車 (ごしょぐるま)」も騎乗位の部類です。仰向けになっている男性の上に女性が乗り挿入します。ここからが醍醐味で、挿入しながら少しづつ女性が回転していき最終的には360度回転します。

しかし、ペニスを軸にして回転しているので男性への負担は大きいです。万が一、男性が痛みを感じたら回転はストップしましょう。

44.立ちかなえ (たちかなえ)

お互い正面に立ちながら挿入する48手が「立ちかなえ(たちかなえ)」です。ペニスと膣の角度がピッタリ合えば深い挿入を味わうことができます。

女性の片脚を男性が持ち上げながら挿入します。身長差があると挿入しにくい体位なので、挿入しにくいと感じた時は段差を使う等して挿入しましょう。

45.菊一文字 (きくいちもんじ)

挿入しながらクリトリスを刺激することができる48手が「菊一文字 (きくいちもんじ)」です。騎乗位の部類になり、女性は挿入しながら男性からクリトリスを刺激してもらうことができるので人気があります。

仰向けになっている男性の上に、女性は横向きになり大きく開脚しながら挿入します。女性の片脚が男性の頭付近にくるようにします。

「菊一文字 (きくいちもんじ)」は通常の騎乗位と違い、女性が横向きになっているので男性はクリトリスを刺激しやすい体位になります。

46.撞木反り (しゅもくぞり)

騎乗位の部類でブリッジのような体位が「撞木反り(しゅもくぞり)」です。

基本的には騎乗位と同じように男性の上に女性が乗りますが、少し変わっているのは女性も仰向けの状態で男性の上に乗るところです。この状態で挿入します。

48手の「撞木反り(しゅもくぞり)」は、お互い仰向けの状態で挿入している分、不安定な体勢なので激しいピストンではなく、ゆっくりピストンをするようにしましょう。

47.窓の月 (まどのつき)

男女一緒に月を眺めることができることから「窓の月(まどのつき)」と言われるようになりました。

48手の中でもロマンチックな体位である「窓の月(まどのつき)」は、女性が横向きになり男性が後ろから挿入する体位です。ポイントは女性が少し脚を開くと挿入しやすくなります。

48.理非知らず (りひしらず)

女性の手足を縛りながら挿入する体位が「理非知らず(りひしらず)」です。女性の手足を縛るので、48手の中でもソフトSMになります。

また「理非知らず(りひしらず)」は正常位に似ています。まず、女性が仰向けになり女性のひざ下付近と手首を縛ったら挿入します。女性は身動きができなくなるので、男女共に擬似レイプを堪能できるでしょう。

ノンストップ48手FUCK 小倉奈々

¥ 2800(2018.02.01現在)

セックス体位の種類「裏48手」を完全解説

48手はいかがでしたか?
次は裏48手について、詳しく見ていきましょう!

1.白光錦 (びゃっこうにしき)

手マンのことを裏48手では「白光錦(びゃっこうにしき)」と言います。挿入ではなく、男性が手を使ってクリトリスや膣を愛撫し気持ち良くさせる行為なので、特に前戯ですることが多いでしょう。

まず、女性が仰向けになります。この時、女性の腰を浮かせるために枕や丸めたタオル等を置きます。次に、女性は自分で両脚を抱えて男性に女性器が見えるようにします(体育座りのようなイメージです)。そして男性は手マンをして、女性を気持ち良くさせます。

2.花葵責め (はなびしぜめ)

クンニリングスをされたい女性、したい男性は裏48手の「花葵責め(はなびしぜめ)」がオススメです。

やり方もシンプルで女性は仰向けになり開脚します。そして、男性は女性器に頭をうずめてクリトリスや膣を舐めます。

3.内枠 (うちわく)

正常位が崩れた体位が「内枠(うちわく)」で、裏48手の中でも少しマニアックな体位でしょう。

まず、男性がベッドや床に座り開脚します。女性は仰向けになり大きく開脚したら片脚のみ天井に向かって伸ばし挿入します。

「内枠(うちわく)」は、男性は挿入しながら女性器を見ることができるので興奮します。

4.八重椿 (やえつばき)

裏48手の中でも女性が気持ち良くなれる体位が「八重椿(やえつばき)」です。深い挿入とクリトリスがこすれるのでオーガズムに達しやすく、女性から人気があります。

また、男性は女性の乳首を舐めることができるので、女性を存分に気持ち良くさせることができるでしょう。

女性は横向きになり軽く開脚をしたら片脚のみ、ひざを立てます。そして、上体は男性の方に向けます。男性は女性を抱え込みながら膣をペニスに密着させるようにして挿入します。

5.俵抱き本手 (たわらだきほんて)

深い挿入を堪能できる裏48手が「俵抱き本手(たわらだきほんて)」です。遅漏の男性には最適な体位でもあります。

男性はひざ立ちをし、女性は仰向けになります。男性は女性の腰を持ち上げて挿入します。この時、女性は腰が浮いているので男性の胸付近に足先を密着させて身体を安定させましょう。

6.唐竹割り (からたけわり)

クリトリスの刺激が強くなる体位でもあり、正常位を崩したのが「唐竹割り(からたけわり)」で、裏48手の中でも女性人気の高い体位です。

女性は脚を伸ばして閉じた状態になり、その上に男性が乗り挿入するので女性は足ピンオナニーのような体勢になります。そのため、女性はオーガズムに達しやすくなります。

7.浜千鳥 (はまちどり)

「浜千鳥(はまちどり)」は、男女共に脚を伸ばしながら挿入する体位で、裏48手の中でも正常位の部類になります。

正常位のように女性は仰向けになり脚を伸ばしながら開脚します。男性は女性の腕等を持ちながら挿入します。ポイントは女性器を引き寄せるようにすることです。

8.網代本手 (あじろほんて)

裏48手の中でも最もポピュラーな正常位が「網代本手(あじろほんて)」です。

女性が仰向けになり大きく開脚したら、男性は上体を前に倒し密着しながら挿入する体位です。「網代本手(あじろほんて)」はセックス中、誰しもがする体位でもあるので裏48手の王道スタイルと言ってもいいでしょう。

9.揚羽本手 (あげはほんて)(男性が上体を起こして筏本手)

「揚羽本手(あげはほんて)」は女性が仰向けになったら、男性は覆い被さるようにして挿入します。ポイントですが女性は男性の腰付近に両脚を絡めて固定し、両手は男性の首に回して密着することです。

さらに、男性が上体を起こして脚を伸ばすと「筏本手」という裏48手に変化します。
女性は変わらず男性の腰付近に両脚を絡めて固定していますが、男性は片手を使って女性の上体を引き寄せます。この時、もう片方の手は床につけてバランスを取ります。

「筏本手」は、深い挿入とGスポットをペニスで刺激することができます。

10.富車 (とみぐるま)

「富車(とみぐるま)」は正常位の部類になり、裏48手の中でも定番の体位です。特に難しいテクニックも不要で年代問わずできる体位でもあります。

女性は仰向けになり開脚したら、ひざを曲げます。男性は上体を起こしながら挿入しピストンします。

11.襷がけ (たすきがけ)

「襷がけ(たすきがけ)」も正常の部類で裏48手では男女共に人気がある体位です。

密着しながら挿入するのが好きな男女や、肌の温もりを感じたい男女には最適の体位でしょう。

まず、女性は仰向けになり両脚を男性の腰付近で交差し固定します。男性は上体を前に倒して女性に密着させましょう。脚は伸ばした状態で挿入します。

12.壽本手 (ことぶきほんて)

男性が気持ち良くなれる体位に「壽本手(ことぶきほんて)」という裏48手があります。「壽本手(ことぶきほんて)」は正常位の部類ですが男性の場合、女性の脚を持ち上げながら挿入することで通常の正常位よりも、さらに気持ち良くなれます。

女性が仰向けになり開脚したら片脚のみ天井に向けて上げましょう。男性は、ひじとひざを床につけたら挿入します。

13.笹舟本手 (ささぶねほんて)

挿入しながらクリトリスも刺激することができる裏48手は「笹舟本手 (ささぶねほんて)」です。そのため、女性がとても気持ち良くなれる体位と言えます。

ポイントですが男性は体重をかけて前のめりになり挿入すると、クリトリスも刺激することができます。女性は仰向けになり、両脚を閉じたらひざを曲げると気持ち良くなれるでしょう。

14.洞入り本手(どういりほんて)

裏48手の中でも「洞入り本手(どういりほんて)」女性の体勢が特徴的です

女性は仰向けになりながら両脚を交差させてあぐらをかきます。そして、男性は両手と両ひざを床につきながら挿入します。

また、女性のあぐらのかき方によって挿入角度等が変わるので、お互い気持ち良くなれるあぐらのかき方を見つけるのも楽しいでしょう。

15.釣瓶落とし (つるべおとし)

アクロバティックで、まるでプロレス技のような裏48手が「釣瓶落とし(つるべおとし)」です。体力がある男性は一度、試してみる価値があるかもしれません。

まず、男性はひざ立ちをし、女性の両脚を閉じた状態で脚を持ち上げたら、自分の肩に女性の両脚を乗せて挿入します。

16.せきれい本手

「せきれい本手」は正常位の部類です。男性がピストンしやすい上、深く挿入できるので男女共に気持ち良くなれる裏48手と言えます。

ポイントは挿入前に、女性の腰の下に枕やクッション等を置いて腰を浮かせることです。女性は仰向けになり、男性は両手と両ひざを床につけて挿入します。そして、女性は男性の腰付近で両脚を交差させて固定しましょう。

17.横取り (よこどり)

「横取り(よこどり)」は女性が横向きに寝て両脚を閉じた状態にします。そして、男性は女性の後ろから挿入します。

「横取り(よこどり)」は膣の締まりが良くなる裏48手なので、女性よりも男性の方が気持ち良くなれる体位です。

また、女性は男性から顔が見えないので思いっきり感じることができるでしょう。

18.鴨の入首 (かものいりくび)

ペニスの根元が鴨の首に見えたり、鴨の首を連想させるということから「鴨の入首(かものいりくび)」というネーミングになったと言われています。

男女共々横向きになり、男性は後ろから女性の片脚を持ち上げながら挿入します。

19.裾野 (すその)

「裾野(すその)」は、女性がうつ伏せになり片脚のひざを曲げながら開き、もう片方の脚は伸ばします。そして、男性は女性の後ろから挿入します。

「裾野(すその)」は男性が上手に挿入することができれば、深い挿入になり気持ち良くなれるでしょう。

20.つぶし駒掛け (つぶしこまがけ)

「つぶし駒掛け(つぶしこまがけ)」はバックで、裏48手の中では定番の体位と言えます。

女性は四つん這いになり男性に向かってお尻を突き出したら、男性はひざ立ちをし挿入します。男性は女性の腰を持ちながら激しくピストンしたり、女性のお尻を叩きながら(スパンキング)挿入を楽しむこともできるので、王道のバックスタイルです。

21.しき小股 (しきこまた)

裏48手では「しき小股(しきこまた)」と言いますが通称、寝バックです。

女性は四つん這いになり男性が後ろから挿入します。挿入したまま女性は両脚を閉じてうつ伏せになります。そして、男性は女性の上に覆い被さるようにしてピストンします。

「しき小股(しきこまた)」は膣が締まるので男性は気持ち良くなり、女性はクリトリスがシーツや床にこすれて気持ち良くなるので、オーガズムに達する人も多いです。

22.月見茶臼 (つきみちゃうす)

騎乗位を後ろ向きにした裏48手が「月見茶臼(つきみちゃうす)」です。

男性は脚を伸ばしながら仰向けになります。女性は男性の足先の方に向って座り挿入します。女性は両手と両ひざを床につけると身体が安定するのでピストンしやすいです。

女性は男性に顔を見られずピストンできるので、思う存分感じることができるでしょう。

23.〆込み千鳥 (しめこみちどり)

「〆込み千鳥(しめこみちどり)」も「月見茶臼(つきみちゃうす)」と同じで女性が後ろ向きになり挿入します。

男性が仰向けになり女性は男性の上に乗り挿入しますが、女性は両脚を男性の顔の方に向って伸ばしながら上体を前に倒します。男性の脚に胸がつく感じでするといいでしょう。

また「〆込み千鳥(しめこみちどり)」は浅い挿入です。激しくピストンするとペニスが抜けやすいので注意しましょう。

24.〆込み錦 (しめこみにしき)

「〆込み錦(しめこみにしき)」は「〆込み千鳥(しめこみちどり)」の状態から体位変更するとスムーズにできる裏48手です。

浅い挿入なのでゆっくりピストンするといいでしょう。

「〆込み錦(しめこみにしき)」も後ろ向きスタイルの騎乗位です。女性は後ろ向きのまま上体を前に倒しますが、逆に男性は上体を起こします。この時、男性は両脚を伸ばし、後ろに両手を回したら床に手をつけて身体を安定させます。

25.後ろづけ (うしろづけ)

「後ろづけ(うしろづけ)」も騎乗位の部類で男性の体勢に特徴があります。

男性は仰向けになり両脚を大きく広げてV字開脚します。女性は後ろ向きの状態で男性の上に乗り挿入します(男性をイスのように見立てて座るイメージです)。

26.後ろ矢筈 (うしろやはず)

「後ろ矢筈(うしろやはず)」は、いわゆる立ちバックです。裏48手の中ではシンプルな立ちバックでしょう。

男女共に立ちますが、男性は女性の後ろに立ったら女性の片脚を持ち上げながら挿入します。

立ちバックは足で踏ん張る体勢です。そのため、女性は膣に力が入りオーガズムに達しやすくなります。

27.立て膝とり (たてひざとり)

「立て膝とり(たてひざとり)」挿入しながら愛撫もできる裏48手です。

男女共にひざ立ち状態で向き合い挿入する体位で、お互の腰を支えながらピストンします。キスしたり乳首を舐めたりしながら挿入を楽しむことができます。

28.忍び居茶臼 (しのびいちゃうす)

「忍び居茶臼(しのびいちゃうす)」は座位の部類になります。クリトリスがこすれる裏48手なので、女性は特に気持ち良くなれる体位の一つです。

男性は脚を伸ばした状態で座り、後ろに両手を回したら床に手をつきます。もしくは、あぐらをかいた状態にします。女性は男性の上に座るようにして挿入します。

女性は男性にしがみついてピストンすると、クリトリスが強くこすれて気持ち良くなります。

29.下がり藤 (さがりふじ)

「下がり藤(さがりふじ)」はあぐらをかている男性の上に、女性が大きく開脚しながら挿入する体位です。

女性の体重が男性にかかるので、男性に負担は大きいですが深い挿入を堪能できる裏48手です。

30.茶臼がらみ (ちゃうすがらみ)

「茶臼がらみ(ちゃうすがらみ)」は裏48手の中では対面座位の部類になります。女性を抱えながら挿入する体位なので、体力に自信がある男性は一度、挑戦してみるといいかもしれません。

男性は正座するように座ったら少し太もも浮かせます。女性は両ひざを曲げながら開脚し、男性の太ももの上に座るようにして挿入します。女性は身体を安定させるために男性の首の後ろに両手を回します。そして、男性は女性のお尻を持ちながらピストンします。

31.突き回し (つきまわし)

男性は女性のお尻をじっくり眺めながら挿入できる裏48手が「突き回し(つきまわし)」です。

男性は両脚を伸ばしながら上体を起こし、両手を後ろに回して床に手をつけます。女性は後ろ向きで男性の上に乗り挿入します。挿入したら女性は上体を前に倒し四つん這いになりピストンします。

32.抱えどり (かかえどり)

「抱えどり(かかえどり)」は少しテクニックが必要な裏48手です。

最初に男性は正座をします。女性は正座している男性の上に後ろ向きで座り挿入します。そして、男性は女性の脇の下に手を回して女性の身体を支えながらピストンします。

「抱えどり(かかえどり)」は深い挿入ができ、Gスポットにペニスが当たるので男女共に気持ち良くなれる体位です。

33.卍崩し (まんじくずし)

「卍崩し(まんじくずし)」は女性の体勢が卍(まんじ)に見えて、崩れることからこの名前がつきました。遊び心のある裏48手です。

男性は上体を起こしながら軽く開脚し座ります。女性は後ろ向きで男性の上に座り挿入します。ここからがポイントで、女性は手を交差させたら右手で左足首をつかみ、左手で右足首をつかむと手が離れ、女性の卍が(まんじ)崩れます。

34.逆手からみ (さかてからみ)

「逆手からみ(さかてからみ)」は、いわゆるバックで裏48手の中では簡単な体位と言えます。

男性が正座をし、その上に女性が座るようにして挿入します。挿入したら女性は上体を前に倒し(胸を床につけるようなイメージです)ピストンします。

35.座禅ころがし (ざぜんころがし)

「座禅ころがし(ざぜんころがし)」は女性にあぐらをかかせたら、そのまま女性を前に倒し男性が後ろから挿入します。

少し変わった裏48手ですが、男性からは女性器やアナルが良く見えるので興奮するでしょう。

36.虹の架け橋 (にじのかけはし)

お姫様抱っこをしながら挿入する裏48手が「虹の架け橋(にじのかけはし)」です。

男性はあぐらをかいたら、その上に女性を横向きで乗せて抱っこしながら挿入します。この時、女性は両手を男性の首に回して抱きつき身体を安定させます。

37.筏茶臼 (いかだちゃうす)

騎乗位の部類になり密着しながら挿入できる裏48手が「筏茶臼(いかだちゃうす)」です。

男性は仰向けになり女性は男性の上に乗り挿入します。挿入したら女性は、上体を前に倒し両脚を伸ばした状態で男性に密着しピストンします。

ゆっくりピストンしながらキスを堪能できたり、お互いの体温を感じることができる体位です。

38.反り観音 (そりかんのん)

「反り観音(そりかんのん)」は騎乗位で、裏48手の中でも定番のスタイルです。

男性は仰向けになり、その上に女性が乗り挿入します。ポイントは女性は上体を起こし後ろに反りながらピストンすることです。体勢がツライ時は、両手を後ろに回し男性の脚を持ちながらピストンしてもいいでしょう。

39.織り茶臼 (おりちゃうす)

「織り茶臼(おりちゃうす)」も「反り観音(そりかんのん)」と同じく騎乗位で、女性は上体を起こしながら挿入します。

男性は仰向けになり女性は上体を起こしたまま男性の上に乗り挿入します。そして、身体を支えるため男性と手を繋ぎながらピストンします。

40.本茶臼 (ほんちゃうす)

女性が男性と密着しながら挿入できる騎乗位が「本茶臼(ほんちゃうす)」です。密着しながら挿入できる上、女性は気持ち良いポイントにペニスを当てながらピストンできる裏48手です。

男性は仰向けになり、その上に女性が被さり挿入します。挿入したら女性は上体を前に倒して男性に密着しながらピストンします。

また、女性はキスをしたり、男性の乳首を舐めながらピストンできるので女性主導の体位となります。

41.横笛 (よこぶえ)

「横笛(よこぶえ)」は測位ですが、ピストンのコツをつかめば気持ち良くなれる裏48手です。

女性は横向きなり開脚します。男性も横向きになり女性の片脚に乗り挿入します。そして、女性は密着するように男性の首元に抱きつき、男性は女性の腰やお尻等を掴みながらピストンします。

42.八つ橋 (やつはし)

正常位やバック等とは違う快感を味わえる裏48手が「八つ橋 (やつはし)」です。

横向きになり挿入するので、男女共に気持ち良いポイントを見つけることができるかもしれません。

女性は仰向けなり片脚を上げて開脚します。男性は女性の上げている脚側に横向きで密着し挿入します。

43.櫓立ち (やぐらだち)

裏48手の「櫓立ち(やぐらだち)」は、駅弁スタイルのことでAVでは時々見る体位ですが、体力に自信がある男性でないと難しいでしょう。

まず、男性は肩幅くらいに開脚して立ちます。女性を抱え上げたら女性の脚の下に腕を通してお尻を持ちピストンします。そして、女性は男性の首の後ろに両手を回してしがみつきます。

44.砧 (きぬた)

快楽を求めるというよりもセックスの合間にする裏48手が「砧(きぬた)」です。

「砧(きぬた)」は体勢がツライので、長時間楽しむというよりも遊び半分でするといいでしょう。

女性はひざを曲げながら仰向けになり、両手で腰を持ち上げ床から浮かせます。自分で腰を浮かせるのが難しい場合は、腰の下に枕やクッション等を置くといいでしょう。男性は女性の上に座るような姿勢で挿入します。

45.巣篭もり (すごもり)

「巣篭もり(すごもり)」女性の乳首を舐めながら挿入できる裏48手です。

女性は横向きになりひざを曲げます。男性は女性の片脚を持ちながら挿入します。挿入したら男性は、上体を前に倒して女性の乳首を舌や唇を使って舐めます。

挿入角度によって奥深くまで挿入することもできる上、女性は挿入と乳首の愛撫によりWで快感を味わうことができます。

46.零松葉 (こぼれまつば)

「零松葉(こぼれまつば)」は裏48手の中でも難しい体位の一つです。

女性は仰向けになります。男性は女性の左右どちらかに上体がくるように横向きになり、男性の上半身は女性から離し挿入します。挿入したら女性は片脚を男性の胴体の上に乗せます。

47.松葉反り (まつばぞり)

「松葉反り(まつばぞり)」は女性が横向きになります。男性は女性の片脚のひざを曲げた状態で持ち、女性の股の間に入り込み挿入します。

女性はクリトリスがこすれる体位なので、オーガズムを得やすい裏48手です。

48.イスカとり (いすかとり)

女性が特に気持ち良くなる裏48手が「イスカとり(いすかとり)」です。

正常位に似ていますが、クリトリスの刺激が強いので女性はオーガズムに達しやすいです。

女性は両脚を閉じた状態で横向きになります(上かた見るとくの字の状態です)。男性は後ろから挿入します。

49.番外(ばんがい)

裏48手の「番外(ばんがい)」はバックの部類になります。

女性は軽く両脚を広げてひざ立ちをします。そして、男性は後ろから挿入します。男性は女性の腰を支えたり、女性の両手を後ろに回し持つとピストンしやすいです。

また、男性は挿入しながら女性の胸や乳首を後ろから触れることができます。



まとめ

48手と裏48手についてご紹介してきましたが、中には、難易度が高い体位もあります。
全てを試すのは難しいもしれないですが、少しづつ体位を制覇していくとマンネリ防止にもなり、楽しくセックスができるかもしれません!

是非、試してみてはいかがでしょうか?

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


テクニック 体位

関連する投稿


セックスの基本的な流れと手順7ステップ〜初めてでも安心してできる!〜

セックスの基本的な流れと手順7ステップ〜初めてでも安心してできる!〜

初めてのセックスに不安を抱えている人が、少しでも安心できるようにセックスの基本的な流れと手順を具体的に説明します。準備や心構え、そして挿入後の後戯のことまで徹底解説します。これさえ読んでおけば、安心して初体験をむかえることができるでしょう。


亀頭責めオナニーとは?やり方と気持ちいい方法とコツ10個

亀頭責めオナニーとは?やり方と気持ちいい方法とコツ10個

亀頭はペニスの中でもとても気持ちいい場所です。特に亀頭責めオナニーは通常のオナニーを超えるくらい、気持ちいいと言われています。手や指、日常品やラブグッズ等を使って亀頭を責めてみませんか? 男の潮吹きや早漏防止のトレーニングにもなり得る亀頭責めオナニー。それでは、早速、ご紹介します!


女性がセックスで最高の快感を得る方法15個!気持ちいいセックスとは?

女性がセックスで最高の快感を得る方法15個!気持ちいいセックスとは?

男性からすれば射精でセックスは終わり…かもしれません、しかし、それでは女性は満足するはずがありません。セックスで、女性が本当に気持ち良いと感じてくれればお互いの満足度があがるはず。そこで、今回は女性がセックスで最高の快感を得る方法やアダルトグッズ等をご紹介していきます。


セックスがマンネリ化する原因5つと解消する方法とアイディア22選

セックスがマンネリ化する原因5つと解消する方法とアイディア22選

どんなに大切な相手とのセックスも、回数を重ねていけばマンネリは避けられません。 とはいえ、できることならマンネリなど感じることなくいつまでも楽しみたいのが人情というもの。 そこで今回は、セックスがマンネリ化する原因5つに加え、解消する方法とアイディア22個、そして異色のセックス スタイルも紹介していきます!きっとマンネリ解消に役立つはずです。


最高に気持ちいいキスの仕方とテクニック20選

最高に気持ちいいキスの仕方とテクニック20選

「愛する人と気持ちいいキスをしたい!」と思っている人は少なくないでしょう。愛する人とのキスは格別で幸せを感じることができる行為です。そこで今回は、最高に気持ちいいキスの仕方、テクニック、トレーニング方法等についてご紹介します!「最高に気持ちいいキス」を楽しんでください。


最新の投稿


目隠しプレイとは?やり方・楽しみ方20個!セックスがいつもより興奮する?

目隠しプレイとは?やり方・楽しみ方20個!セックスがいつもより興奮する?

あなたは目隠しプレイを知っていますか? 目隠しプレイは、「セックスでもっと気持ち良くなりたい」「刺激的なプレイをしたい」男女にはピッタリのプレイです。では早速、目隠しプレイのやり方などをご紹介します。


マン屁(ちなら)とは?セックス中に出る理由と対処方法2個!予防対策は?

マン屁(ちなら)とは?セックス中に出る理由と対処方法2個!予防対策は?

セックス中、意志に反して出てしまうのがおならのような音がするマン屁で、特に女性は恥ずかしいはずです。今回は、おならのような音がするマン屁がセックス中に出てしまう原因やマン屁の対処方法を見ていきましょう。


青姦とは?やり方と楽しみ方!おすすめスポット場所10個

青姦とは?やり方と楽しみ方!おすすめスポット場所10個

屋外で性行為を楽しむことを、青姦と呼びます。AVなどでよく採用されているセックスプレイであり、一度はやってみたいと憧れを持っている方も少なくないでしょう。ここでは、青姦のやり方や楽しみ方、さらにおすすめの青姦スポットなどを紹介しています。参考にしてみてください。


剃毛プレイとは?やり方・楽しみ方10個!パイパンセックスは最高?

剃毛プレイとは?やり方・楽しみ方10個!パイパンセックスは最高?

剃毛プレイは、アソコの毛を剃ってしまうプレイの総称です。大人になれば多少は生えてきてしまうアソコの気を剃るという体験は、性的興奮を呼び覚ます非常にマニアックなプレイのひとつになります。ここでは、剃毛プレイのやり方や楽しみ方をまとめています。


露出プレイとは?やり方・楽しみ方12個とおすすめ場所スポット・体験談

露出プレイとは?やり方・楽しみ方12個とおすすめ場所スポット・体験談

露出プレイをしたことがない男女は損をしている! と言っても過言ではありません。露出プレイは今以上に気持ちいいセックスやオナニーができます。では、「露出プレイのやり方や楽しみ方」などを見ていきましょう。