「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

気持ちいいバックの体位13選!種類とやり方を徹底解説!

気持ちいいバックの体位13選!種類とやり方を徹底解説!

セックスの中でも人気度が高く、快感度、刺激度、密着度どれをとっても高い水準をもつ体位、それが「バック」です。様々なバックという体位を知って、最高のセックスライフを手に入れましょう。男女のマンネリ回避にも非常に有効です。


今回は体位の中でも抜群の気持ちよさをほこる体位、「バック」について解説していきます。一般的なバックはもちろん、様々なバリエーションについても言及していきます。密着度の高いタイプ、刺激度の高いタイプなどなど、あなたはこの記事でバックという体位の奥深さを知ることになるでしょう。よりよいセックスライフを送るために、バックという体位について学びましょう。

「48手」という、江戸時代から伝わる代表的な体位も紹介しています。バリエーション豊かなバックを実践して、パートナーとの愛を深めましょう。

セックスの体位とは?

男女が愛を深め確かめ合うために大切な行為、それがセックスです。挿入を行う際に男女が取る体勢、それが「体位」です。代表的な体位には正常位、騎乗位、後背位、バックなどがあります。一口に体位と言っても、様々な種類が存在します。同じ体位ばかりではお互いに飽きてしまい、マンネリに陥りかねません。様々な体位を知って、恋人とのマンネリしない気持ちいいセックスライフを送りましょう。

代表的な体位の中で、一番人気の正常位に次いで人気なのが「バック」です。その人気の理由は男女によって異なります。男性の立場からすると、女性を四つん這いにさせて、上から見下ろす形になるので征服感が満たされる面で人気です。またお尻が好きな男性にとっては、たまらない体位と言えるでしょう。挿入部分がよく見えるのも、視覚効果として興奮度の高いものです。

また、女性にも人気の体位となっています。Gスポットに男性の男根が当たりやすいため、イキやすい体位ともいわれています。後ろからガンガン挿入されることで、犯されているという意識になりやすいのでMの女性には人気です。

バックは、男性主体の体位となるため、基本的に男性がコントロールすることになります。女性にとって嫌なセックスにならないよう、しっかりコミュニケーションを取りながら愛し合いましょう。女性側も我慢するのではなく、出来る限り積極的に意見しましょう。



気持ちいいバックの体位13選!

1.鵯越え(四つん這い)

いわゆる一般的でオーソドックスかつ、ノーマルなバックです。女性を四つん這いにさせて、後ろから男性が腰を抱え挿入するスタイルです。挿入部分が男性からは丸見えで、女性のGスポットに当たりやすいのが特徴です。お尻をつかみながら行うのもよいでしょう。女性の羞恥心をあおるため、言葉攻めもいいかもしれません。ただ、好き嫌いがあるので様子を見ながら行いましょう。

深く挿入することができるので、サイズの小さい男性でも女性に挿入感を与えることができます。逆に奥に入りやすいため、サイズの大きな男性は注意が必要です。気持ちよくなってくるとピストンが激しくなりがちですが、刺激が強い体位なので優しく挿入するようにしましょう。激しいピストンは人によっては快感ですが、一定のスピードで優しく挿入する方が感じる女性が大多数を占めています。

Mな女性だと、バックの体勢で突かれながらお尻を叩かれるのも、刺激的で好きという方もいます。慣れてきて新しいことにチャレンジしたいカップルなら、ソフトSM要素を取り入れてみるのもよいでしょう。もちろん相手が嫌がるなら中止してください。セックスはお互いの信頼関係が大切です。

余談ですが江戸時代から伝わる、体位の種類、いわゆる「48手」の中では「鵯越え」と呼ばれるのがバックという体位です。全てのバックの中でもっともスタンダードな形であり、一般的に広まっている体位です。男女の体を少し変えることにより、刺激や密着度などが大きく変化する可能性を秘めた体位といえるでしょう。様々なバックを試してみて、お互いにもっとも相性の良い体位を見つけ出しましょう。



2.四つん這いからの覆いかぶさり

オーソドックスなバックから移りやすいのが、この体勢です。後ろから覆いかぶさって身体を密着させましょう。この体制からは、女性の胸やクリトリスを挿入しながら愛撫することができます。強くなりすぎないように、やさしい愛撫を心がけましょう。もちろん求められたら激しくしてあげましょう。

また、この体制になると挿入感が弱くなり、深く挿入できなくなるため、抜けてしまうこともあるので注意が必要です。密着感から女性へ安心感を与える効果もあります。密着度は非常に高い体位ですので、身体をくっつけあうのが好きなカップルには非常におすすめです。

男性の立場から、この体位にポジションを取る場合は、背中や耳への舌を使った愛撫が効果的です。特に、耳や背中が性感帯の女性は多いのでおすすめです。また、脇腹、首筋、など責めるポイントは様々です。コミュニケーションを取りながら、やりすぎない程度にトライしてみましょう。挿入しながら耳元で甘い言葉をささやくのも、ムードの盛り上げに一役買うテクニックとなります。様々な愛撫を行えるのがこの体勢です。彼女が一番よろこぶ形を模索しましょう。

女性は男性からの責めを存分に楽しみ、可能であればパートナーの男性へ希望を伝えましょう。

3.抱き上げ

通常のバックは女性の腰やお尻をつかんで挿入しますが、この「抱き上げ」は太ももをつかんで上に抱き上げる体位です。女性の下半身を男性が持ち上げる形になるため、非常に体力を消耗しますが深い挿入と不安定な体位の状態で、新しい快感を得ることができます。

男性に体力の自信があり、深く挿入したい場合、または女性からの深く挿入してほしい!というリクエストがあった場合はおすすめの体位です。ですが、不安定な態勢になるのでバランスを崩しやすいことと、刺激の強い体位のため、女性への負担も考慮して行いましょう。激しい体位が好きなカップルにおすすめの体位です。

下半身の密着度と刺激度は非常に高い体位です。男性の腰へ非常に負担がかかるため、無理はしすぎないようにしましょう。運動不足な男性は、終わった後に筋肉痛になってしまうかもしれませんね。



4.腕を引っ張りながら

基本のバックスタイルから、男性が女性の腕を引っ張って挿入するという体位があります。バリエーションの一つとして使用するとよいでしょう。両腕は女性に負担がかかるため、片腕にしておくのが無難です。片腕を自分に引き寄せることによって、深く挿入することができます。女性に少々無理な体勢を取らせることになるので、しっかりと意思疎通をしながら行いましょう。女性側はあまりにもキツイ体勢にならないよう、男性に辛かったら伝えるなどしましょう。

女性にそのままこちらを向かせてのキスや、後ろから挿入されている女性の顔を観察すると、より一層征服感が満たされます。また、女性側は被虐感がアップして興奮度が増すことでしょう。

下半身の密着度は非常に高いです。腕の引っ張り具合で調節がしやすいですが、無理な体勢で女性の腕を傷めないように気を付けましょう。パートナーの身体を気づかいながら行うのが基本です。興奮度が高まってくると、おろそかになりがちなので注意してください。

5.仏壇返し

スタンダードなバックを立った状態で行うのを通称「立ちバック」と言いますが、立ちバックにも色々な種類があります。一見縁起の悪そうな名前の仏壇返しは、立った状態から女性が床に手をついて、その状態で挿入する体位のことをいいます。女性は前傾姿勢になり、不安定になるので男性がしっかりと支えるのが大事です。前後にピストンすると、女性が前に倒れてしまうため、男性は突き上げるようにピストンするのがコツです。

通常のバック体勢よりも、深く挿入することができます。女性に少々無理な態勢なので、長い時間行うと疲れてしまうかもしれませんので注意してください。バランスを崩しやすいので、ベッドの上ではなく床に立って行うほうが安定してよいでしょう。ベッドや机に手をついて行うのもおすすめです。床に手をついて行うよりも、楽な態勢で挿入できます。ただし、この体位は次項で説明する体位となります。

女性は頭が逆さになってしまうため、長時間この体位を行うと血がのぼってしまいます。この体位を行う場合は短時間にとどめて、他の楽な体位に移行しましょう。



6.碁盤攻め

前項で説明した、仏壇返しを楽な態勢にしたものが「碁盤攻め」です。碁盤に手をついて挿入を行ったのが語源と言われています。実際には机やベッド、ソファなどが利用されています。バスルームでは湯舟のへりに手をついて行うのも、よくある方法ですね。女性が腰を突き出す恰好なので、お尻が好きな男性にとってはたまりません。また、女性も深く挿入されることになるので、挿入の感触を楽しみたい女性にとっては気持ちのよい体位と言えるでしょう。

通常のバック体勢は、膝立ちでピストンを行うので力が伝わりづらく、動きづらいというデメリットがありますが、この体位では立って行うため非常に動きやすいのが特徴です。自由自在な挿入に女性も思わず感じてしまうことでしょう。ただし、自由度が高いため強くなりがちなので、やさしく挿入することを前提に取り入れましょう。また、挿入部分が丸見えになるので女性にとっては恥ずかしく、男性にとっては目にうれしい体位です。

挿入する前の女性がお尻を突き出した光景は、男性にとって非常に興奮度の高い眺めです。存分に楽しみましょう。隅々まで見えていることを女性に伝えて、羞恥心を煽るのも一つの手段です。

7.壁に手をついてのバック

仏壇返しや碁盤攻めは、女性が前傾姿勢になる立ちバックですが、女性が上半身を起こして壁に手をつく立ちバックもあります。女性が身体を起こすことにより、角度的に男性の陰茎が女性のGスポットを刺激しやすくなります。

この状態から、女性の片足を男性が持ちあげて挿入するというバリエーションも存在します。挿入の感覚を変えたい時などに、実践するとよいでしょう。不安定な姿勢になるので、転倒などには気を付けてください。

刺激を求めるカップルには、窓などに手をついて行うのもおすすめです。外から目撃されるリスクを犯すのは非常に刺激的です。

また、シティホテルの高層階などの窓から、夜景を眺めつつの立ちバックは最高です。一度味わうと病みつきになってしまうことでしょう。



8.寝バック

通常の四つん這い型のバック体位から、女性が足をのばして寝そべった状態の後ろから挿入するのが寝バックです。足を閉じた状態の後ろから挿入するため、深く挿入するのが難しいです。サイズがある程度ないと難しい体位となります。女性は足を閉じるため、クリトリスが床面に押し付けられることとなり快感を高めることができます。

女性が完全に横に寝そべる形となるため、女性にとってはかなり楽な体勢となります。女性がつかれてきた場合は、この寝バック体位にするとよいでしょう。Gスポットへの刺激もしやすくなる体位なので、寝バックは人気の体位です。半面、男性は身体を起こした状態となるので少々無理な態勢を取ることになります。とはいえ、女性にとって楽な体勢なので激しいプレイのあとは、この体位で休ませてあげることとしましょう。女性側も疲れたらこの体位を提案するとよいです。

9.平行寝バック

女性が寝そべった体勢から挿入を行う、寝バックという体位ですが、さらに男性も寝そべるのが「平行寝バック」です。二人とも同じ体勢を取るため、非常に全身の密着感が高く安心感を得られる体位です。男性が女性の上に覆いかぶさるような体勢になります。動きづらい体勢ではあるものの、男女ともに楽な体勢なので休憩にはよい体位です。激しいプレイの後の静かなセックスも、またおつなものです。しかし、楽な態勢といえども快感度としては高いです。Gスポットへの刺激度は高いバック体位となっています。

ピストン運動が難しくなることや、動きづらい体勢がデメリットとなりますが、非常に人気は高いバック体位です。女性が少し腰を上げるとピストンしやすくなります。

寝バック同様、男性のサイズがある程度ないと挿入が難しい体位です。挿入が難しい場合は、次項で説明する腰を突き出しての体勢をおすすめいたします。

バックの体位でもっとも楽な体勢ではありますが、楽すぎて寝てしまう可能性があります。ついつい寝てしまってパートナーを怒らせてしまわないよう気を付けましょう。



10.腰を突き上げての寝バック

平行寝バックの状態から、女性が腰だけを突き出して行う寝バックは挿入がしやすく体勢も楽です。男性は身体を起こしてもよいですし、女性に密着してもよいでしょう。寝バックの体勢としてはもっとも挿入しやすい体勢といえます。また、女性が腰を突き出すことにより、背筋を反らす形になります。背筋のラインが美しく感じる男性は多いため、男性からすると目の保養になることでしょう。

寝バックの状態から女性が上半身を男性側にむけてのキスや、背筋への男性からの愛撫、お尻や太ももなどへの愛撫も同時に行うと盛り上がることでしょう。しっかりとお互いにコミュニケーションを取り、最適な体位で楽しんでください。寝バックは正常位への体位変更も楽なので、かなりおすすめです。

密着度、快感度、刺激度を自由にコントロールできる体位です。寝バックを行う際にはこの体位を基本として、他の体位に移行するとよいでしょう。

11.つばめ返し

男性が寝そべった女性の足の片方を持ち上げて、もう片方の足にまたがる変形寝バックが「つばめ返し」です。片足をあげることで、挿入時の角度に変化がつき刺激が変わります。横への角度がつくため、変わった挿入感となります。女性は少々キツイ体勢となるので、状況によって別の体位へシフトしましょう。

女性側は頭を押し付けられる形となるため、非常に被虐的な体勢です。男性としては征服感を得られる体位といえるでしょう。男性も持久力が求められ、長い時間続けられる体位ではないため、他の体位の合間に挟むのがもっともやりやすいかもしれません。

バックにも正常位にも移行しやすいため、合間に挟むとよい体位といえるでしょう。挿入しながら体位を変更することができます。



12.窓の月

男性、女性ともに横になり、女性の下半身を上へひねるような形で、男性は女性の片足を持ち上げて挿入する形が「窓の月」です。つばめがえしの平行寝バック形といえばわかりやすいかもしれませんね。バックというよりも横になりかけているので、側位に近い体位となりますが変形寝バックとして紹介しました。

身動きはしづらいものの、挿入はしやすい体位です。下半身の密着度は非常に高い体位です。ここから松葉崩しへ移行してもよいかもしれません。さらに、正常位、バックなどへも移行させやすいため、つばめ返し同様合間に挟むのによい体位といえるでしょう。

横からの角度が好きな男性、または女性もいます。好みに合わせて使っていきましょう。

13.いいとこどり!刺激と密着感をマックスにするバック

壁に手をついての立ちバックと似た体位ですが、こちらは立ってではなく女性が膝をついて行います。女性はベッドなどの上で膝をつき、上体は壁に手をついて斜めにします。男性は女性に密着しすぎず、上体をまっすぐ保ちます。

女性の体がそり、Gスポットがいい具合に刺激されます。膣奥にガンガンと当たることもなく、マイルドにピストンすることが可能です。女性の上体が起きているため、男性のサイズがある程度ないと難しいバック体位となります。ある程度の下半身の密着感、下から突き上げる刺激感のいいとこどりなバックの体位です。

もっともバックのいいところを取った、バランスのよい体位といえるでしょう。是非この体位を活用してください。



バックの体位が気持ちいい理由

バックの体位が気持ちいいのは何故でしょうか。男性からの要素としては、自分のペースでコントロールして挿入できること、挿入部や臀部が丸見えになること、バックから挿入することによる女性への征服感、バックからの絡みつく挿入感が理由といえるでしょう。

女性としては後ろから挿入されることによる被征服感にM性が刺激されること、膣奥への挿入感、Gスポットへの十分な刺激、などがあげられるでしょう。

男性優位になりがちな体位ですが、男性側は女性を気づかい無理のないセックスを心がけましょう。盛り上がってくると思わず激しくなりがちですが、激しいピストンは女性への負担が大きいです。トントンと、やさしく一定のリズムで奥を突いてあげるようなイメージで挿入しましょう。激しくピストンする場合は、女性の様子を注視して嫌がるそぶりや痛そうな気配を感じたら一旦やめて、コミュニケーションをとることが大事です。

女性の快感度が高まってくれば、激しいピストンも快感へつながることでしょう。

まとめ

セックスにおける体位は、よりよく気持ちよいセックスのために重要な要素です。また、マンネリ回避にも非常に有効です。質の高いセックスライフを送るためには、選択肢を多く持つことです。手段を多く持つことで、様々なトライができますし男女互いに満足のいくセックスへの近道となることでしょう。特にバックは快感度が高く、自由度も高い体位です。様々なバックの体位を試して、最高のセックスを見出しましょう!今回ご紹介した体位をもとに、みなさんとパートナーとの愛がより深まることを願っています。

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


体位 テクニック

関連する投稿


寝バックのやり方と気持ちいいコツ10個!女性がイキやすい体位?

寝バックのやり方と気持ちいいコツ10個!女性がイキやすい体位?

女性がうつぶせに寝た上に、男性が覆いかぶさるような形でペニスを挿入する寝バック。寝バックは、スローセックスにはもってこいな人気体位ですが、思った以上に奥が深く、カップルが楽しめる体位でもあります。ここでは、寝バックについて簡単にまとめています。ぜひ、興味がある方は参考にしてみてください。


電マの基本的な使い方と気持ちいいやり方のテクニック11個

電マの基本的な使い方と気持ちいいやり方のテクニック11個

「電マは気持ちいい! 」と思っている女性も多いのではないでしょうか? 電マは本来、アダルトグッズではないですが気持ちいいので多くの女性達が愛用しています。電マの気持ちいいやり方等について早速、見ていきましょう!


性欲が強い・エロい女性の特徴と見分け方63選【完全ガイド】

性欲が強い・エロい女性の特徴と見分け方63選【完全ガイド】

あなたは「エロい女かどうか」を見極めるにはある特徴をチェックすればいいということを知っていますか? その特徴とは「外見」「性格」「行動」の3つです。エロい女性はこれらの特徴や見分け方があると言われています。詳しく見ていきましょう。


セックス上達方法のコツ10個!セックスが上手くなりたい人へ

セックス上達方法のコツ10個!セックスが上手くなりたい人へ

セックスを上達させて、女性を満足させたい男性は多いはずです。でも、やり方がわからない男性もいるでしょう。そんな男性に朗報です。「セックスを上達させるやり方やコツ」があります。早速、実践してみましょう。


ソファーセックスとは?ソファーでできる体位・楽しみ方5個と注意点

ソファーセックスとは?ソファーでできる体位・楽しみ方5個と注意点

何か新しいセックスや、刺激的なセックスをしたいカップルもいるでしょう。そんなカップル達におすすめなのが「ソファーセックス」です。早速、ソファーセックスでできる体位や楽しみ方を知って、試してみましょう。


最新の投稿


クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

筆を使って陰部を刺激する、筆責め。女性の体の中で特に敏感であるクリトリスへの筆責めはマニアックでありながら、多くの変態たちに支持されているプレイです。ここでは、クリトリスへの筆責めのやり方やテクニックを紹介しています。興味がある方は参考にしてみてください。


セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

拘束プレイに興味を持っている方は多いでしょう。しかし、“拘束”という文字がどうも怖いイメージを与えてしまいます。一体、拘束プレイとはどんなプレイで、どのように行なうのでしょうか。拘束プレイについて簡単にまとめています。興味がある方はチェックしてみてください。


SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

sm好きなら縄(ロープ)を使ったプレイに興味がある男女もいるでしょう。sはmを縛り、mはsに縛られる快感がクセになるようです。今回は、smで縄(ロープ)を使うために「種類や選び方」などをご紹介します。


緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

"体を縄で縛りたいor縛られたい"男女は緊縛プレイがおすすめです! 緊縛プレイは縄を使い色々な種類の縛り方をしますが、SM好きにはたまりません。緊縛向きの縄の種類~縛り方の種類までチェックしましょう。


セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

自宅やラブホテルで好きなようにセックスができない、いつも一緒の場所でマンネリ化してしまったというカップルや夫婦もいるはず。セックスができる場所を定番から屋内、屋外などいろいろなパターンで紹介します。素敵なセックス場所を探している方は参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

inbee【インビー】で話題のキーワード


オナニー テクニック フェチ SM ローション セックスの悩み 体位