「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

バック(後背位)セックスの挿入テクニック10選!バックは気持ちいい!

バック(後背位)セックスの挿入テクニック10選!バックは気持ちいい!

セックスの醍醐味である挿入ですが男女共に人気がある体位を知っていますか? それは「バック」です。そこで今回は、バックの種類やバックのテクニック、バックの挿入方法や気持ち良い理由などについてご紹介します!


セックスの体位は正常位や騎乗位、バックなど様々な種類の体位があります。そして、男女共に人気のある体位はバックだということを知っていますか?
バック挿入が男女共に人気がある理由として、まず、気持ち良いからです。

また、バックは挿入する角度によっても気持ち良さが変わってきたり、アソコの奥までペニス突くことができるため奥がとても感じる女性にとっては最高の体位でもあります。

そして、一言にバックと言っても、実は、いくつか種類があることを知っていますか?
例えば、立ちバックや正座しながらするバック、男性が上体を起こしてする寝バックなどあります。

そこで今回は「バックの種類や挿入方法」「バックのテクニック」「バックが気持ち良い理由」などについてご紹介します!

バック(後背位)セックスの方法とは?

セックスの醍醐味は大好きな人と愛し合って、挿入し一つになることです。セックスの体位は正常位や騎乗位、バックなどありますが好きな体位はありますか?

ある企業が「あなたはどの体位が好きですか? 」と男女にアンケートをとった結果、正常位、騎乗位、バックが男女共に人気があったそうです。

そして、バックが好きな理由を男女に聞いたら......
男性は「征服感があるのとアソコが締まって気持ちいい」女性は「顔を見られないから思う存分感じることができる」などの意見があったそうです。

セックスの体位で人気のあるバックですが、どのようにしてするのでしょうか?



バックは男女共にメリットがある?

バックは男性優位の体位になるため男性のペースでピストンできます。そのため、正常位と同じく、バックの場合も射精するタイミングを男性自身がコントロールできるというメリットもあります。

また、バックは基本的に女性からあまり動くことがない体位でもあるため、女性は疲れにくいというメリットもあります。バックは奥まで突くことができる体位ではありますが、力任せにガンガン突けばいいというわけではありません。

ピストンの速さなどにも気をつけないと女性は痛みを感じてしまう場合があるため男性はピストンの動きにも注意しないといけません。

様々なバックスタイルとは?

バックは後背位とも呼ばれていて、セックスの王道体位とも呼ばれている正常位とは違う快感があり男女共にとても人気のある体位です。バックは簡単に言うとバック挿入するスタイルです。

しかし、バックと一言で言っても様々なスタイルがあることを知っていますか?

バックにも様々なスタイルがありますが一般的なスタイルは女性が四つん這いになって男性がバック挿入します。また、立ちバックスタイルもあり、お互いに立ちながらバック挿入します。立ちバックの場合、女性は男性からバック挿入されている時、壁などに手を付いたり何かにつかまりながらバックでセックスします。そして、正座しながらバック挿入する方法などもあります。

バック挿入する時はお互いの身長などが関係してくるため、場合によっては段差などを使ってバックでセックスします。



バック挿入しやすい高さやピストンは?

主なバックスタイルとして一般的なスタイルと、立ちバックが挙げられます。
一般的なスタイルで挿入する時は、女性が四つん這いになって男性がバック挿入しますが男女の身長差を考えながら挿入することが大事です。

そして、一般的なスタイルでバック挿入する時、女性は男性が挿入しやすくピストンがやりやすい高さに調整してあげましょう。この時、女性はひじやひざの角度などを変えて高さを調整して男性がバック挿入しやすい高さにします。高さが決まったら、男性は女性のお尻や腰に手をあてて固定しながら挿入してピストンします。

また、立ちバックも同じように女性は男性がバック挿入しやすいように段差などを使って高さ調整しましょう。

バックは奥まで挿入する体位のため女性によっては痛みを感じる場合もあります。もし、女性側がバック挿入で痛みを感じる場合は一旦ペニスを抜いたらまた挿入する、ゆっくり挿入するなどを繰り返して慣らしていきます。

ピストンの速さもポイント

バックは男性が挿入しやすいように、男性がピストンしやすいように女性は高さを調整するのが基本です。そして、高さ調整ができたらピストンの速さもポイントになっていきます。ただ、勢いよく女性のアソコを突けばお互いに気持ち良くなれるというわけではありません。

まず、バック挿入する時はいきなり奥まで挿入するのではなく、ゆっくり少しづつ挿入しましょう。男性は「女性が痛みを感じていないか?」を確認しながらバック挿入します。
次に、女性が痛みを感じていないことがわかったら少しづつピストンを速くしたり「Gスポットを突き気持ち良いか?」「どの角度が気持ち良いか?」などをお互いに確認しながらバック挿入することが大事です。

おすすめのバック(後背位)セックスのテクニック10選!

セックスの体位で男女共に人気のあるバックは、男性がバック挿入するため男性優位の体位だと思っている人もいるかもしれません。でも、実は、女性も様々なテクニックを使って積極的になればバックを楽しむことができます。

ここからは、バックの時に使えるセックステクニックをご紹介します。



1.女性も腰を振る

バックは基本的に男性優位の体位ではありますが、女性も腰を振ることで快感がUPしたり男性の興奮度もUPさせることができます。

やり方は、男性がバック挿入でピストンしている時、男性の動きに合わせて女性は腰を振ります。ただし、男性が激しくピストンしている時は女性は腰を振らず、男性がゆっくりピストンしている時に女性も一緒に動きに合わせて腰を振りましょう。
男性は女性が積極的に腰を振っている姿に興奮して、ますます激しくピストンするため男女共に快感が走ることでしょう。

2.バック挿入中に男性の目を見る

男性がバック挿入している最中に女性は男性の方へ振り向いて、時々、男性の目を見てあげましょう。こうすることで女性が感じている表情を見ることができ、その姿を見て男性は興奮します。

多くの男性はセックスの時、征服感を求めて興奮や快感を得ます。そのため、バック挿入している時に女性が気持ち良くなって感じながら男性の目を見つめると、男性は征服感や興奮などをより一層感じることでしょう。



3.あえて喘ぎ声を我慢する

セックスは聴覚や視覚で感じて気持ち良くなります。その一つに挙げられるのが喘ぎ声です。多くの女性はセックスの時に喘ぎ声を出すと思いますが、あえて、喘ぎ声を出さないように我慢するととても興奮します。

例えば、バック挿入中に女性は自分の片手で口を押さえてみたりすると、その仕草と気持ちいいのを我慢している姿に興奮する男性も多いでしょう。

4.自分で胸や乳首を愛撫する

バックの時、女性は男性に感じている顔を見られることがないため、思いっ切り感じることができるはずです。そのため、バック挿入でもっと感じたい女性は挿入中に自分で胸や乳首を愛撫しましょう。

バック挿入されながら胸や乳首を自分で愛撫することで、女性は、さらに気持ち良くなります。そして、その姿を見た男性もさらに興奮することでしょう。



5.自分でお尻を掴んでアソコを広げる

バック挿入中に女性も積極的にできるテクニックとして、女性自身がお尻を掴んでアソコを広げるようにするのも男性の興奮度がUPする方法です。この仕草を見た男性は「もっと俺のペニスで突いて欲しいんだ!」と、思うはずです。
そのため、「もっと突いて!」と言葉に出すのが苦手な女性はこのような仕草で男性へアピールするのもいいでしょう。

そして、興奮してきた男性は女性のお尻をスパンキングするかもしれません。スパキングされた女性はますます興奮してバックでイッてしまう人もいるでしょう。

6.女性が積極的になってアソコへ誘導する

男性の多くはセックスの時、積極的な女性に興奮します。そのため、バックをする時に男性が女性のアソコにペニスを挿入するのではなく、女性が男性のペニスを持ってアソコへ誘導すると男性は喜び興奮します。

また、バックをする前にペニスをシゴいてあげたりフェラをしてあげてギンギンにしてあげてから女性がペニスを持ってアソコに誘導してあげるのもいいでしょう。



7.男性は方脚だけ床に足をつけて腰を振る

女性がバックでより気持ち良くなるテクニックとして、あえて、ベッド脇でバック挿入し男性は脚の使い方を工夫します。

やり方は、女性がベッドの脇で四つん這いになります。そして、男性は片脚をひざまづき、片脚は床に足をつけてバック挿入します。男性が両ひざをついてピストンするよりも、このように片脚だけ床に足をつけてピストンした方が奥まで突くことができるため、女性はとても気持ち良くなります。

8.大人のおもちゃを使う

セックスで快感を得るために大人のおもちゃを使う人も多いのではないでしょうか? そして、女性の多くはクリトリスが性感帯のため、大人のおもちゃでクリトリスを刺激されたらイッてしまう人も多いでしょう。

例えば、バック挿入する前に四つん這いになりながら後ろから電マやピンクローターでクリトリスなどを攻められたりバック挿入しながら電マやピンクローターでW攻めすれば、アソコとクリトリスを同時に気持ち良くなることができるため女性は何度もイッてしまう人もいるでしょう。



9.女性が正座してバック挿入する

バックはアソコの締まりが良くなるため男性からとても人気のある体位です。また、四つん這いになってするバックや立ちバックがありますが、これよりも気持ちいいと言われていれているのが女性が正座しながらバック挿入する方法です。

やり方は、男性も正座するように座り少し脚を広げます。そこに女性が正座するよにして座ります。男性も女性も上体は起こしているため、男性は後ろから女性の胸や乳首を愛撫しながらピストンできます。
また、女性は正座した状態で手をベッドについて四つん這いのスタイルになることもできます。

正座しながらのバック挿入はアソコの締まりがとても良くなるため男女共に気持ち良くなれる体位です。一度試してみる価値はあるでしょう。

10.女性は枕の上にひじを置く

野外セックスなど以外は基本的にベッドの上でセックスをすることが多いでしょう。そして、ベッドで四つん這いになってバックをする時、女性はひじをついているためピストンされる度にひじがシーツに擦れて痛くなってきます。
痛みを感じるとセックスに集中できなくなり、気持ち良さも半減されイクことすらできなくなる可能性があります。

このようにならないためにも、枕を使うといいでしょう。

女性は枕の上にひじをついてからバックをすると、ひじに痛みを感じることなく気持ちいいバックができます。



人気の体位~寝バック(後背位)の方法を解説!

セックスの体位の中で男女共に人気のあるバックですが、その中でも寝バックという体位があります。この寝バックは、男性も女性も気持ち良くなれる体位のため、まだ寝バックを経験したことない人は是非、試して欲しい体位です。

寝バックは別名、敷き小股とも言われている体位で通常のバックと違い奥まで挿入することができ女性のアソコの締まりが良くなることから男性からも人気があります。また、女性も足ピンオナニーしている感じになるためとても気持ち良くなれる体位です。

では、寝バックはどのようにすればいいのでしょうか?

寝バックのやり方とは?

男女共に気持ち良くなれる寝バックですが、早速やり方をご紹介します。

1.女性はうつ伏せになります。次に脚を少しだけ開きましょう。

2.男性はうつ伏せになっている女性の後ろから馬乗りになるような感じにします。この時、男性は女性のお尻と太ももの辺りに乗る感じです。

3.そして、ペニスをゆっくり挿入します。この時、上手にペニスが挿入できない場合は女性のお腹の下にクッションなどを入れて少し高さを出し調整すると挿入しやすいです。

4.ペニスを挿入することができたら初めはゆっくりピストンをしていき、少しづつ速くしていきましょう。この時、女性が痛みを感じたら動くのをやめたり、深く挿入するのではなく浅く挿入して様子を見ましょう。



寝バックの種類とは?

寝バックにも様々な種類があることを知っていますか?
寝バックの種類によって挿入する角度が変わってくるため、気持ち良さや感じ方も変わってきます。そのため、「○○寝バックは男性にとって気持ちいい」とか逆に「女性にとっては○○寝バックの方が気持ちいい」などがあります。

ここからは、寝バックの種類などについてご紹介します。

男性が上体を起こしている寝バック

男性が寝バック中で最も気持ちいいと感じるのは、女性がうつ伏せになっている状態の上に男性がM字開脚してまたがりながらバック挿入する方法です。つまり、女性はうつ伏せですが男性は上体を起こしながらバック挿入するスタイルになります。

男性がM字開脚してまたがりながら、つまり、上体を起こしたままバック挿入すると奥まで突くことができるため男性にとってはとても気持ちいい体位になります。

また、女性が膣の中で最も感じる性感帯と言われているポルチオにペニスで突くことができるため、深い挿入で感じる女性やイキやすい女性にとっても最高の体位です。

注意点はピストンが速すぎてアソコからペニスが抜けてしまう可能性があります。この時、男性は焦ってしまい、アソコに挿入するつもりが誤ってアナルへ挿入してしまうこともあるため男性は気をつけた方がいいでしょう。

女性の上に覆いかぶさる寝バック

寝バックの中でも一般的なスタイルなのが、うつ伏せになっている女性の上に覆いかぶさるやり方です。

やり方はとても簡単で、女性にうつ伏せになってもらったら少しだけ脚を広げます。そして、男性が女性の上に覆いかぶさってピストンします。

この寝バックはそこまで深く挿入することができないため、女性が奥までペニスで突かれて痛みを感じるということもほとんどありません。そのため、バックが苦手な女性や他の寝バックで痛みを感じるという女性にはオススメの体位です。

アソコへ深く挿入できず浅い挿入の体位になります。そのため、ピストンしている最中にペニスが抜けやすい状況になりやすいです。注意点としては、ペニスが抜けないようにするために密着してピストンするといいでしょう。

女性が少し腰を上げる寝バック

奥までペニスで突いて欲しい女性にオススメの寝バックがあります。それは、腰を少し上げるスタイルです。

やり方は、女性がうつ伏せになります。この時、ひじをつき腰を少し上げます。イメージとしては胸をベッドに押し付けるような感じです。少しだけ腰を上に上げるだけでペニスが奥深く挿入するため、奥が感じる女性にとってはとても気持ち良い体位になります。

しかし、奥深くまでペニスが挿入できるからと言って、ガンガン突くと痛みを感じる女性もいるため様子を見ながらピストンしましょう。

バック(後背位)セックスが気持ちいい理由

セックスの体位は様々な種類がありますが、その中でもバックはとても人気があります。その理由は気持ち良いからです。例えば、男性の場合は「女性のアソコの締まりが良くなるためバックが好き」という人や、女性の場合は「ペニスが子宮の入り口にあたって気持ち良いから好き」という人もいるでしょう。

では、バックが気持ちいい理由として他にはどのようなことがあるのでしょうか?



バックが最高に気持ち良い理由とは?

セックスの醍醐味は挿入ですが男女にとって気持ち良いと感じるポイントとして角度があります。バックはまさに角度が重要で、いわゆる下付きと言われていている女性にとって気持ち良い角度を見つけるのに最適なのがバックです。下付きの女性は気持ち良い角度をバックで見つけることができれば、どの体位よりも感じることができるでしょう。

そして、短小ペニスの男性の場合でも奥まで突くことができるため男女共に気持ち良くなることができます。

また、最高にバックの相性が良くて気持ち良くなれる男女の組み合わせは、下付きの女性短小ペニスです。

男女それぞれが気持ち良くなれる

Mの女性にとってバックは、男性からスパンキングをしてもらえるため興奮します。そして、興奮することにより快感が増して気持ち良くなることができます。

また、バック挿入は男性からすれば征服感があり、女性からすれば犯されている感覚になる人も少なくないため、正常位などと比べるとバックの方がお互いに興奮し気持ちが盛り上がるため、その結果、とても気持ち良いということになります。

そして、この他にバックが気持ち良い理由として挙げられるのがお互いの顔が見えないからこそ、お互い遠慮することなく思いっきり感じることができるということです。

まとめ

いかがでしたか?

セックスの体位で男女共に人気があるバックについてご紹介しました。立ちバックや寝バックなど種類も豊富なため、是非、様々な種類のバックを試してみることをオススメします。もしかしたら、今まで以上に気持ち良くなれるバックが見つかるかもしれません。

また、相手に感じている顔を見られるのが恥ずかしい人もバックはオススメなので、是非、セックスに取り入れてみましょう!

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


体位 テクニック

関連する投稿


寝バックのやり方と気持ちいいコツ10個!女性がイキやすい体位?

寝バックのやり方と気持ちいいコツ10個!女性がイキやすい体位?

女性がうつぶせに寝た上に、男性が覆いかぶさるような形でペニスを挿入する寝バック。寝バックは、スローセックスにはもってこいな人気体位ですが、思った以上に奥が深く、カップルが楽しめる体位でもあります。ここでは、寝バックについて簡単にまとめています。ぜひ、興味がある方は参考にしてみてください。


電マの基本的な使い方と気持ちいいやり方のテクニック11個

電マの基本的な使い方と気持ちいいやり方のテクニック11個

「電マは気持ちいい! 」と思っている女性も多いのではないでしょうか? 電マは本来、アダルトグッズではないですが気持ちいいので多くの女性達が愛用しています。電マの気持ちいいやり方等について早速、見ていきましょう!


性欲が強い・エロい女性の特徴と見分け方63選【完全ガイド】

性欲が強い・エロい女性の特徴と見分け方63選【完全ガイド】

あなたは「エロい女かどうか」を見極めるにはある特徴をチェックすればいいということを知っていますか? その特徴とは「外見」「性格」「行動」の3つです。エロい女性はこれらの特徴や見分け方があると言われています。詳しく見ていきましょう。


セックス上達方法のコツ10個!セックスが上手くなりたい人へ

セックス上達方法のコツ10個!セックスが上手くなりたい人へ

セックスを上達させて、女性を満足させたい男性は多いはずです。でも、やり方がわからない男性もいるでしょう。そんな男性に朗報です。「セックスを上達させるやり方やコツ」があります。早速、実践してみましょう。


ソファーセックスとは?ソファーでできる体位・楽しみ方5個と注意点

ソファーセックスとは?ソファーでできる体位・楽しみ方5個と注意点

何か新しいセックスや、刺激的なセックスをしたいカップルもいるでしょう。そんなカップル達におすすめなのが「ソファーセックス」です。早速、ソファーセックスでできる体位や楽しみ方を知って、試してみましょう。


最新の投稿


気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

普通のオナニーよりも格段に気持ちいい催眠オナニーをやってみませんか?催眠オナニーってどういうもの?危ないの?おすすめの音声は?といった疑問にお答えしていきます!


クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

筆を使って陰部を刺激する、筆責め。女性の体の中で特に敏感であるクリトリスへの筆責めはマニアックでありながら、多くの変態たちに支持されているプレイです。ここでは、クリトリスへの筆責めのやり方やテクニックを紹介しています。興味がある方は参考にしてみてください。


セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

拘束プレイに興味を持っている方は多いでしょう。しかし、“拘束”という文字がどうも怖いイメージを与えてしまいます。一体、拘束プレイとはどんなプレイで、どのように行なうのでしょうか。拘束プレイについて簡単にまとめています。興味がある方はチェックしてみてください。


SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

sm好きなら縄(ロープ)を使ったプレイに興味がある男女もいるでしょう。sはmを縛り、mはsに縛られる快感がクセになるようです。今回は、smで縄(ロープ)を使うために「種類や選び方」などをご紹介します。


緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

"体を縄で縛りたいor縛られたい"男女は緊縛プレイがおすすめです! 緊縛プレイは縄を使い色々な種類の縛り方をしますが、SM好きにはたまりません。緊縛向きの縄の種類~縛り方の種類までチェックしましょう。