「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは?

オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは?

男性だけでなく、多くの女性もオナニーをします。しかし、女性のオナニーは大々的にPRされることが少なく、メリットがあるのかデメリットがあるのか、詳しく分からないという方もいるでしょう。ここでは、女性のオナニーのメリットやデメリットについて解説しています。


オナニーは男性だけでなく女性もするものです。しかし、女性のオナニーは大っぴらにされることがなく、メリットやデメリットは案外知られていません。女性のオナニーについて一緒に考えていきましょう。

女性にとってのオナニーとは?

男性同様、女性にとってのオナニーは、“快楽を得る”ことに集約されます。膣内に自らの指を入れたり周辺をなぞったり、アダルトグッズを使ったり、さまざまな方法でオーガズムへ達することを目的に女性はオナニーを行ないます。

ただし、女性の場合は男性のように視覚が最大の刺激対象ではないため、多くは“妄想”をオカズにしてオナニーを行なうことが多いでしょう。愛する人を思ったり、憧れの人を思ったり、架空の誰かを思ったり、体も気持ちも満足させるのが女性にとってのオナニーと言えるのではないでしょうか。

男性のように、“自らの性欲を満足させる”という方もいますが、心寂しいとか、安心した気持ちになりたり…など、やはり女性は精神的な安定を求めてオナニーを行ないます。

快楽が気持ちを落ち着かせることから、女性にとってのオナニーは、“メンタルヘルス”の一種と考えてもよいのかもしれません。



オナニーは健康や美容に効果がある?

近年、“男性もオナニーをした方が良い”という風潮になってきており、オナ禁神話が崩れ始めています。一方、女性は以前からオナニーをすべきだ、と言われてきています。

詳しくは後述しますが、女性はオナニーをすることによってβ-エンドルフィンという脳内の快楽物質が多く分泌されるため、多幸感を得ることができ心が安定すると言われているからです。

さらに、エストロゲンなどの女性ホルモンが多く分泌されることから、美容効果も期待されています。

女性の場合、定期的にオナニーを行なうことにより女性ホルモンバランスを整えることが期待されるため、健康や美容にもとても良い効果があると考えられているのです。オナニーのやり過ぎは当然ながら問題ですが、適度な回数であれば間違いなく、女性の健康や美容には貢献してくれるでしょう。

女性のオナニーのメリット8個

ここからは、女性のオナニーのメリットについて考えていきたいと思います。



①自分の身体のことを知れる

女性の場合、男性のようにほぼ全ての人がオナニーをするわけではありません。

“汚らわしくなりたくない…”と、性に嫌悪感を覚えている一部の女性は、セックス以外の時に性的アプローチをしたがらないようです。しかし、オナニーは自らの身体と真剣に向き合い、自らを知ることができるのです。

例えば、自分の膣内はどんな風になっているのか、自分はどの部分を刺激したら気持ちよく感じるのか、どんなテンションでオナニーをすると気持ちよくなるのか…など、自分の身体としっかりと対話することができるのです。

セックス中、ほとんどの女性が受身でセックスを進めます。

その時、自分の身体のことを知っていれば、男性とのセックスがより楽しくなりますし、気持ちよく感じることができるはずです。逆に、性行為しかしていない女性は自分の本当に気持ちいいポイントが分からず、慣れと惰性で繰り返すだけになってしまいます。

セックスを楽しいものにするためにも、積極的に自分の身体と向き合ってみることをおすすめします。

②美容効果が期待できる

軽く前述していますが、女性のオナニーは美容効果を期待することができます。男性の場合、精子に亜鉛をふくめ数多くの栄養素が含まれているため、オナニーをすると肌が衰えると考えられています。

さらに、オーガズムを感じた時に男性ホルモンが急激に分泌されることから、薄毛になったりニキビが発生したりと、オナニーをすればするほどに肌が汚くなる…と言い伝えられてきました。

実は医学的に何ら関係性はないのですが、それほど男性のオナニーは悪と思われている節があるということです。

一方、女性のオナニーは昔から肌が汚くどころか、キレイになると言われ続けています。その理由としては、女性ホルモンが分泌されるとか、ストレス解消によりキレイになると言われているからです。また、オナニーをするのは軽い運動のようなものですし、興奮することで血流が改善しますい。

血流が良くなることで分泌されたエストロゲン(排卵ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)などが身体中に届きやすくなり、結果的に肌がキレイになると考えられています。

一部、例外的な方はいらっしゃいますが、AV女優さんたちは皆、肌がとてもキレイな方が多いとは思わないでしょうか。映像になる…というよりは、全てをさらけ出す仕事なので普段からケアは怠っていないでしょうが、それでも肌質がとても良い方が多いイメージがあります。

彼女たちは、性行為以外にもオナニーをしていると某テレビ番組で言っていましたし、これらの行為が関係している、といっても過言ではないかもしれません。

美容グッズにこだわるだけでなく、オナニーにも力を入れてみましょう。



③睡眠の質が高まる

人間にとって睡眠はとても重要な行為です。

“睡眠を制する者が時代を制す”と言われるほどに、近年睡眠の質を高めることを目的とした書籍やセミナーなどが増加しています。

そんな睡眠の質を高めるための一助になるのが、何とオナニーなのです。まず、軽く前述したようにオナニーは幸福感をもたらし精神を安定させます。また、ドーパミンという快楽物質、オキシトシンという愛情ホルモンも同時に分泌させて気分がどんどん高まります。

そしてオーガズムに達した瞬間は、交感神経が優位になっていますが、その後は一気に副交感神経が優位になります。この例えば、激しく緊張する出来事があった時、それが終わり安心できる場所に来るとほっとして眠たくなることはないでしょうか。

交感神経が圧倒的に支配している時から、急に副交感神経が優位になるとより安心感が増して眠りやすくなると考えられるのです。

そのため、オナニーをしてオーガズムを感じた後、ゆっくりと目をつむり横になることで気分良く睡眠ができるわけです。

ただし、普段から強い不安を感じ続けている方や激し過ぎるオナニーをしている方は興奮状態にあるため、オナニーをしても直ぐに眠りにつけないことがあります。寝付きが悪い、という方は普段の生活の改善もしっかりと見つめ直すことも必要です。

④ストレスの改善

女性のオナニーにおけるメリットといえば、間違いなくストレス解消でしょう。男性の場合、ただ性欲のはけぐちとしてオナニーをすることがありますが、女性のオナニーは快楽だけでなく幸福感も得ることができます。

理由とすれば、ドーパミン、β-エンドルフィンなど、脳内で“快”を感じさせるホルモンや神経伝達物質が多く分泌されるため、ストレス解消に繋がるからです。女性は妄想しながら快楽を得るとお伝えしましたが、そのためオーガズムに達するまでに時間がかかります。

もちろん、アダルトグッズを使えばあっという間にイク人はいるでしょうが、男性と違って数回オーガズムを感じることができるのが女性です。“射精したらおしまい”という男性のあっけないオナニーとは違い、じっくりとオナニーを楽しむことができるのです。

セルフコントロールのひとつと考えてオナニーをするのもアリでしょう。



⑤感染症などを防止できる

女性がオナニーを行なうことで、深刻な感染症などを防止できると言われています。女性がオナニーをする場合、対象となるのは当然膣です。

膣は、人の体の中で最もデリケートな場所と言っても過言ではありません。事実、オナニーをすることでこの部位をキレイにすることができ、清潔な状態を保つことができると考えられているのです。

オナニーをすることで愛液が多く分泌され、それが外部に排除されていきます。この時、膣にとって有害なバクテリアが子宮頸部から洗い流すことになります。尿路感染症の予防にもなりますし、安心して生活をすることができるのです。

⑥アダルトグッズに詳しくなる

基本的には、自分の指を使ってオナニーをするのが一般的です。

しかし、オナニーを続けていると次第に新しい刺激を求めてアダルトグッズが欲しくなってくるものです。女性用のアダルトグッズは数多く存在しており、バイブからローター、ディルドなど、そのデザインや機能も進化し続けています。

前述したように、ストレス解消だったり快眠をもたらすオナニーですので、質の高いオナニーをすることは健康や美容にも必ず役立ちます。アダルトグッズをいろいろと試しているうちに、どういったアイテムが気持ち良いのか、自分に合っているのかを理解できるようになるのです。

生活が豊かになることは間違いありませんので、ぜひアダルトグッズを利用してみましょう。



⑦心臓病の防止にも役立つ

オナニーをする、ということは最終的にはオーガズムを感じるところまで楽しむということでもあります。実は、とある研究によるとオーガズムへ達した回数が多い女性は心臓病と2型糖尿病になりにくいと言われているのです。

これらは、深刻な症状であり罹患すると一般的な生活へ戻すことは大変困難だと言われています。それがオナニーによって抑止できるのであれば、そんな嬉しい話はありません。

ちなみに、男性のオナニーも1ヶ月に21回以上行なっているグループは心臓病などにかかりにくかった、という報告があります、過剰なオナニーは危険な可能性がありますが、適度なオナニーは私たちが抱える深刻な問題をも改善してくれるのです。

⑧骨盤底筋訓練になる

女性は加齢と共に、どんどん骨盤底筋が衰えていきます。“ガバガバマンコ”、略して〈ガバマン〉などとも言われていますが、セックスのやり過ぎという問題もありますが、骨盤底筋の衰えが関係しているとも言われています。

例えば、出産後の女性は骨盤底筋が弱っていることが多く、ペニスへの締め付けが弱く男性が満足できないという状況を作りだしてしまうのです。実は、オナニーを行なうことで骨盤底筋が鍛えられると言われているので注目してみましょう。

まず、オナニーを行なっているとクリトリスの血流がどんどん上昇していきます。そして、筋肉の緊張が訪れ、心拍数なども上がってきます。

結果、子宮が骨盤底筋から上がることで緊張が高まり、筋肉強化に繋がると考えられているのです。

もちろん、ただ指を入れているだけではなく、しっかりとオーガズムを感じるような状態に持ち込まないと血圧が上がってこないので注意が必要です。骨盤底筋を鍛える場合、質の高いオナニーができるように心掛けておくべきでしょう。



女性のオナニーのデメリット4個

女性のオナニーには、メリットが多く存在していることが理解できたと思います。

しかし、女性のオナニーにはそれなりにデメリットも存在しています。ここからは、女性のオナニーのデメリットを4つ紹介していきましょう。

①イキにくくなることがある

指などを使い、ゆっくりと時間をかけてオナニーをされる方は良いのですが、中には強い刺激を求めて過激なオナニーにふけってしまう女性がいます。

より強い刺激が欲しくなると、多少無理をしたオナニーをしてしまいがちです。

例えば、非情に強力なバイブを利用しているとか、相当強い水圧のあるシャワーを股間に当ててオナニーしているとか、足ピンオナニーなどもそれに含まれるでしょう。私たちの身体は、敏感な部分であればあるほど、刺激を与え続けるとそれに馴れてしまいます。

いわゆる馴化です。実際、オナニーもそれと同様のことが起きることがあります。前述したような激しい刺激ばかりを与えていると、一般的なオナニーでは満足できずイケなくなることがあるのです。

さらに、パートナーとのセックスでもオナニーの方が刺激が強く、馴れていることでオーガズムを感じにくくなることがあります。

そうなってしまうと、せっかくの二人の素敵な時間も台無しです。強い刺激を与えてしまっている方は、時間をゆっくりと取り、指などアレンジを加えて強刺激に頼り過ぎない方法でのオナニーに切替えていくことをおすすめします。



②激しい妄想は控えめに

前述したように、女性のオナニーは妄想で成り立っていることが多くあります。中には、AVなどを見ながらオナニーする方もいますが、やはりメインは妄想オナニーと言えるでしょう。

愛する人に優しく抱かれているとか、好きな芸能人とたまたま行きずりでそういった関係になってしまった…という程度であれば問題ありませんが、あまりに激しい妄想ばかり抱くのは危険です。

例えば、ひじょうに危険なSMプレイを想像してみたり、巻き込まれているような状態の妄想、そして非現実的な美男子におかされている妄想など、現実離れし過ぎてしまっている妄想は非情に危険ですので注意が必要です。

普段の生活に関しては問題はないでしょうが、パートナーとのセックスの際、自分の理想とあまりにもかけ離れているということで集中できず、物足りなさを感じてしまうこともあるのです。

誰しも、自分の理想的なセックスができるわけではありませんし、それを相手に無理矢理押し付けるのもトラブルのもとになります。

妄想自体は個人の自由です。しかし、できるだけリアルな方の妄想に少しずつ切替えていった方がご自身のためになるのではないでしょうか。

③感染症の恐れ

女性のオナニーで注意したいところは、やはり感染症の恐れです。男性であっても同様ではありますが、まだ亀頭から尿道に細菌などが入っていかなければ、多少不潔な状態でオナニーをしても問題はないでしょう。

しかし、女性の場合は男性の亀頭のような部位がアソコになっているため、触るだけで細菌感染の危険性が潜んでいます。汚れたままの指をアソコに入れてしまうのはもちろん、不潔なベッドや不潔なお手洗いなど環境にも注意をしてオナニーをすることをおすすめします。

さらに、細菌感染しやすいと言えばアダルトグッズの使用です。私たちは普段、食事をした後の食器やコップなどはキレイに洗い、清潔な状態で利用しています。

それは、口の中にものが入ることが分かっているためですが、股間問題となると案外スルーしがちなのです。膣内というのは、女性の身体の中で最も敏感な場所であり、感染しやすいデリケートな部位です。

そういった意味からも、アダルトグッズのように使ったら使いっぱなし、というアイテムを利用すると炎症を起こしてしまうこともあるのです。オナニーをするためには、まず利用するものなどは全てしっかりと除菌、殺菌されたキレイな状態で利用することを忘れないでください。



④オナニー依存症になる可能性

女性のオナニーは、前述した通り快楽を得られることはもちろん、ストレス解消や健康、美容にも効果があります。

しかし、女性のオナニーは男性と違って中イキですので、射精などを行なうわけではありません。つまり、何度もオーガズムに達することができる、ということです。

これは良いことではあるのですが、依存症を引き起こす恐れがあるため楽観視することはできません。

例えば、イヤなことがあったらオナニーしかないという状況になったり、セックスよりもオナニーの方が快楽度が高いということになると、1日に何度もオナニーをしてしまうことになります。

そうなると、家に引きこもってオナニーばかりしてしまいますし、睡眠を忘れて夜中ずっとオナニーにふけることになります。最悪、パートナーとのセックスで楽しめなくなったり、パートナー自体をつくることすら興味が無くなることもあるのです。“気持ちいい”と感じることは良いことですが、その快楽だけに溺れる…という状況だけには気をつけるべきでしょう。

女性が毎日オナニーしすぎるのは大丈夫?

女性がオナニーをすることに関しては、これといった問題はありません。前述したように、女性がオナニーの問題点は、全て間違ったオナニー方法や頻度から引き起こされるものばかりです。

そのため、正しい方法であれば女性のオナニーは積極的に行なった方が良いと考えることができるでしょう。しかし、1日に何度やれば良いのか、という問題は難しいところです。

その理由は、人によって満足できる回数が決まっているわけでもありませんし、どこまでいったら危険なのか…そういった規定も公的な医学協会で定められているわけでもありません。ただし、1日に2回以上は少々やり過ぎの可能性もあるでしょう。

1日1回、無いし2日1回など、自分のペースをしっかりと見つめ直すことが大切でしょう。また、仮にどうしても自慰行為にふけりたくなったら、運動や趣味、料理などをするなどほかの行為で抑えた方が賢明です。ぜひ、自分にとっての適正回数を見つける努力をしてみましょう。



女性におすすめのオナニー方法3つ

最後に、女性におすすめするオナニー方法を3つ紹介します。

①指を巧みに使う

女性のオナニーの基本中の基本ですが、指の使い方一つで快楽度が変わってくるので訓練すると良いでしょう。まず、オナニーの始めの時にはゆっくりとパンティの上から指でアソコ周辺をなぞります。そして、片手で乳首を摘みながらゆっくりと愛液が溢れ出てくるまで我慢しましょう。

そして、妄想などが盛り上がってきたらそれに合わせて、指をゆっくりと陰部に沿わせます。クリトリスなど、膣穴周辺をゆっくりとゆっくりとなで回し、快楽度を高めます。もう我慢できない、というレベルまで達してきたら後は挿入です。

コツとしては、妄想などの中で挿入シーンと一緒に指を入れるとリアリティがあり、快楽度が高まることでしょう。ちなみに、必ず指の爪は短く切っておくことです。



②擦り付けオナニー

抱き枕など、そういったもので陰部を擦りつけるというオナニー法もおすすめです。

抱き枕などは特に安心した態勢になることができますし、膣内に入れるものではないので、長期的なオナニーをする場合に効果的です。もちろん、衛生面には注意したいですし、あまり強い摩擦を続けてしまうとアソコを傷つけてしまうので注意してください。

より高いレベルで快楽を得たいという方であれば、抱き枕にミニローターをくくりつけ、それに股間をあてがっても良いでしょう。何かを抱きしめながら股間に快楽刺激が与えられる、というのはとても幸せな気分になります。

③ラブグッズで楽しむ

ローターやバイブ、ディルドなど、女性のオナニーをはかどらせてくれるアイテムは多数存在します。

それらを使ってオナニーをするのもひとつの手でしょう。特に、ローターはミニサイズのものが多く、乳首用のものなどもあるので併用して利用するとより強い快楽を得ることができるはずです。

近年、自動で動いてくれる電動バイブなども多くなっているので、エロさと強い快楽刺激を求めている方は少々過激なアイテムを手に入れ、試してみると良いのではないでしょうか。

ちなみに、ラブグッズを使う時はできればラブローションやコンドームを利用した方が安心です。愛液だけではどうしても滑りが悪かったりしますし、衛生面のことを考えるとコンドームもあると安心です。

ただし、自分に合わないグッズだった場合、無理矢理利用するのはやめ、諦めて合うものを探しましょう。自分のことを守ることも、女性のオナニーには重要なことなのです。



まとめ

ここでは、女性のオナニーのメリットやデメリットを紹介してきました。女性にとってオナニーはメリットが多いことがお分かりいただけたと思います。ただし、注意点もそれなりにあります。無理をせず、毎日続けられるような正しいオナニー法を身につけるようにしましょう。

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


オナニー

関連する投稿


オナニーは健康に良い?悪い?メリット・デメリット22個

オナニーは健康に良い?悪い?メリット・デメリット22個

"オナニーをすると健康にイイ! "と聞いたことがありませんか? オナニーの健康説を解明するために、オナニーについて様々なことを調べました。オナニーをよくする人も、あまりしない人もチェックしましょう。 


オナニーでイケない…女性がオナニーでイケない原因と対処方法7個

オナニーでイケない…女性がオナニーでイケない原因と対処方法7個

いけないオナニーで悩んでいるのはあなただけではありません。セックスでいけない女性がいるように、オナニーでいけない女性もいます。いけないオナニーから脱出したい女性は「原因や対処法」をチェックしましょう。


女性がオナニーでイク方法20個!最高に気持ちいいやり方や開発方法は?

女性がオナニーでイク方法20個!最高に気持ちいいやり方や開発方法は?

オナニーが大好きで今以上に気持ち良くなりたい女性や、本当に気持ちいいオナニーでいく方法を知りたい女性はいませんか? 気持ちいいオナニーでいくなら、早速、「オナニーでいく方法20個」を実践しましょう。


女性のオナニー方法おすすめ20選!気持ち良いやり方のコツや頻度・回数

女性のオナニー方法おすすめ20選!気持ち良いやり方のコツや頻度・回数

女性は生理前になると性欲が増すため、オナニーをしている方も多いはずです。オナニー好きやオナニーで気持ち良くなりたい女性は、「おすすめのオナニー方法やコツ」等を知って、オナニーライフを充実させましょう!


妄想オナニーのやり方と楽しむ方法16個!メリットデメリットは?

妄想オナニーのやり方と楽しむ方法16個!メリットデメリットは?

今以上に気持ちいいオナニーをしたい男女はいませんか? オナニー好きの男女は妄想オナニーをしましょう。妄想オナニーはやり方次第で、何倍も気持ちいいオナニーができます。早速、妄想オナニーを見てみましょう。


最新の投稿


クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

筆を使って陰部を刺激する、筆責め。女性の体の中で特に敏感であるクリトリスへの筆責めはマニアックでありながら、多くの変態たちに支持されているプレイです。ここでは、クリトリスへの筆責めのやり方やテクニックを紹介しています。興味がある方は参考にしてみてください。


セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

拘束プレイに興味を持っている方は多いでしょう。しかし、“拘束”という文字がどうも怖いイメージを与えてしまいます。一体、拘束プレイとはどんなプレイで、どのように行なうのでしょうか。拘束プレイについて簡単にまとめています。興味がある方はチェックしてみてください。


SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

sm好きなら縄(ロープ)を使ったプレイに興味がある男女もいるでしょう。sはmを縛り、mはsに縛られる快感がクセになるようです。今回は、smで縄(ロープ)を使うために「種類や選び方」などをご紹介します。


緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

"体を縄で縛りたいor縛られたい"男女は緊縛プレイがおすすめです! 緊縛プレイは縄を使い色々な種類の縛り方をしますが、SM好きにはたまりません。緊縛向きの縄の種類~縛り方の種類までチェックしましょう。


セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

自宅やラブホテルで好きなようにセックスができない、いつも一緒の場所でマンネリ化してしまったというカップルや夫婦もいるはず。セックスができる場所を定番から屋内、屋外などいろいろなパターンで紹介します。素敵なセックス場所を探している方は参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

inbee【インビー】で話題のキーワード


オナニー テクニック フェチ SM ローション セックスの悩み 体位