「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

射精する瞬間の感覚10個と男性の射精後の心理・気持ち5個

射精する瞬間の感覚10個と男性の射精後の心理・気持ち5個

射精。ひと言で言えば、ペニスから精液を排出することですが、実はとても奥が深い行為でもあります。一体、男性の射精はどういったメカニズムになっているのでしょうか。ここでは、射精時の感覚から射精した後の気持ちなど、“射精”を主役にまとめています。


射精。“この一瞬のためだけに生きてる”という方もいるほどの快楽行為のひとつです。しかし、男性は射精する際、どんな感覚なのでしょうか。射精時の感覚、そして射精後の気持ちなどをまとめました。

男性の射精とは?メカニズムは?

勃起したペニスを擦り、射精感が襲ってきたら精子を排出する。普段、あまり考えずにオナニーやセックスをしている方がほとんどでしょう。

しかし、射精は案外複雑なメカニズムによって起こっていることを知っておくのも悪くはありません。まず、精子は睾丸で作られ、“精巣上体”という場所で成長します。その後、“精巣上体尾部”という場所に移動して発射の時を待つ、というシステムになっています。

いわゆる精子タンク的な部分が、“精巣上体尾部”と思っていただいて結構です。さて、精子がしっかりと溜まっている状態で勃起が起こります。その後、射精感の高まりと共にストックされている精子が精管膨大部へと向かいます。

この時、精子を移動させるために睾丸が縮まりますので確認してみましょう。その後、膀胱出口部分に位置する内尿道括約筋と前立腺下の外尿道括約筋の間に精子が入り込み精液が分泌されて精子と混ざります。

括約筋は双方締まっている状態ですが、その筋肉の圧が一定限度を越えた時に射精の瞬間に外尿道括約筋のみが弛緩。結果、内尿道括約筋と外尿道括約筋の間に溜まっていた精子が尿道を通り、勢い良く発射されるという仕組みです。



男性と女性のオーガズムの違い

前述したように、射精とは精子が睾丸で作られた後、性的興奮などによって尿道から精液が排出されることです。

まず、“何かを排出する”ということが男性と女性のオーガズムの最大の違いです。また、勃起に筋肉は関連しないものの、射精時は筋肉が関係しているため、射精の量や勢いなどをある程度コントロール可能です。

溜めに溜めて思い切り発射、という気持ちよさも男性のオーガズムの特徴でしょう。

また、腰部がぞわぞわするとか、ビクンビクンペニスが波打つとか、こういった気持ちよさも必要です。

ただし、女性のように長い時間気分が良かったり短時間に何度もオーガズムを味わえるわけではなく、一瞬強烈な快楽を味わえるだけというところが男性のオーガズムの特徴です。

その後、プロラクチンという性的欲求を抑制するホルモンが分泌されてしまうため、射精後は長時間性的興奮が起こらないのも特徴でしょう。

射精する瞬間の感覚10個

射精のメカニズムや女性のオーガズムとの違いは何となくご理解いただけたと思います。しかし、あまり難しく考えるのではなく、シンプルに射精する瞬間はどういった感覚なのか…ということを知りたいところでしょう。ここからは、射精する瞬間の感覚についてお伝えしていきます。



①無敵状態になったような感覚

射精をする時は交感神経が優位になっていると言われています。つまり、ストレス状態を示すわけですが射精自体を我々はストレスと感じることはありません。

むしろ、人生最高の快楽のひとつと考えるでしょう。これはストレスというよりは、筋肉を収縮させている状態と考えていいかもしれません。

射精時、体全体が硬直するような不思議な感覚に襲われます。

しかし、それは気分が悪いものではなく、“無敵”になったような開放的な気分です。これは憶測ではありますが、射精は人間だけのものではなく動物などにも備わっている行為です。子孫を残すために重要な欲求であり、これが無くなったら種は途絶えてしまいます。

その昔、我々の祖先は今のように屋内で誰にも邪魔されず安心してセックスをする環境はありませんでした。つまり、射精時に何ものかから攻撃されてしまうことも十分に考えられた、ということです。

射精時、筋肉が硬直するのは射精中に攻撃された時、自らの体を守るためだったのではないでしょうか。

これが本当か間違っているかはともかく、射精時に男性は体中の筋肉が硬直して不思議な無敵感を感じているのは間違いないでしょう。

②尿をしているような感じ

当然ですが、尿も精子も全て尿道を通って排出されています。基本的には全く違うものではありますが、射精をしている瞬間というのは尿をしているような感覚でもあるわけです。

具体的にいうと、先ほど言ったように精子は精液と混ざり内尿道括約筋と外尿道括約筋の間で発射の時を待っています。外尿道括約筋が開いて尿道に精子が流れ出していくのですが、内尿道括約筋の方は締まったままです。

精子が逆流して精巣に入っていくことを防いだり、尿が精子と混ざることを防ぐためにこういったメカニズムになっているようですが、要するに“精子と尿は混ざらない”ということでもあります。

具体的に言うと、放尿と射精は似ているのですが、ある意味で別物と考えていいでしょう。

とはいえ、精子は尿道を通って排出されているので尿をしているような感覚と100%別ものだ、というのも言いにくいところがあるでしょう。

普段、ペニスから尿を出しているため、“ペニスから何か出す”という行為は無意識のうちに尿に結び付いてしまっているのです。



③ペニスがびくびくして気持ちいい

よく、アダルト系の漫画などで男性が射精する際、“ビクン!”の文字と共にペニスが脈打ったり体がビクビクしている描写を見かけることがあります。

もちろん、漫画やアニメは創作物なのである程度は誇張された部分もありますが、実際にも射精の瞬間はああいった感覚になっていると考えても良いでしょう。

内尿道括約筋と外尿道括約筋の間に溜まっていた精液を尿道に流し、尿道口まで運ぶためにはそれなりに運動が必要です。

実は、この射精時にペニスがかなり頑張って精液を尿道口まで運んでいるため、ビクンビクンと波打ったような感覚に陥るわけです。

射精をする際、ペニスをずっと握ったままでその動きをチェックしてみましょう。快楽と共にあるため精子が動いている感覚を掴むのは難しいですが、確かにビクンとなっていることを確かめることができるでしょう。

もし、どうしても分からなければパートナーに確かめてもらう手段もあります。

女性の中には、“あ、もう射精するな”ということがペニスの感覚で分かるといいます。“ペニスも生きている”ということを実感することができる、貴重な感覚です。

④腰回りのゾクゾク感

女性もオーガズムが訪れる際、腰回りがゾクゾクすると思いますが男性も同様です。

ただ、それは一瞬で長時間ではないので分からない、という方もいるようです。

本来、その感覚は誰でも味わっているはずなのですが、目先の快楽に気を奪われているためあまり腰部について考えていないのかもしれません。普段、斜視時に腰部のゾクゾク感を味わっている男性の場合、何とも言えない感覚を感じています。

特に、立ちながら射精する時などは下半身に不思議な感覚が襲って来て、思わず体が微動してしまいます。

アダルト系の漫画やアニメでも、射精している男性の体が震えている表現で描かれることがありますが、まさにそのゾクゾク感をあらわしているのではないでしょうか。



⑤睾丸が持ち上がる感覚

射精感が高まってくると、睾丸が縮んでくることがわかります。“金玉が持ち上がる”というような表現を利用する方も多いですが、やはりこれも射精の瞬間の感覚の代表です。

前述したように、睾丸で作られた精子は射精するために尿道まで運ばれます。

精子を運ぶ力は収縮などによる筋肉運動であるため、思い切り尿道口から精子を発射させるためには、ペニス全体に強烈な圧をかける必要があるわけです。

睾丸が縮まることも射精をするための条件のひとつですので、射精時は急に睾丸がキュッと持ち上がるような感覚になるのです。

立ちながらオナニーをする際、射精感が高まって来たら睾丸部を片手で触ってみましょう。

恐らく、かなり持ち上がって硬直した感じになっていると思います。普段、あまり睾丸について考える時は無いと思いますので、とても愛おしく思えるようになるはずです。

⑥幸福感に包まれる

体の感覚だけでなく、射精時は精神的にもさまざまな感覚を味わうことができます。そのうちのひとつが、“幸福感”です。

当然、射精は気持ちいいものですので気分が良いのは当然ですが、幸福感とそれは少し違っています。

射精をする際、セックスをしていれば相手のことを思いながらするでしょうし、オナニーであればおかずにしている対象に何かしらの感情を抱いて精子を排出するでしょう。

この時、相手と繋がって果てることができたという感覚や理想の相手めがけて(妄想も含む)精子を飛ばしている、という何とも言えない幸福感に包まれるのです。特に、セックスをした場合、相手を愛していればオキシトシンなどの愛情ホルモンも同時に分泌されるため、とても幸せな感覚に浸ることができます。

この感覚は、セックス相手やオナニー相手に愛情を抱いていればいるほど感じられる感覚です。



⑦どうにでもなれという開放感

男性であれば、性的興奮を覚えて射精をしたくなった時、許されるのであれば好きなように射精をしたい…と思うはずです。

もちろん、それが全て許されると犯罪を犯す者もあらわれるので要注意なのですが、そのくらいに性欲というのは欲望が強いものです。

さて、そういった部分をクリアして自由に射精ができた時の感覚というのは、全てが開放された何ものにも代え難いフリーダムな瞬間です。

言い方があまり良くないですが、射精感が襲って来てから思い切り射精をする際、“もうどうにでもなってしまえ”という感覚になる方も少なくありません。

例えば、オナニー時であれば、汚れることが分かっているのにもかかわらず布団に射精したり壁に出したり、本に出してしまう人もいるでしょう。

セックスであれば、嫌だと言っているのに相手の顔に出したり、膣内に出してしまうという方も少なくありません。

射精をしている瞬間は、“これをしたらヤバいな”という感覚よりも、“どうにでもなってしまえ!”という欲望が勝ってしまうのです。ただし、終わった後は後悔する人がほとんどです。

⑧悩みや痛みが無くなる

例えば、体を痛めている最中に無理なオナニーをしていたとしたら快楽どころではありません。足を骨折しているのに片足立ちでオナニーは不可能でしょう。

さらに、何らかの重い悩みを抱えている方もオナニーやセックスに集中できず萎えてしまうかもしれません。射精するどころではないはずなのですが、それをも乗り越えて射精する瞬間まで辿り着くと全てから開放される不思議な現象が起こります。

とある研究チームはオーガズム時の脳の状態を調べた研究によると、男性は射精時に強い痛みなどを感じた時に働く部位が活性化していた、という報告をしています。

この部位は、痛みをぐっと抑えて何も感じさせないようにする効果があると考えられています。

実際に、射精時にどういった影響をもたらしているのかまだ分からないということですが、痛みや悩みからその瞬間だけは開放される、という感覚になるのは間違いありません。

人間、常に何らかの不安を感じながら生きているため、忘れているようで痛みや悩みをどこかで感じています。

射精時、本当にそういった部分が全て吹っ飛びます。快楽のためではなく、こういった不安を忘れたいために射精をする男性もいるのです。



⑨思わず声を出したくなる感覚

基本的に男性はセックスをしたりオナニーをしている最中は声出しません。

もちろん、“はぁはぁ”と声を出したりセックス相手を盛り上げるために多少のパフォーマンスはしますが、女性の喘ぎ声のように無意識に声が出てしまう…ということは少ないでしょう。

AVによっても、男優がペラペラと喋りながらセックスを続けていたり、喘ぎ声を出しながらよがっているものに嫌悪感を抱く方もいます。

女性の中でも、セックス中は黙っていてほしいという方も少なくないですし、男性がセックスなどの性的行為中に声を発するということは案外珍しい行為なのかもしれません。

とはいえ、射精時にはなぜか声を出してしまう、そんな感覚に襲われます。意識が全て尿道に行き、ドーパミンで溢れた脳内に筋肉が硬直した体。

そして、不思議な感覚と快楽が襲って来てしまい思わず、“あっ…”とか“う…”とか声を漏らしてしまうのです。

中には、“○○ちゃん!”など性行為やオナニーの対象にしている相手の名前を叫びたくなる、という感覚に襲われるほど我を失う方もいます。男性の射精時は、声を出したくなる。これは制御するのは難しいのです。

⑩生きていることを実感する

男性の中には射精時に“生きている”という感覚を得る方も少なくありません。思い切り自分の好きなようにペニスに刺激を与え、最終的に発射する。男性というのは、女性と違い多くの種を残したいと思って活動している生き物です。

そのため、法律などで許されれば複数の女性と関係を持っても何ら問題と思わない、という方もかなり多いようです。(一夫多妻性の国もあります)

つまり、ただ性的欲求を満たせたことで、“射精のために生きている!”という感覚とは違う、生物学的な“オレは、オスとして生きているんだ!”という感覚を覚えるのでしょう。

“オレは射精のために生きている”という発言も、ただのスケベ野郎ではなく、的を射ているのかもしれません。



気持ちいい射精と気持ちよくない射精の違い3個

同じ射精であっても、気持ちいい射精とそうでないものが存在しています。ここからは、気持ちいい射精と気持ちよくない射精の違いについて考えていきましょう。

①遠くまで飛ばせたか

射精というのは、精子を尿道口から排出する行為です。

そのため、“出せればいいんでしょ?”と思われている節がありますが、案外そうではありません。

射精時、ペニスがしっかりと勃起して射精が起こるメカニズムが滞りになく進まないと勢いよく精子が飛び出しません。尿道口から思い切り精子を飛ばした方が、だらだらと漏れるようなかたちで精子を出すよりも気持ちいいというのは当然でしょう。

しっかりと勃起した状態で、滞りなく精子を出せるようにしておく必要があります。



②寸止めのタイミング

寸止めオナニーにハマっている、という方もいるかもしれません。これは、射精時に根元を思い切り掴んで精子を尿道口に止める方法ですが、間違ったオナニーとして知られている危険な行為です。

ただし、寸止め=我慢をするという意味ではかなり気持ちいい射精になることがあるのも事実です。

例えば、会陰部を思い切り押すことで精子を排出するドアのような役目の外尿道括約筋を押さえることができます。

こういったテクニックを上手に使うことができれば、溜まった精子を思い切り外へ発射するという気持ちいいオナニーをすることができるでしょう。

ただし、やり方が間違っていたり、タイミングを間違えると寸止めにならず、“何となく出てしまった…”という状態になります。かなりテクニックが必要なので、無理をしないでください。

③性的興奮が高いか低いか

女性とセックスをする際、性的興奮が高まり頭がおかしくなりそうなくらいの状況で射精した場合、相当気持ちいい瞬間を味わえます。

射精自体は、基本的にどんな刺激を与えても興奮度さえ高まれば可能です。

とはいえ、中途半端な刺激であったり自分の気持ちが乗らないようなシチュエーションでは、完璧に勃起していない状態でしょうし面白くありません。

仮にですが、とても可愛い風俗嬢にフェラチオしてもらうのと、正直一ミリも好みではない女性にやられるのでは同じ刺激でも快楽度は違います。視覚的なもの、脳内の処理の仕方なども射精の気持ちよさを左右すると覚えておくと良いでしょう。



射精後の心理・気持ち5個

射精はとても気持ちよく、前述したように、“生きている”という感覚すら覚えさせる人生最高の瞬間です。とはいえ、その瞬間が終わった後に男性はどうなってしまうのでしょうか。最後に、射精後の心理・気持ちについてまとめてみました。

①性的なことを考えられなくなる

軽く前述していますが、射精後はプロラクチンという物質が多く分泌されます。

これは、性欲を抑制させるホルモンとして知られており、これが多く分泌されると一切性的なことに興味がなくなります。

女性の中には、パートナーがセックス前は驚くほどに体を求めて来たのに、射精後は女性から求めても一切反応しなくなる…という経験をした方も多いでしょう。

興味が無くなった、というよりは脳内物質の分泌によって一時的にそうなっているだけなので、あまり気にしないで良いでしょう。



②後悔する

性的興奮に溺れ、射精をするまで無我夢中でペニスを擦るのが男性という生き物です。本能が理性を逆転した時、男性はとにかく射精という最高の瞬間を迎えるためにありとあらゆる欲望を叶えようと努力をします。

しかし、射精後は前述したように性欲は無くなります。そのため、本能ではなく理性が勝るようになり、思い切り後悔するのです。

“なぜ、あんなことをしてしまったのか…”。半ば、強引にセックスをしてしまった時などは、相手への謝罪の念だけでなく、半端ではない自己嫌悪に襲われることもあります。

男性は案外ナーバスですので、射精後は後悔ばかりする方も多いのです。

③すっきりして気持ちが落ち着く

不安や悩みなど、こういったことを一瞬でも本当に忘れさせてくれるのが射精です。

スポーツをしたり、美味しいものを食べたり、ゲームをしたりストレス解消法はいろいろとありますが、快楽と共にストレスを一瞬で軽減できる方法は射精しかありません。脳内に幸福感が一瞬訪れ、悩むことも面倒になってきます。

イライラしている時など、思い切って射精をしてしまうと後で気分が爽快になることもあるのです。



④やる気が出る

実際、射精をした後には性欲も無くなり、なんとなくだらけたい気分になります。ただし、射精をすることで男性ホルモンの一種であるテストステロンが増加します。

これは、やる気だったり男らしさに関連するホルモンと言われており、リーダー気質の方やモテ男になれるホルモンと言われています。

何かしら手に着かないとか、行動しなければいけないが立ち止まっている、というようなことがあった時。射精をしてすっきりさせることで、目の前のやるべきことに集中できるようになる男性も少なくないのです。

⑤眠くなる

射精後は、心が安定している状態です。さらに、オナニーやセックスは体力を非常に使いますし脳もフル回転しているため、終わった後に抜け殻のようになります。幸福感も得られますし副交感神経が優位になるため、射精後は眠たくなります。

さらに、射精後は上質な睡眠を取ることができるとも言われており、就寝前のオナニーやセックスは健康面においても良い効果を及ぼすとも考えられています。

ぜひ、睡眠不足で悩んでいるような方がいたら、就寝前のオナニーやセックスを日課にすると良いのではないでしょうか。



まとめ

ここでは、射精時に何が起こっているのか、そして射精後の心理などについてまとめていきました。ペニスから精液を出すだけ。

あまり射精について深く考えない方も多かったと思いますが、案外射精は奥が深いことがお分かりいただけたと思います。

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

最新の投稿


セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

自宅やラブホテルで好きなようにセックスができない、いつも一緒の場所でマンネリ化してしまったというカップルや夫婦もいるはず。セックスができる場所を定番から屋内、屋外などいろいろなパターンで紹介します。素敵なセックス場所を探している方は参考にしてみてください。


中に出してと言う女性の心理・理由10個とセックスでの注意点

中に出してと言う女性の心理・理由10個とセックスでの注意点

女性の口から"中に出して"と言われたら、興奮したり嬉しく感じる男性も多いはずです。では、どうして女性は中に出してほしいとお願いするのでしょうか? 早速、中出しを望む女性の心理などをチェックしましょう。


緊縛プレイセックスのやり方と楽しみ方7個!縛り方・注意点は?

緊縛プレイセックスのやり方と楽しみ方7個!縛り方・注意点は?

ノーマルセックスでは満足できない男女やSM好きの男女は、「緊縛プレイセックス」をしましょう。緊縛プレイセックスをすれば身も心も満足できるはずです。早速、緊縛プレイセックスの楽しみ方などをご紹介します。


SMで縄の縛り方はどれが人気?縛り方の種類と特徴9個

SMで縄の縛り方はどれが人気?縛り方の種類と特徴9個

縄で相手を縛るアブノーマルな行為、「緊縛プレイ」。SMプレイの中でも比較的人気が高く、憧れている方も多いことでしょう。ここでは、SMで人気の緊縛プレイの種類をはじめ、この行為を楽しむ方法や注意点をお伝えしています。興味がある方はぜひ、チェックしてみてください。


精液ザーメンを口移しする心理と理由は?男性と女性で違う?

精液ザーメンを口移しする心理と理由は?男性と女性で違う?

精液を口移しするプレイは特殊ですが、精液を口移しすると興奮する女性もいるでしょう。一方で、精液を飲むのがイヤな男性もいます。今回は、精液を口移しする女性心理・精液を受ける男性心理をチェックしましょう。


最近話題のキーワード

inbee【インビー】で話題のキーワード


オナニー テクニック フェチ SM ナイトスポット 性感帯 クリトリス