「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

青姦とは?やり方と楽しみ方!おすすめスポット場所10個

青姦とは?やり方と楽しみ方!おすすめスポット場所10個

屋外で性行為を楽しむことを、青姦と呼びます。AVなどでよく採用されているセックスプレイであり、一度はやってみたいと憧れを持っている方も少なくないでしょう。ここでは、青姦のやり方や楽しみ方、さらにおすすめの青姦スポットなどを紹介しています。参考にしてみてください。


セックスプレイのなかでも、非日常的な興奮を得ることができるということで人気の青姦。憧れのセックスプレイとして、今もなお大人気です。ここでは、青姦のやり方やおすすめスポットを紹介しています。

青姦とは?

青姦とは読んで字のごとく、「青=青空」「姦=姦淫」を組み合わせた、青空の下で行う性行為を意味する言葉です。

もちろん、今では雨の日も曇りの日も、夜でも屋外でセックスを行えば全てが青姦にカテゴライズされています。

また、屋外というとただっぴろい広場で開放的なセックスをするというイメージかもしれませんが、屋内でも自宅以外のところや半屋外、屋根を有しているところなど、こういったところも青姦と言っても特に問題視されることはありません。

自宅やラブホテル、シティホテルなど、こういった「セックスを行う一般的な場所」以外であれば、総じて青姦と言ってもよいのではないでしょうか。



青姦の魅力

ベッドが目の前にあるのに、なぜわざわざ屋外で性行為をしなければいけないのでしょうか。青姦の魅力は、ずばり“非日常感を味わえる”というところにあります。

人間であれば、誰も見ていないところで思わず悪いことをしたいと思ってしまう衝動に駆られます。しかし、実際には世の中にはやってはいけないようなことが多々あり、それを我慢するわけですが、青姦はそんな“世間一般的に理解されない”行為を楽しむところに魅力があると考えられるのです。

背徳感に加え、屋外という開放感、誰かに見つかったら大変なことになるというリスクも感度を高めます。

なかには、“オレたち、私たちってなんてドスケベなんだろう…”という、自問自答による興奮度の高まりを感じ、燃えてしまう方たちもいます。このような非日常感こそが、青姦の魅力なのではないでしょうか。

青姦のやり方

魅力に溢れた青姦ですが、どのようなやり方で進めればよいのでしょうか。まず、パートナーに青姦が可能か了承を得ます。どちらかが嫌がれば、それはレイプと変わりません。

まず、互いが納得してから場所選びです。人気がなく、安心してセックスできる場所をチョイスしましょう。

これについては後述します。すぐに性行為に及ぶことができるよう、女性はミニスカートやワンピース、男性はチャックからペニスが出しやすいパンツやスウェットパンツを着用するとよいでしょう。

現地に行く前か直前にイチャイチャして性的興奮を高め、周囲に人気がないことを確認したら挿入です。女性はできれば口元を押さえて声が洩れないよう努めます。

男性は快楽に身を委ねているだけでなく、周囲にしっかりと目配りをしていつでも逃げられるスタイルでピストンします。射精後、周囲にゴミなどを残さずにそそくさと退散して終了です。



青姦するときに必要なもの

青姦のやり方をざっくりと解説しましたが、できれば持っていると便利なアイテムをいくつか紹介します。

まず、必須アイテムはコンドームです。避妊という意味もありますが、周囲に精液をばらまくのは絶対にいけません。ミニサイズのゴミ袋を用意し、そこにコンドームのゴミを入れて自宅に捨ててください。そして、ウェットティッシュ。手、性器周辺をキレイに保つことは青姦にとって重要なポイントです。

また、夏場などは虫も多く出るため虫除けスプレー、正常位を楽しむためのレジャーシートなどもあると便利でしょう。

ケガに備えて、傷薬だったりカットバンを用意しておくのもアリですね。青姦で重要なものは、ハイキングの時のように身の安全を守るためのもの、と考えておくとよいでしょう。

青姦の楽しみ方5個

ここからは、青姦をより楽しむための方法を5個紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。



①思い出のある場所で青姦

青姦を楽しむ場合、そのシチュエーションがかなり感度を左右します。二人とも知らない場所で青姦を楽しむのもアリですが、おすすめはどちらかが思い出のある場所での青姦です。

例えば、女性の通っていた学校の近くの公園や何かしらの施設の裏側など、こういった場所で行う青姦はとても興奮します。

自分が子どもの頃に通っていた学校、または今もお世話になっている場所の近くでセックスをしている。こんな背徳感は普通の生活をしていたら、なかなか味わえるものではありません。

“私、何てスケベなんだろう…”と思いながらペニスで感じれば、いつもより早くオーガズムへ達することができるでしょう。その後も、この場所を通る度に青姦のことを思い出し、アソコを濡らしてしまうはずです。

②目隠しプレイ

青姦は、ある意味でSMプレイと言っていいでしょう。公共の場でペニスを出し入れして楽しんでいるのですから、ある意味で露出狂の一歩手前です。そのため、SMプレイとの相性がよく、より青姦を興奮させ楽しませてくれるので、ぜひこれらを取り入れていきましょう。

AVなどでは、鎖をつけたり、首輪をつけてよりハードなプレイを楽しんでいますが、初心者はまず入りやすいプレイがおすすめです。青姦で多い体位はバックスタイルですので、男性が周囲を見渡せるような状態です。

女性はペニスが入っていると周囲に集中できないため、何かがあった時のために女性がM側になりましょう。まず、女性には目隠しをしてもらいます。男性は安全な場所に女性を連れて行き、セックスプレイをスタートさせます。

女性は、周囲の状況が分からず不安で頭がいっぱいでしょう。しかし、膣内には勃起ペニスが激しく出入りしており、脳内はメチャクチャです。まさに、非日常を味わえる大胆なプレイといえるので、ぜひチャレンジしてみてください。



③早朝に青姦

青姦は今、夜に行われることが多い傾向にあります。日中は明るいため人通りが多かったり、目立ちますし、夜でないと会えないという物理的理由もあるでしょう。であれば、早朝はどうでしょうか。

休日の早朝などは時間帯的に、会社に行く人たちもほとんどおらず、健康のために音楽を聞きながらランニングしたり散歩したりしている方だけです。こんな爽やかな朝に、“何かエッチなことをしている人がいるかも”なんて、誰も思わないでしょう。

後述する公園は、ある意味では見つかりやすい危険な青姦スポットと言われていますが、公園での青姦はほかとは違う特別な気持ち良さがあるため、外せないというカップルも少なくありません。

早朝の公園であれば、木陰や人がほとんど通らない草むらなど、いろいろな場所で青姦をすることができます。日中や夜間とは違う、爽やかさを伴った快楽を手に入れることができるでしょう。

④景色を楽しむ青姦

近所の目立たない場所や山奥、さらに商業施設の暗い場所。青姦を手軽かつ安全に行うのであれば、こういった場所がおすすめです。

しかし、青姦の魅力のところでもお伝えしたとおり、開放感もひとつ気持ち良さを高めるポイントです。そこでおすすめしたいのが、広大な景色を楽しむことができる場所での青姦です。田舎のリゾート地や景色が雄大な公園など、こういった場所は平日の日中であれば人気が少なく、ほとんど地元の人たちも通りません。

何度かロケハンを行い、“この時間であれば間違いなく誰もいない”というタイミングを把握して青姦をしに行ってみてください。

背徳感というより、目の前に広がる美しい景色や自然に心奪われながらの青姦は、気分と感度をぐっと高めてくれます。例えば、高級ホテルの最上階の部屋など、ガラスに手を張り付けてバックセックスをしているところを想像してみてください。

開放感、そして勝ち組感が味わえないでしょうか。開放感を感じながらの青姦は、これに背徳感やスリルもプラスされるのですから、興奮しないはずがありません。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



⑤アダルトグッズを併用する

青姦は、ひじょうに原始的なセックスプレイであり、極端なことを言えば裸でも十分に楽しむことが可能です。しかし、青姦セックスの楽しさはバレるかもしれないという“スリル感”にあります。バレる前提でセックスをしにいくのと、そうでないとのでは楽しみが違います。

さて、そんな青姦のスリル感を高める方法としてアダルトグッズを使う、という方法がおすすめです。リモコン式のピンクローターを忍ばせ、青姦を行う場所に到達する前から、さまざまな場所で刺激を与えながら女性を興奮させましょう。

飲食店やエレベーター、商業施設など、人が多くいるところで不意打ち的にスイッチを入れて遊びます。

最初は、楽しんでいた女性も徐々に性的興奮が高まってきてしまい、ペニスが欲しくなってきます。

青姦ができる場所に到達したら、次はやや大きめのバイブを突っ込んでみましょう。相手をしっかりと焦らして苦しめた後、“ペニスをくださいって、頼んでごらん?”など言葉責めを行い、挿入へと進みます。

ペニスを挿入するまでに相手をこコントロールし、さらに青姦への期待感を高めるやり方は二人の気持ちを必ず高揚させます。“今日は一日、オレの奴隷だよ”といったように、しっかりと設定を決めておくと、より青姦を楽しむことができるでしょう。

青姦のおすすめスポット場所10個

ここからは、青姦がしやすいスポットを10個紹介していきます。青姦をやってみたい、という方はぜひチェックしてみてください。



①人気の無い公園

青姦を行うスポットとして必ず挙がってくる場所が、公園です。公園は茂みがあったり、木がたくさん生えていたり、施設などが併設していることから死角が多いと考えられています。

しかし、公園は老若男女誰もが行き来することができる場所であり、さらに日中は人で賑わっていることも多いのでリスクが高いと考えられています。

盗撮の危険性もあるでしょう。そのため、人気がない公園や必ず見つからない時間帯、場所を予め押さえておくことが重要になってきます。念には念を入れたロケハンが必要です。

②海岸

ビーチは青姦を楽しめる開放的なスポットです。下は砂浜でケガをしにくいですし、岩礁近くが死角になりやすいのでイチャイチャしやすいと考えられています。

こちらも公園同様に、人気があるビーチや近接する道路や施設から丸見えなところ、立ち入り禁止のところでの青姦には要注意です。できれば、夏場など海水浴シーズンを避けたほうが成功率が上がるのではないでしょうか。



③屋上

古いデパートやマンション、何らかの施設の屋上はとても開放的で気分が良いものです。

こういった屋上のなかには、ちょっとした死角があったりするので、そこを舞台として青姦を行う方もいるようです。都心ではなく、ちょっとした田舎のスーパーマーケットであれば日中はほとんど買い物客はおらず、屋上でものんびり過ごすことができます。

もちろん、自分が住んでいるマンションの屋上でもよいでしょう。やや天気が悪く、あまり皆が屋上に上がる気分ではないような日だと人気もなくチャンスです。

もちろん、先客がいないか確認したり、誰かが歩いてきていることなどを即座にキャッチできる俊敏さは持ち合わせて臨みましょう。

④カラオケ店

カラオケというと、屋外ではありませんが、冒頭でもお伝えした通り屋外という意味合いではカラオケ店でのセックスも青姦と呼んでよいでしょう。カラオケ店は、基本的に防音設備が整っているため、性的行為をするにはもってこいの場所と捉えられています。

ただし、防犯のためにドアがガラス張りだったり、監視カメラなどが設置されていることも多く、青姦中にスタッフに見つかってしまうかもしれません。

先に、何か飲食物を注文して懸命にカラオケを楽しんでいる風に見せかけ、部屋を暗くしながら分からないように青姦にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



⑤公衆トイレ

公園などに設置されている公衆トイレも、青姦を行う際には便利なスポットと言えます。

かなり多くの人が出入りするような場所ではなく、日中にほとんど人がいないような場所だと成功率が高まるでしょう。

障害者用のトイレなどは、広く鍵もしっかりとかけられるため安心です。ただし、大きな声を出すと周囲に青姦がバレるので、あくまで声を殺しながら楽しみましょう。

⑥大きな橋の下

大きな橋の下は、暗くあまり人通りのないちょっとしたスポットです。そこに座って恋を語らうカップルなども多いようですが、人気が少ない時間帯であれば青姦に発展させることもできます。大きな橋であれば、暗いので土手などから見えにくく、パンパンした音なども上を走る車の音にかきけされます。

ただし、不衛生だったり子どもが遊びに来ることがるので、周囲に誰もいないことをしっかりと確認してから行為に及びましょう。



⑦神社仏閣

神社やお寺などは、誰もおらず静かで厳かな雰囲気の青姦スポットです。参拝客が常に集まるような人気の神社やお寺は厳しいですが、田舎の村にある神主さんもいないような神社であれば、境内の裏側でペニスを挿入するチャンスに恵まれます。

境内の縁側のような場所に座り、誰も通りそうも無いことを確認したら、フェラや手マンに進み、ペニスを挿入してみましょう。

⑧車内

カーセックスも、ある意味では青姦にカテゴライズされます。目立たない山奥であったり、人通りが少ない田舎の道など、こういった場所に車を停めて青姦にはげみます。

周囲にまったく人がいない、ということが確認できる場所であれば、そのまま一旦車の外に出てバックスタイルでペニスを挿入してもいいでしょう。

車の影に隠れることができれば、仮に遠くから車の存在に気がついた方は確認することができません。できるだけ、人気のいない場所をロケハンしておくと、より安心してセックスができるでしょう。



⑨大型駐車場

デパートやパチンコ店、商業施設などは大型の駐車場が完備されています。さらに、立体駐車場であれば暗く、車も多くいるため青姦しやすいと考えられます。

平日、ほとんど客が訪れないような時間帯であれば、老人や子連れの主婦程度しかやってこないので、こっそり声を殺しながら青姦にチャレンジすることができます。

車がやってきたら、立ち話に戻り、人気がいなくなったら挿入。オーガズムにいたるまで、頑張ってみましょう。

⑩観覧車

上級者の場合、観覧車での青姦を楽しむ方もいます。観覧車は基本的に密室ですし、なかにはカラオケができる防音設備が整ったものもあるようです。

バックだと、少し不安定ですので、もっとも高い所に来たら対面座位で挿入すると安心でしょう。もちろん、ほかの観覧車に乗っている人たちがいないことを確認し、性行為を行ってください。



青姦のリスクと注意点5個

青姦は二人の性的興奮を高めてくれる素晴らしいセックスプレイのひとつです。しかし、それなりに注意すべきことも多々あります。ここからは、青姦の注意点を紹介していきます。

①公然わいせつ罪に問われる

屋外でのセックスが興奮する理由に、スリル感があることをお伝えしました。仮に、誰もが屋外でセックスをするような世界であれば、全くスリルを感じず楽しさは半減します。なぜ、青姦は見つかってはいけないのでしょうか。

青姦は、屋外で陰部を出したり、性行為をする行為ですので「公然わいせつ罪」に問われる可能性が高いからです。

仮に、「嫌だ…あの人たちいやらしい!」と言われるだけであればよいのですが、警察に通報され、セックス中にかけつけた警察官に職務質問されたら恐らく逮捕されるでしょう。これが青姦にスリルを感じさせる理由ではありますが、絶対に見つかってはいけないのです。



②ケガなどのリスク

青姦は、野外で行うセックスのため、安全面が考慮されていない場所を舞台として行うことがほとんどです。

そのため、膝を擦りむく、皮膚に何かが刺さる、間違って転倒して大けがをしてしまうリスクも存在します。セックス中、快楽に夢中になってしまうため、特に女性は周りの安全に気を使えません。注意して、セックスをするようにしてください。

③虫さされ

青姦に必要な道具のところでお伝えしましたが、虫除けスプレーは必須アイテムと考えてください。ただし、小虫が飛んでくる程度であれば良いのですが、場合によってはムカデなどの毒虫、蜂やアブに襲われる可能性もあります。

青姦を行う場所によって、さまざまな虫が出てくる可能性を考えながらプレイを行いましょう。



④不法侵入に問われる可能性

屋外でセックスすること全体を包括する言葉が「青姦」ですので、空き家や施設などで行う場合もこれに該当します。

公園など、公共の場で行うよりも人目につく可能性は低く、安全性が高いものの不法侵入者として通報されることもあるので注意です。

特に、長年誰も住んでいなかった空き家に侵入し、大胆に青姦をしていた場合、珍しく人影があるということで近所の方に通報されてしまうかもしれません。不法侵入罪、公然わいせつ罪など、笑えないことになるので注意しましょう。

⑤性病リスク

青姦は、屋外で行うセックスですので、正直言えば清潔感に乏しい状況です。陰部はとても敏感な場所であり、細菌感染しやすいコトでも知られています。男性はコンドームをしているので良いですが、女性はそのまま膣内にばい菌が入ってしまい、炎症を起こすということも考えられます。

もちろん、男性も生ペニスで青姦をする場合はリスクは同等です。青姦をする場合、清潔面には徹底して注意することをおすすめします。



まとめ

ここでは、青姦の楽しみ方やおすすめスポットについてまとめました。青姦は、普段とは違ったスリルや開放感、そして背徳感などを感じられる、楽しく大胆なセックスプレイのひとつです。

しかし、それなりに大きなリスクも背負ってしまうため、細心の注意が必要でもあります。ぜひ、注意事項を頭に入れてから、青姦にチャレンジしてみてください。

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


フェチ

関連する投稿


SMプレイの種類を50プレイ紹介!SM初心者におすすめのプレイがたくさん

SMプレイの種類を50プレイ紹介!SM初心者におすすめのプレイがたくさん

SMプレイには、初心者の方でも手軽にできるプレイがいっぱいです。今回は、SMプレイについて初心者向けから上級者向けのプレイを一気に紹介していきます。また、SMプレイでの注意点やおすすめのSMグッズも紹介しています。


野外セックスおすすめスポット30選!外のエッチで興奮する場所は?

野外セックスおすすめスポット30選!外のエッチで興奮する場所は?

屋外セックスは、男女ともに興奮すると言われている人気のセックスです。スリリングなシチュエーションと快楽が混ざり合った、ほかで味わうことのできない気持ち良さが魅力です。ここでは、屋外セックスとおすすめスポット、注意点などをまとめています。屋外セックスに興味がある方はチェックしてみてください。


温泉セックスのやり方は?場所・方法・注意点は?

温泉セックスのやり方は?場所・方法・注意点は?

非日常的な温泉でセックスをするだけでも、普段のセックスの数倍興奮するものです。特に付き合いたてのカップルやセックス大好きなカップルの温泉旅行となれば、四六時中セックスしていたいもの。ここでは、温泉セックスをさらに楽しめる方法や注意点を紹介しています。参考にしてみてください。


ポリネシアンセックスのやり方とルールは?体位と楽しむ方法とコツ7個

ポリネシアンセックスのやり方とルールは?体位と楽しむ方法とコツ7個

今まで味わったことのないセックスを体験したいカップルは、「ポリネシアンセックス」をしましょう! ポリネシアンセックスをするとセックスの概念が変わるかもしれません。それでは、やり方などを見てみましょう。


パイパン好きな人の特徴は?魅力と好かれる理由7個!ハイジニーナは人気?

パイパン好きな人の特徴は?魅力と好かれる理由7個!ハイジニーナは人気?

パイパンとは、アソコに生えている陰毛を全てなくす、あるいはほとんど無くした状態を指す言葉です。パイパンは男性に人気があるのでしょうか。そして、女性からはどのように捉えられているのでしょうか。ここでは、パイパンについてさまざまな角度から考察しています。


最新の投稿


気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

普通のオナニーよりも格段に気持ちいい催眠オナニーをやってみませんか?催眠オナニーってどういうもの?危ないの?おすすめの音声は?といった疑問にお答えしていきます!


クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

筆を使って陰部を刺激する、筆責め。女性の体の中で特に敏感であるクリトリスへの筆責めはマニアックでありながら、多くの変態たちに支持されているプレイです。ここでは、クリトリスへの筆責めのやり方やテクニックを紹介しています。興味がある方は参考にしてみてください。


セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

拘束プレイに興味を持っている方は多いでしょう。しかし、“拘束”という文字がどうも怖いイメージを与えてしまいます。一体、拘束プレイとはどんなプレイで、どのように行なうのでしょうか。拘束プレイについて簡単にまとめています。興味がある方はチェックしてみてください。


SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

sm好きなら縄(ロープ)を使ったプレイに興味がある男女もいるでしょう。sはmを縛り、mはsに縛られる快感がクセになるようです。今回は、smで縄(ロープ)を使うために「種類や選び方」などをご紹介します。


緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

"体を縄で縛りたいor縛られたい"男女は緊縛プレイがおすすめです! 緊縛プレイは縄を使い色々な種類の縛り方をしますが、SM好きにはたまりません。緊縛向きの縄の種類~縛り方の種類までチェックしましょう。