「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

性器ピアスとは?開ける方法・場所は?危険性と注意点5個

性器ピアスとは?開ける方法・場所は?危険性と注意点5個

近年、ファッション目的やセックスが気持ちよくなるということで、性器ピアスに注目が集まっています。性器ピアスは、その名の通り男性、女性の性器にピアスを開けることですが、どのような方法で開ければ良いのか知らない方も多いでしょう。ここでは、性器ピアスの開け方やセックスの楽しみ方、注意点などを詳しく解説しています。


< ご注意 >
性器へのピアッシングは非常に危険です。実施は必ず専門医のもとでカウンセリングを行った上、デメリットについてもよく理解しし十分に検討し、実施しましょう。


アソコにピアスをする、いわゆる“性器ピアス”に興味を持っている方が増加傾向にあると言われています。海外セレブがファッションとして取り入れた事が引き金になっているようで、以前よりもアウトローなイメージは減って来たようです。

性器ピアスですが、ファッション目的であったり性行為がより楽しくなったり、メリットも多くあるようです。ここでは、性器にピアスを開ける方法や場所、さらに注意点も紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

性器ピアスとは?

性器ピアスはその名前が示しているように、男女問わず性器部分につけられるピアスのことです。身体のさまざまな部位に開けることになるボディピアスの一種であり、亀頭や竿部分、会陰や恥丘部分など、細分化していくとその種類(パターン)は多種多様です。

さて、そんな性器ピアスですが、インドに古くから伝承される性愛に関する書物『カーマ・スートラ』にも記述があるようで、古くから行われている決意や意志を灯した証であり、ファッションのひとつであることでも知られています。
ファッションとしての性器ピアスは、数十年前イギリスを発祥に『乳首ピアス』が広まったようですが、次第に廃れて行き、性器ピアス自体が本格的な流行となったのはかなり近年のことです。


性器は非常にデリケートな部位であることから、出血量が多いことでも知られています。そのためか、強烈な痛みを伴うとも言われており、卓越した専門医の元で施術を受ける必要があります。特に男性の場合、性器にかなりの痛みを伴うのですが、その痛み自体が強烈な快感として感じられることもあるなど、その人の性癖によっても感じ方が違うので、『そもそも自分そういった事に向いているタイプか?」を知る必要もありそうです。

もちろん性器ピアスを実施する方は分別の有る大人であると思いますが、実施については冷静に判断しましょう。



性器ピアスを付けている人は意外と多い?

性器ピアスは、前述したように実施時に強烈な痛みを伴う可能性がある行為です。男性の場合であればペニスの先部分に突き刺したり、竿部分を貫通させるなど、見た目にもハードなものがほとんどです。特定の部位の皮にピアスをする場合は耳たぶよりも痛みが無い箇所もあるようです。

目的は様々ですが、女性の海外セレブがファッション目的として開けていたり、セックス中の特定の行為を気持ちよくするために行っている場合、変わった所ではSMプレイの一環で主従感関係の証とする場合などが多いようです。

またこれから本気で性器ピアスを開けたいと思っている方は意見交換が出来るコミュニティが海外に集中している事も知っておくと良いかもしれません。最新のファッション的性器ピアスの情報交換は英語が出来るとより安心でしょう。

性器ピアスを開ける方法

< ご注意 >
この項目はあくまで方法の解説です。実施は必ず専門医の元で行ってください。自宅やご自身での実施するなど無理をしないようお気をつけください。

「これから性器ピアスを開けたい!」と思っている方も多いはずです。しかし実際に性器ピアスを開けるとなるとどのようなやり方で開けるのか、専門医にかかるとしても気が気でない事と思います。ここでは一般的な性器ピアスの開け方を紹介していきましょう。



①専門医に相談すること

性器にピアスを開けたい場合、決して『軽いノリ』などで開けないようにしましょう。性器は非常に敏感なのはもちろんですが、性行為を行い生殖行動をするための人間にとって重要な部位です。

『専門医で実施しなかった事により命の危険に関わる事故になってしまったケース』として、海外では『友人達と酒に酔ったその勢いのまま盛り上がり、ペニスへのピアッシングを試みたところ、酒の効能で血行が良くなっていた事も悪く働き危険な量の失血に至った』というような事もあります。

注意点は後述しますが、細菌感染しやすかったり、出血を多く伴いトラブルに発展したり、生殖機能や生理機能に支障をきたすなど、日常生活にも多大なる悪影響を与える可能性があります。

そのため、まず男性であれば「自分のペニスにピアスを貫通させることができるのか」「考えうるリスクはどの程度あるのか」などしっかりと専門医に相談すべきでしょう。

女性の場合もピアスを開ける部分によっては大きなリスクを伴うため、同様に医師に相談すべきです。金属アレルギーで無いことを確認したり、正しい消毒の仕方などを聞いておくことをおすすめします。

②ニードルを用意&消毒

性器に穴を開ける際、ニードルが必要になります。まず、先にニードルで穴をあけてからピアスを差し込みましょう。

ニードルには、16G、18G、20Gなどサイズがさまざまありますが、初心者の場合、あまりにも大きなサイズにしてしまうと痛みに耐えられないため、リスクの少ない小さなサイズからスタートさせることをおすすめします。

女性の場合、クリトリスのサイズによってニードルを変化させる必要があるので、しっかりと自分のサイズを確認しておきます。

さて、利用するニードルですが、必ず消毒&殺菌をしておきましょう。ニードルが不潔だった場合、そこから細菌が入り込んでしまうことがります。



③マークをつける

ニードルが用意できたら、次に刺し込む部分をマークします。

ペニスの場合、刺す部位によってはマークが不要とは思いますが、ニードルを差し込む目印になるという意味では、どんな部位であってもマークをつけておくことをおすすめします。マークに利用するのは、洗えばすぐに流れて消えてしまうものにしましょう。

④ニードルを刺す

そして、マークに向かって、思い切りニードルを刺していきましょう。

部位によって多くの血液が出て来てしまうため、できるだけ清潔なハンカチなどを用意して止血が直ぐにできるようにしましょう。

また、男性の場合、ペニスに貫通させるため女性に比べてかなりの痛みを伴うことが考えられます。特に、亀頭にニードルを差し込む際、相当の痛みを伴うということが多く報告されているので、勢い良く刺してしまう事が重要なようです。



⑤部位に合ったピアスを装着

ニードルで穴を開けた後、ピアスを装着します。性器ピアスには、アパトラビアやアンパラング・ピアッシング、リバースプリンスアルバートなど、部位によって利用するピアスが違います。

上級者であれば、自分の好きなピアスを自由にはめるかもしれませんが、初心者の場合はしっかりとその部位専用のピアスを装着するようにしましょう。特に無理に大きいものなどは避けましょう。

また同様に重要なのが『日常生活に支障の無いものを選ぶ』という点です。よくある例として、憧れのピアスがカッコイイピアスが私生活では下着の布を引っかけてしまい不便といった場合などです。

性器ピアスを開ける・付ける場所5つ【男性編】

性器ピアスとひと言でいっても、さまざまな種類があります。まず、ここからは男性における性器ピアスを開ける、付ける場所を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。



①亀頭の縦部分

まずペニスの縦部分、つまり『亀頭の頂点』にピアスにも刺すことが可能です。

『アパトラビア』と呼ばれているピアスは『尿道を貫通させる』スタイルで、男性の性器ピアスの中ではかなり痛みを伴うであろう、上級者のピアスと言えます。

アパトラビアを装着させるためには、必ず勃起させる必要があり、勃起状態から尿道にニードルを貫通させていきます。自らの力でこの部位にピアスを開ける場合、あまりの恐怖になかなか勃起できない、という方も少なくありません。

リスクは高いですが、やりようによっては快楽も伴うと言われているピアスです。ただし非常に危険ななため、必ず専門医に相談しましょう。

②亀頭のサイド

亀頭のサイドから貫くカタチでピアスを通すパターンもあります。

この部分にピアスを通すことをアンパラング・ピアッシングと言いますが、縦にピアスを貫通させるよりも痛みは幾分無いと言われています。とはいえ、尿道を通るように開けられることが基本であるため、痛みはそれなりに伴います。



③尿道を通さないカリ部分

『ここまで紹介してきたものは尿道を通すピアス』でしたが、『尿道を通さずにカリ部分につけるピアス』も存在します。

それらはまとめて『ダイドー・ピアッシング』と呼ばれていますが、垂直のパールピアスを中央、またはサイドにつけるのが基本スタイルとなります。

一部、ぐるっと亀頭に複数ピアスを開ける場合もありますが、これを王冠と呼んでおり、上級者の性器ピアスとして好まれています。

④裏スジ

『ペニスの裏スジ部分につけるピアス』は『フレナム・ピアッシング』と呼ばれており、複数並べると『フレナム・ラダー』という呼び名になります。部族のような攻撃的な見た目が男性に人気のスタイルです。

また裏スジの箇所によっても呼び名は変わり、『ピュビック』『ローラム』など専門用語で呼ばれます。



⑤尿道から亀頭部分

尿道を通さないもの、尿道を中心に通すものなど紹介してきましたが、『尿道口を起点として亀頭につけるピアス』も存在し、『リバースプリンスアルバート』と呼ばます。
また『陰茎の外側から尿道口に向けて貫通させる』場合は、『リバースプリンスアルバート』と呼ばれるピアスとなります。

尿道から亀頭を包むように行うため、丸いカーブド・リングが使用されており、見た目にはナチュラルな雰囲気となります。しかし当然、尿道を通過させているため痛みは伴います。

それぞれ実施は、医師に相談する事と、近くに経験者がいれば予め助言を聞いてみるのも良いでしょう。

性器ピアスを開ける・付ける場所6つ【女性編】

ここからは、女性における性器ピアスは付けられる場所を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。



①クリトリス

女性器にピアスを開ける場合、もっともオーソドックスと言われているのがクリトリスへのピアスです。この部位にピアスを開ける場合、尿道などを貫通させているわけではないので、痛みは伴いますが、『男性の亀頭へのピアスのような』の頂上から刺しこんで来るような激しい痛みを伴うことはないでしょう。

とはいえ、非常に敏感な部位であることに間違いはなく、強烈な痛みはあるので注意が必要です。クリトリス自体に開けるピアスのことは『クリトリス・ピアッシング』と呼ばれておりセレブにも人気の非常にポピュラー(性器ピアスの中では)な物です。デザインもオシャレで可愛い物を筆頭に様々な物が売られています。

真偽のほどは不明ですが、特定のハリウッドセレブが付けているとされるクリトリス用ピアスを特集している海外の通販サイトもあるようです。

②クリトリスの包皮

クリトリス・ピアッシング『クリトリス自体に開けるパターン』と『包皮にだけに開けるパターン』があります。

包皮にだけに開けるパターンは『フード・ピアッシング』と呼ばれており、クリトリスを貫通させていない分、安全面においてはこちらが優位と言えるでしょう。



③クリトリスの縦と横

クリトリス・ピアッシング『縦に刺す場合』と『横に刺す場合』で呼び名が変わります。縦にピアスを貫通させる場合は『バーティカル』と呼ばれており、横は『ホリゾンタル』と呼ばれています。

とはいえ付けるピアスやスタイルも含め「どのようにするか?」を選ぶためには一般的平均より大きいクリトリスを持っている必要があるため、色々な工夫ができる方は極僅かです。

また自分でクリトリスに無理をしてピアスを開けてしまうと、大きなトラブルの原因になりかねませんので、必ず専門医と相談の上、自分にあったスタイルやサイズを検討しましょう。

④尿道を貫通させる

クリトリスをまたぎ尿道の上から恥丘にピアスを通すスタイルを『イザベラ・ピアッシング』と呼びます。尿道を貫通させるために、神経を傷つけてしまう危険性の高いピアスと言われており、十分な注意と、それ相応の覚悟が必要でしょう。決して無理はしない事です。



⑤恥丘や下腹部

恥丘にもピアスを開けることが可能です。クリトリスの上から、恥丘に向けてピアスを通すものを『ネフェルティティ・ピアッシング』と呼んでいますが、陰裂の上部から腹部の下部分に貫通させるタイプもあります。

『ディープ・フード・ピアス』というスタイルに分類されており、『クリスティナ・ピアッシング』などとも呼ばれています。

⑥小陰唇や大陰唇

小陰唇部分に開けるピアスは『インナーラビアピアス』と呼ばれており、大陰唇の場合は『アウターラビアピアス』と呼ばれています。



⑦尿道内

尿道を通るピアスは女性の場合『プリンセス・アルバーティナ』と呼ばれています。尿道口から膣内を通すため清潔を保つ事が非常に困難であり、女性器ピアスとしては最もリスクが高いと言われてます。

「憧れのプリンセス・アルバーティナのためなら日々のマメなケアの手間暇もいとわない!」という情熱と決心が無い方にはオススメできません。

性器ピアスのセックスの楽しみ方5つ

性器ピアスの最大の目的はセックスをより気持ちよく楽しむためでしょう。ここからは、性器ピアスのセックスの楽しみ方をいくつか紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。



①下着の上から楽しむ

性器ピアスは、内部に入ってしまっているものではなく、外部分に付けられているのが一般的です。そのため、普段装着している下着からこんもりとそのシルエットが出てきますので、それを利用したプレイもおすすめです。

例えば、男性であればペニスのシルエットが分かるような下着を装着し、その飛び出したピアス部分を引っ張ってもらうなどして、快楽を得るようにアプローチします。女性も同様に、パンティの上からピアスを刺激してもらうことで、新しい焦らしプレイを楽しむことができるのです。

ただし、ピアスが繊維に引っかかってしまい、強烈な痛みを伴わないように注意しながらプレイを続けてください。

②性器ピアスを使ったフェラチオやクンニ

性器ピアスは、当然ですが性器部分に装着されているため、フェラチオやクンニなどにも影響を与えます。普通通りにフェラチオをしても楽しめますが、その性器ピアスを舐めたり甘噛みしたりと、普通とは違ったやり方で楽しむとより高い快楽を得ることができるでしょう。

女性器を男性が舐めるクンニにおいても、性器ピアスを引っ張ったり一緒に舐めたり、アレンジを加えながらのプレイで女性に強い快楽刺激を与えることもできるはずです。



③性器ピアスを意識した挿入

性器ピアスの多くが、挿入時にその威力を発揮します。例えば、男性の場合は突起しているピアス部分が膣内にほど良く引っかかるため、女性側は新鮮な刺激としてセックスを毎回楽しむことができます。

さらに、男性にとっても挿入して性器ピアスが引っかかりとなるため、場合によってはより強い快楽を得ることができるでしょう。

女性器の性器ピアスでは、クリトリスにつけるものが多いですが、挿入されると性器ピアスがクッションとなり、刺激となるためダブルの快楽を得ることが可能です。性器ピアスが、互いの気持ちよい部分を刺激できるようなセックスの仕方をパートナーと研究してみるのもオススメです。

④シックスナイン

性器ピアスを男女で装着していた場合、おすすめはシックスナインです。交互に交わり、互いの性器を刺激するプレイスタイルのひとつですが、シックスナイン状態で、性器ピアスを刺激すると、いつどのタイミングで性器ピアスに刺激が来るのかわからないため、より性器が敏感に反応してくれます。

引っ張ったり、舐めたり、いろいろな方法で相手を刺激してみましょう。



⑤アダルトグッズを活用する

性器ピアスそのものは金属ですので、身につけているだけでも、性器を刺激する状態にあります。そのため、性器ピアスをつけているセックスを最大限楽しむためには、アダルトグッズなどを利用するという手もあります。

例えば、バイブレーションなどを性器ピアスに与えることで、金属からの振動が繊細に性器を刺激します。

直接では無いですが、金属を通じてやってくる独特の刺激が焦らし効果を高め、よりセックスを楽しくさせてくれます。性器ピアスを上手に利用することが、普段のセックスのレベルを上げることに繋がるのです。

性器ピアスの危険性と注意点5個

最後に性器ピアスに関する注意点をまとめましたので、確認しておきましょう。



①消毒などは必ず行う

性器は哺乳類にとって重要な生殖機能を持った器官です。そのため細菌感染などには十分に注意する必要があります。ピアスが不潔だったり、開通作業を専門医の元で行わなかった場合など、様々な要因が重なって炎症を起こしてしまうこともあります。

必ず、消毒や殺菌をしてから貫通させるようにしましょう。

②出血により日常生活が困難に

性器にピアスを貫通させることに伴う出血は場合によっては相当量になります。なかなか止血に至らず日常生活にも悪影響を及ぼすこともあります。そういった際は傷口が塞がるのを待ち、再度開通作業を行う事も有ります。



③チーズカッター現象

女性の性器ピアスの場合、クリトリスが主な装着部分ですが、あまりに小さなピアスをつけるとチーズカッター現象が起こります。小さなピアスの場合、服などに引っかかりやすいため、注意しないと強烈な痛みを伴うことがあります。

④普通の快楽で満足できなくなる

個人差がありますが、性器ピアスによってセックスで以前より強い快楽が得られる場合もあります。それによってどんどん追加のピアスを開けたくなる方もいます。無謀なチャレンジを続けると、後戻りできなくなるので注意してください。特に凝り性の方は要注意です。



⑤一般的に理解されにくい

性器ピアスの愛好者は一定層おりますが、世界的に見てもまだまだ市民権は得られていないと言えます。保守的な日本国民の間ではなおのことです。相手がごくごく一般的なタイプの人物どんなに理由を説明しても相手が理解を示さない可能性は非常に高いと思っていた方が良いかもしれません。

もしも身の回りに性器ピアスの先輩がいらっしゃれば、色々な意見を聞かせていただくのがオススメです。そして実施は、必ず専門医に相談し安全面を確保した上で臨みましょう。

まとめ

ここでは、性器ピアスの開け方やセックスの楽しみ方、注意点などを紹介していきました。性器ピアスは箇所によっては手軽に自分で開けられてしまいますが、やはりリスクの高さはボディピアスの中でも、群を抜いています。必ず、専門医に相談の上、施術を行うようにしてください。

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


ピアス SM

関連する投稿


SMプレイの種類を50プレイ紹介!SM初心者におすすめのプレイがたくさん

SMプレイの種類を50プレイ紹介!SM初心者におすすめのプレイがたくさん

SMプレイには、初心者の方でも手軽にできるプレイがいっぱいです。今回は、SMプレイについて初心者向けから上級者向けのプレイを一気に紹介していきます。また、SMプレイでの注意点やおすすめのSMグッズも紹介しています。


SM調教セックスプレイ20選!ドM女性を調教する方法とテクニック

SM調教セックスプレイ20選!ドM女性を調教する方法とテクニック

調教。本来は、動物などに向けて使われる言葉ですが、男女間の間でも良く利用される用語です。ドM気質の女性などは、調教次第で男性が思う変態的なプレイに全て応えてくれます。ここでは、SM調教の仕方をはじめ、さまざまな側面から調教セックスプレイについて解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。


スカトロセックスとは?やり方と楽しみ方11個!好きな人の特徴は?

スカトロセックスとは?やり方と楽しみ方11個!好きな人の特徴は?

スカトロセックスは、糞や尿などを使用したプレイのひとつです。これらに興奮を覚える方は少なくなく、マニアックでありながら高い快楽が得られる興味深いセックスプレイでもあります。ここでは、スカトロセックスのやり方や楽しみ方などをまとめています。


露出プレイとは?やり方・楽しみ方12個とおすすめ場所スポット・体験談

露出プレイとは?やり方・楽しみ方12個とおすすめ場所スポット・体験談

露出プレイをしたことがない男女は損をしている! と言っても過言ではありません。露出プレイは今以上に気持ちいいセックスやオナニーができます。では、「露出プレイのやり方や楽しみ方」などを見ていきましょう。


筆責めプレイとは?やり方と楽しみ方10個!乳首やクリトリスを責める

筆責めプレイとは?やり方と楽しみ方10個!乳首やクリトリスを責める

筆責めは、筆を使用した変態的なセックスプレイのひとつです。くすぐったさから、焦らしに変わり、最終的に快楽へと繋がっていく人気の高いプレイとして人気です。筆責めのやり方や組み合せやすいセックスプレイについてまとめました。興味のある方は参考にしてみてください。


最新の投稿


臭い男子はモテない!セックスでドン引きされる女性の嫌いなニオイ箇所6つ

臭い男子はモテない!セックスでドン引きされる女性の嫌いなニオイ箇所6つ

男のみなさんは、自身が放つ臭いについて考えたことがありますか?ハッキリ言って臭い男はモテません。また、セックス時は女性に引かれる可能性があります。今回は「臭いを解消する方法」などをチェックしましょう。


気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

気持ちよすぎて危険!?初心者におすすめの催眠音声をランキング形式で紹介!

普通のオナニーよりも格段に気持ちいい催眠オナニーをやってみませんか?催眠オナニーってどういうもの?危ないの?おすすめの音声は?といった疑問にお答えしていきます!


クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

筆を使って陰部を刺激する、筆責め。女性の体の中で特に敏感であるクリトリスへの筆責めはマニアックでありながら、多くの変態たちに支持されているプレイです。ここでは、クリトリスへの筆責めのやり方やテクニックを紹介しています。興味がある方は参考にしてみてください。


セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

拘束プレイに興味を持っている方は多いでしょう。しかし、“拘束”という文字がどうも怖いイメージを与えてしまいます。一体、拘束プレイとはどんなプレイで、どのように行なうのでしょうか。拘束プレイについて簡単にまとめています。興味がある方はチェックしてみてください。


SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

sm好きなら縄(ロープ)を使ったプレイに興味がある男女もいるでしょう。sはmを縛り、mはsに縛られる快感がクセになるようです。今回は、smで縄(ロープ)を使うために「種類や選び方」などをご紹介します。


最近話題のキーワード

inbee【インビー】で話題のキーワード


フェチ SM オナニー テクニック ソープ