「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

尿道開発方法10選!尿道オナニーは激ヤバで危険?

尿道開発方法10選!尿道オナニーは激ヤバで危険?

尿道に異物を入れ、前立腺を刺激してドライオーガズムを感じる尿道オナニー。興味はあるけれど、一体どうすれば良いのか、分からない方も多いでしょう。確かに、尿道開発の方法や危険性、どんなグッズがあるのか、なかなか自分で探求する機会が無い方が多いはずです。ここでは、尿道オナニーに興味がある方のために、さまざまな情報をまとめています。ぜひ、参考にしてみてください。


自らのペニスを握り締め、こすり続けることで快楽を得るオナニー。男性であれば誰もが最高の気持ち良さを得るために、日々よりレベルの高いオナニーを探求し続けているはずです。さて、そんな男性が行うオナニーの中でも、最上位にランクインするであろう、至極のオナニーがあります。それが、「尿道オナニー」。

射精を行わないドライオーガズムという方法で快楽を得るこの尿道オナニーは、今多くの男性から注目されています。ここからは、尿道オナニーについて解説していきたいと思います。

尿道は感じる?

尿道オナニーとは、その名の通り尿や精子の通り道である、「尿道」を使ったオナニーです。そもそも一般的なオナニーはペニスをしごいて興奮度、快楽度を高めて射精することが最終目標ですが、尿道オナニーは射精を目的としません。中には、射精を兼ねて尿道オナニーを行う方もいるそうですが、ほとんどがドライオーガズムを得るためのオナニーです。

尿道の先には前立腺、そして奥側に膀胱が存在するのですが、前立腺を刺激してあげることでオーガズムを感じます。射精を伴わないのですが、女性のように電気が体中に走るような独特の快楽が得られ、一度をそれを知ってしまうと普通の射精では物足りなくなってしまう、とすら言われているのです。

ただし、膀胱を刺激すると尿を出したくなるので、そこまで奥を刺激せず、ピンポイントで前立腺を刺激することが大切。尿道オナニーによるドライオーガズムは、小便を我慢し続けた後に一気に出している開放感も楽しめると言われているなど、多種多様な快楽を得られます。数ある男性のオナニーの中でも、尿道オナニーは非常に興味深いオナニーなのではないでしょうか。



尿道オナニーとは?

さて、ここからは実際に尿道オナニーについて紹介していきます。尿道オナニーとは、尿道にそれ相応のアイテムを差し込み、前立腺を刺激して快楽を得るオナニーです。そのアイテムは主に医療用のカテーテルと呼ばれている細い棒状のアイテムで、これを尿道部分にゆっくりと差し込んでオナニーします。ドライオーガズムは、尿道先の前立腺を直接刺激することが発生するのですが、実はアナルオナニーでも可能です。

ただし、アナルオナニーは前立腺を間接的に刺激するため、快楽度であれば尿道オナニーの方が高いと思われます。もちろん、人によって好みも違いますし、ドライオーガズムを目的とせずに楽しんでいる方もいます。尿道オナニーに興味に興味がある方は、まず一度成功させてみてから、続けるか否か選んでみても良いでしょう。

尿道オナニーの基本的なやり方

では、より具体的に尿道オナニーの基本的なやり方について紹介していきましょう。



①道具を消毒する

詳しくは後述しますが、尿道オナニーは非常にリスクが高いオナニー方法として知られています。尿道は、尿や精子の通り道ですので、とてもデリケートです。さらに、普通に無理矢理広げないと広がらないスペースということは、人体の中でも特に弱く、繊細な部分であることが理解できるでしょう。

ここに菌が入ると尿道炎を起こすこともあり、後々大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。まず、尿道オナニーをする前にカテーテルなど、これらを熱湯消毒、アルコール消毒するところから始めましょう。もちろん、手などもしっかりと洗っておくことをおすすめします。

②通常時のペニスに差し込む

“オナニー”というと、勃起ペニスを利用して行うというイメージがあるかもしれません。しかし、尿道オナニーを行う場合は勃起していないペニスを持ち上げ、尿道にカテーテルを入れていきます。

勃起していると、前立腺まで届きにくいですし、萎えて来た時にも危険です。そのため、通常時のペニスで尿道入口を広げ、ゆっくりカテーテルを入れていきましょう。



③前立腺刺激を行う

尿道にカテーテルが入ったら、ゆっくりと奥部分に差し込んでいきます。大体、尿道口から25センチ前後のところに前立腺があるので、そこをゆっくりと刺激しましょう。

前立腺を刺激した途端、ドライオーガズムが感じられるわけでは無いので、時間をゆっくりとかけて快楽を得ることができます。どんどん気分が上がってきたら、少々勢いをつけてもいいですが、尿道を傷つける可能性もあるので注意しながら利用するようにしましょう。

尿道開発方法10選

尿道オナニーを行いたい、と思われた方は多いはずです。しかし、ここでひとつ注意点があります。それは、尿道オナニーをするためには「開発」を行う必要がある、ということです。尿道開発を行わないと、前立腺を刺激する気持ち良さではなく、痛みを伴いそれどころではないでしょう。恐怖心の克服も重要です。ここでは、尿道開発の方法を10個紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。



①尿道カテーテルを使う

尿道を開発するための方法の大定番が、尿道カテーテルの利用です。尿道カテーテルは、医療用にも使用されているアイテムであり、SMクラブなどでは女王様が使用していることでも知られています。尿道を開発する場合、滅菌済みのカテーテルがおすすめです。特に、おすすめは「ロビンソンカテーテルA滅菌済」というもので、太さは2.5mmから6mm程度まで揃っています。

初心者は短い方が良いと言われていますが、尿道オナニーマニアの中には、細い方が痛みを感じやすいということですので、中間の太さで開発を行うのが良いかもしれません。何度も利用せず、できるだけ使い捨てのカテーテルを利用するようにしましょう。

②キシロカインゼリーを利用する

カテーテルを利用して開発を行う前に、基本的にはローションと同様の役割を持っている「キシロカインゼリー」を使用することをおすすめします。尿道は、精液や尿といったものの通り道となっているため、かなりデリケートですし、異物を入れるような場所ではありません。
そのため、とても繊細です。カテーテルにキシロカインゼリーを塗り、しっかりと滑りを良くしてから尿道にゆっくりと入れ込みましょう。



③尿道ブジーを使う

尿道開発となると、医療用のカテーテルを利用する方が多いですが、実は、そこまでこのアイテムが尿道開発に向いているとは限りません。そもそも、医療用の現場で使用するために開発されたアイテムで、自宅で男性が快楽を得るために作られたアダルトグッズではありません。そのため、多少痛みを感じやすく、初心者はあまり気持ち良さを得られない、とも言われています。

カテーテルで痛みを感じてしまった方は、金属製の尿道ブジーを利用してみましょう。尿道ブジーは、金属製ですので滑らかであり、素材的には安心して使うことができます。さらに、先端に丸みがありますし、ほどよくカーブがあるので角度もつけやすく使い勝手が良いようです。利用する前には、しっかりと殺菌消毒して尿道にゆっくりと突っ込んでいきましょう。

ただし、あまり前立腺を強く刺激しすぎると破れたり、痛みを伴ってしまうことがあります。あくまで、あまり奥深く入れるのではなく、尿道拡張に馴れさせるために利用してください。使用後は、尿道ブジーをしっかりと殺菌することも、忘れないようにしましょう。

④尿道リングプラグを利用

SMグッズのひとつとして人気が高いのが、尿道リングプラグというアイテムです。女性器や男性器を快楽に導く一般的なアダルトグッズは少なくないのですが、尿道開発のためのアダルトグッズはひどく数が少ないようです。

とはいえ、一部の変態たちの需要に応えたい、という力強い声に後押しされた一部メーカーが尿道用のアダルトグッズを作っているので、根気良く探してみましょう。さて、尿道開発をM気質を利用しながら行いたい方のためのアイテムが、尿道リングプラグです。

尿道拡張用のアイテムとして知られており、8mmという大きな棒状のものが多くあります。ステンレス製で作られているものなのですが、リングがついています。このリングが亀頭にしっかりと引っ掛けられるデザインとなっているので、前立腺を激しく突き過ぎないようになっています。
初心者の場合、あまりにも気持ち良くなってしまうと、勢い良くどんどん前立腺を刺激してしまうことがあります。

炎症を起こす可能性や破れてしまう、夜痛過ぎて眠れなくなるなど、さまざまなトラブルが発生しやすくなります。逆に、強烈な快楽を得にくいアイテムなのですが、尿道開発初心者にはおすすめのグッズなのではないでしょうか。



⑤尿道バイブレーターを利用する

尿道バイブレーターとは、その名前の通り、バイブレーション機能を搭載している開発器具です。ある程度、カテーテルなどで尿道が開発されている方で、10mm以上の棒が入る方がおすすめです。微細な振動が発生する尿道グッズとなっており、ある程度尿道に入ったらそこでバイブレーションを押して楽しみます。

しっかりとローションを利用し、短時間楽しむようにしましょう。奥に突っ込みすぎると、膀胱を刺激してしまうことになり、尿意が強烈に押し寄せてくることがあります。あくまで、拡張用として利用するようにしてください。

⑥ボールタイプのグッズを使う

尿道開発用におすすめのグッズが、数珠つなぎのようなスティックです。アナルオナニーに詳しい方であれば、見たことがある方も多いと思いますが、結び目のようなボール状の突起のようにたくさんついているアイテムです。

一般的に、滑らかなストレートタイプのグッズが尿道開発に向いているのですが、それでも気持ち良さも欲しい、という方にはボールタイプをおすすめします。

尿道オナニーは尿道開発が主な目的と言われていますが、尿道の中に入っているという刺激が好き、という方もいます。そのような方は、一般的なストレートタイプのアイテムだと満足できません。そのため、ボコボコしたこういったアイテムを利用すれば、刺激を得られるわけです。見た目のエロさも相まって、興奮度が上がることでしょう。



⑦ウィダーインゼリー(ウィダニー)

尿道開発の中でも、かなりマニアックなテクニックと言われているのが、ウィダーインゼリーを使用した開発方法です。マニアの中では、“ウィダーインゼリーでオナニー”なので、“ウィダニー”などとも呼ばれています。

ウィダーインゼリーをしっかりと揉みこんで柔らかくした後、尿道にあてがってにゅるにゅる中に入れていく開発方法です。尿道の中に、にゅるにゅるとした物体が入ってくる感触が気持ちよく、前立腺などは刺激できませんが、独特な感覚が楽しいと言われています。

しかし、尿道は狭く、もれてしまうので1本ではとても足りず、2、3本は使用することになると言われています。雑菌が入りやすく、後処理も難しいので上級者の開発方法と考えられるでしょう。

⑧100円均一のアイテムを使う

もっと身近なもので尿道開発を行いたい、という方もいるでしょう。そういった方は、100円均一で売っているグッズで自家製の開発道具を作る方法をおすすめします。マニアの中で話題になっているのが、100円ショップで売っている「おゆまる」という商品とタコ糸で作るアイテムです。

この「おゆまる」ですが、熱湯に浸しておくと柔らかくなっていき、冷やすと固まるという商品です。まず、タコ糸を何個がコブをつくって数センチの長さにしておきます。「おゆまる」を柔らかくしたら、素早く垂直になったタコ糸にこれを塗布して、棒状に固めていきます。

これで、しっかりと「おゆまる」が固まるのを待てば、棒状の物体の出来上がりです。コブもついているので、ボールタイプの尿道グッズのようにも見えます。「おゆまる」で作った部分はかなり滑らかですので、安心して利用可能です。ただし、しっかりと殺菌したり、利用後はできれば捨てて都度作る方が安心かもしれません。



⑨ガラス素材の棒を使用する

カテーテルや尿道ブジーなどが開発の尿道基本ですが、実は案外痛く、初心者では痛みに耐えられないこともあると言われています。尿道マニアの中では、もっとも優れているのがガラス製ということになっています。割れてしまうイメージがありますが、尿道に入れるくらいですと、かなりの力を入れないと割れないので安心だそうです。

非常に滑らかで、繊細なタッチですので一切の痛みがありません。衛生的ですし、興味がある方はガラス棒での開発もいいのではないないでしょうか。

⑩女性に手伝ってもらう

一人だと、どうしても興奮できないとか、恐怖で奥まで入れられない、という方も少なくありません。前述してきたアイテムを購入したら、女性に入れてもらうのもおすすめです。

パートナーやセフレなど、尿道開発に理解がある方にしっかりと注意点を説き、二人で開発を進めましょう。女性から責められている、という気持ちになればある程度は我慢できますし、快楽にも繋がります。どうしても一人では無理だ、という方はこちらの方法を試してください。



尿道開発の危険性と注意点3個

尿道は、時間をかけて開発をしていくことが求められます。しかし、尿道開発で忘れてはいけないのが、「常に危険と隣り合わせの行為」であることです。ここでは、尿道開発の危険性と注意点について紹介していきます。

①尿道炎の危険性

尿道オナニーで最も注意したいのが、尿道炎です。何度もお伝えしていますが、尿道はそもそも異物を入れて快楽を得るための場所ではありません。感染しやすく、とてもデリケートな場所ですので、殺菌消毒はもちろん傷つけてもいけないのです。

仮に、尿道オナニーで尿道炎になってしまうと、夜寝る時も痛みは続きますし、尿と共に膿などが出てきて強烈な痛みを生じます。泌尿器科にかかるのは当然ですが、尿道オナニーというのも恥ずかしいものです。注意しましょう。



②膀胱炎の危険性

尿道炎もかなり辛いですが、さらに上に行くと膀胱炎になってしまう恐れがあるので注意です。膀胱は、前立腺の奥にある部分ですが、ここに細菌などが入り感染してしまうと、血尿や残尿感、尿時の下腹部の痛みなど、さまざまな症状があらわれます。

さらに、注意しないと腎臓部に細菌が入り込んでしまうため、重篤な症状へ進行することもあります。必ず、泌尿器科に相談するようにしましょう。

③後処理が重要

尿道オナニーをする前の殺菌消毒は、基本中の基本です。しかし、多くの初心者の方が忘れがちなことに、後処理があります。使用した器具は使い捨てできるなら廃棄、何度も利用できるのであれば徹底した殺菌消毒を行うのは当然ですが、尿道自体もキレイにします。尿道の後処理は、小便でOKです。

直ぐに小便が出る方であればいいですが、難しいようならプレイ前にお茶やコーヒーを多く飲んでおくなどして、出やすい状態にしてください。しっかりと尿で洗い流すことで、尿道も清潔に保たれます。ぜひ、後処理も手を抜かずに行いましょう。



尿道開発に使えるアダルトグッズ3選

最後に、尿道開発におすすめしたいアダルトグッズを3つ紹介します。ぜひ、尿道開発に興味がある方は利用してみてください。

①ユリースラバー

ユリースラバー(06)

尿道刺激を安全、そして気持ち良く行いたい方のために開発されたのが「ユリースラバー」です。100%シリコン製の尿道器ですので、衛生面にもこだわったアイテムということが分かります。比較的大きめの波状のデザインとなっており、中級者も満足できる仕上がり。多目的リングもついているので、幅広い使い方が楽しめるでしょう。



②ブラックロック ダブルインパクト

ブラックロック ダブルインパクト

ダブルインパクトローターが搭載されている、強力な快楽を得られる尿道器が「ブラックロック ダブルインパクト」です。尿道と裏スジの二カ所に振動を与えられるので、別々の快楽を同時に得ることが可能です。さらに、2色のローターの装着位置を変えられるので、飽きずに利用可能。7段階の振動パターンが搭載されているので、長く愛用することができそうなアイテムです。

③リバース ディーパー

リバース ディーパー

シンプルな見た目でありながら、使うと奥が深い尿道マニアが喜ぶ尿道器「リバース
ディーパー」。ひっくり返して使用するタイプで、クリアボディがとてもスタイリッシュです。先端の突起が尿道部分を刺激したり、擦り上げながら刺激するムーブゲートなど、形状にこだわった逸品となっています。3タイプの刺激を使い分けできるため、初心者から上級者まで、幅広い方々に対応します。



まとめ

ここでは、尿道開発や危険性、おすすめグッズなど解説してきました。尿道オナニーは、男性用オナニーの中でもかなりレベルが高いプレイのひとつですので、ある程度の知識と心構えが必要となってきます。危険度も高いですし、遊び半分で楽しむには向いていないかもしれません。

しかし、しっかりと知識を蓄え、安全面を意識して開発すれば他に無い、新しい快楽を得られる可能性も秘めています。ぜひ、今回の記事を参考にして、尿道オナニーについて研究してみてはいかがでしょうか。


高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

関連するキーワード


オナニー

関連する投稿


オナニーは健康に良い?悪い?メリット・デメリット22個

オナニーは健康に良い?悪い?メリット・デメリット22個

"オナニーをすると健康にイイ! "と聞いたことがありませんか? オナニーの健康説を解明するために、オナニーについて様々なことを調べました。オナニーをよくする人も、あまりしない人もチェックしましょう。 


オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは?

オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは?

男性だけでなく、多くの女性もオナニーをします。しかし、女性のオナニーは大々的にPRされることが少なく、メリットがあるのかデメリットがあるのか、詳しく分からないという方もいるでしょう。ここでは、女性のオナニーのメリットやデメリットについて解説しています。


オナニーでイケない…女性がオナニーでイケない原因と対処方法7個

オナニーでイケない…女性がオナニーでイケない原因と対処方法7個

いけないオナニーで悩んでいるのはあなただけではありません。セックスでいけない女性がいるように、オナニーでいけない女性もいます。いけないオナニーから脱出したい女性は「原因や対処法」をチェックしましょう。


女性がオナニーでイク方法20個!最高に気持ちいいやり方や開発方法は?

女性がオナニーでイク方法20個!最高に気持ちいいやり方や開発方法は?

オナニーが大好きで今以上に気持ち良くなりたい女性や、本当に気持ちいいオナニーでいく方法を知りたい女性はいませんか? 気持ちいいオナニーでいくなら、早速、「オナニーでいく方法20個」を実践しましょう。


女性のオナニー方法おすすめ20選!気持ち良いやり方のコツや頻度・回数

女性のオナニー方法おすすめ20選!気持ち良いやり方のコツや頻度・回数

女性は生理前になると性欲が増すため、オナニーをしている方も多いはずです。オナニー好きやオナニーで気持ち良くなりたい女性は、「おすすめのオナニー方法やコツ」等を知って、オナニーライフを充実させましょう!


最新の投稿


クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

クリトリスの筆攻め方法とテクニックは?どんな筆が気持ちいい?

筆を使って陰部を刺激する、筆責め。女性の体の中で特に敏感であるクリトリスへの筆責めはマニアックでありながら、多くの変態たちに支持されているプレイです。ここでは、クリトリスへの筆責めのやり方やテクニックを紹介しています。興味がある方は参考にしてみてください。


セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

セックスの拘束プレイのやり方と種類10個!好きな人の心理は?

拘束プレイに興味を持っている方は多いでしょう。しかし、“拘束”という文字がどうも怖いイメージを与えてしまいます。一体、拘束プレイとはどんなプレイで、どのように行なうのでしょうか。拘束プレイについて簡単にまとめています。興味がある方はチェックしてみてください。


SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

SMの縄・ロープの種類と選び方!扱い方・お手入れ方法は?

sm好きなら縄(ロープ)を使ったプレイに興味がある男女もいるでしょう。sはmを縛り、mはsに縛られる快感がクセになるようです。今回は、smで縄(ロープ)を使うために「種類や選び方」などをご紹介します。


緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

緊縛の種類・縛り方10個!縄で縛られたい・縛りたい男性や女性心理は?

"体を縄で縛りたいor縛られたい"男女は緊縛プレイがおすすめです! 緊縛プレイは縄を使い色々な種類の縛り方をしますが、SM好きにはたまりません。緊縛向きの縄の種類~縛り方の種類までチェックしましょう。


セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

自宅やラブホテルで好きなようにセックスができない、いつも一緒の場所でマンネリ化してしまったというカップルや夫婦もいるはず。セックスができる場所を定番から屋内、屋外などいろいろなパターンで紹介します。素敵なセックス場所を探している方は参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

inbee【インビー】で話題のキーワード


オナニー テクニック フェチ SM ローション クリトリス