「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト

アナルセックス経験者の割合と感想22個!どんな体験談がある?

アナルセックス経験者の割合と感想22個!どんな体験談がある?

アナルセックスって実際、気持ちいいのか。こう思っている方もいるでしょう。アナルセックスのことを聞くのであれば、経験者に聞くのが一番です。ここでは、アナルセックス経験者の感想を男女別で紹介しています。ぜひ、気になる方はチェックしてみてください。


一般的なセックスを楽しんでいる方にとって未知の世界が、「アナルセックス」。一体、経験者たちはどんな感想を持っているのでしょうか。今回、アナルセックス経験者の感想などをまとめました。

アナルセックス経験者の割合・確率

アナルセックスは、“痛そう”とか“怖そう”とかそういったイメージがあり、チャレンジしたことがない方も多そうです。

以前とある雑誌が一般の20代OL500人にアブノーマルセックスの経験をアンケートした結果が掲載されていましたが、アナルセックスは全体の約3割の方が経験済みというデータが出ていました。

しかし、経験者の3割程度しか「気持ちいい」と感じなかったようで、アナルセックスに良い印象を持っている経験者は案外少ないようでした。とはいえ、これは知識不足も関連しているかもしれません。

アナルセックスの正しい知識を身につけることが、アナルセックスを気持ちよくするコツなのです。(参考 ■週刊プレイボーイ7号「11ページ特集 OL500人アブノーマルセックスアンケート 今の20代女子はここまでやってる!!」)



男性のアナルセックス経験者の感想11個

ここからは、アナルセックス経験者の感想をまとめています。まずは、男性からです。

①メチャクチャ気持ちいい

男性のアナル経験者の多くが、「メチャクチャ気持ちよかった!」という感想を持っています。その理由は恐らく、日本人女性は非常に尻の穴の締まりが良いからでしょう。

外国人はアナルセックスが案外普通と言われており、体の大きさも相まってガバガバと言われています。一方、日本人女性の多くは小柄で華奢、さらに体験数も多くないため締まりがとても良いと話題なのです。

ぐちょぐちょのアソコこそ至高、というイメージですが男性にとってはペニスが締め付けられて苦しいぐらいが快感。しっかりと締め付けてくれるので、その物理的な感触がアナルセックスを気持ちよくさせているのではないでしょうか。



②いけないことをしている快感

アナルセックスの経験者はおよそ3割とお伝えしました。かなり多いと考えられますが、それでもまだまだマイナーセックスであることは間違いありません。

自身の家族に、「彼女と性行為をしました」と伝えることができる人は一定数いるでしょうが、「彼女とアナルセックスをしました」と堂々と伝えられる人はいないでしょう。

そのくらい、日本では未だタブー感の強いセックスプレイですので経験者たちも、“いけないことをしている”という気分が盛り上がるのでしょう。

挿入前はとにかく夢中になっている男性も、我に返った時に“オレはどれだけ変態的なことをしているんだ”と思い返すのです。

しかし、それで嫌な気持ちになるのではなく、気分が高まってしまうという変態さんも多いのが事実。このいけない感覚がクセで、次回もアナルセックスを求めてしまうのです。

③妊娠の心配が無いのでラク

100%絶対に妊娠しない、とは言いませんが、アナルセックスは精子が着床するようなところはありません。要するに、妊娠する可能性はほとんどない穴と考えていいでしょう。

さらに、アナルセックスは基本的に感染症などの問題でコンドームを装着して行ないます。こうなると、さらに妊娠の可能性は低くなるわけで、そういった部分を全く気にせずにセックスできるところは魅力でしょう。

男性の経験者の中にも、“何も気にすることが無く、思い切り腰を触れるところがいい”という人がいます。通常のセックス時であれば、確かにコンドームが破れたらどうしようとか、何らかのタイミングで精子が入り込んでいたら…など、いろいろと気になってしまいます。

さらに、終了後に不安になったり、後日生理が来ないなど言われて不安を煽られる心配もありません。とにかく、快楽だけに注目したセックスをできるところがアナルセックス最大の魅力と考えているようです。



④変態的なセックスができて楽しい

アナルセックスは、アブノーマルセックスの一種です。前述しているように、普通の行為とは違う世界に位置しているセックスプレイであり、やすやすと他言するようなことではありません。

そのため、そういったプレイができる相手を見つけた時の気持ちは例えることができないほどに興奮するようです。

アナルセックスの場合、比較的男性が夢見ている部分があります。さまざまなリスクはあるのですが、男性の方は挿入側ですので基本的にはペニスを出し入れするだけの作業。

一度は経験したい、という憧れのセックスでもあるわけです。そのため、憧れのセックスができている環境に盛り上がってしまい、いつも以上に変態的な気分でセックスを盛り上げてしまうのだそうです。

当然、相手もアナルにペニスが入っておかしくなりかけていますし、二人とも野生に戻ったかのような気分で求め合います。ほかでは言い表すことができない、興奮にまみれた夜が味わえると評判なのです。

⑤後戻りできないと思ってしまう

アナルセックス経験後、「もう後戻りできない…」と思いある意味で悩んでしまう方もいるようです。

快楽を得られるという意味もありますが、こういった変態的な世界に足を踏み入れてしまった以上、もう普通のセックスで満足できなくなるのではないか…という不安に襲われるようです。

“ここまで来たら、いくところまでいくしかないのか?”と、自分の性癖を自問自答するようになるそうです。もちろん、そこで続けていく人もいればヤメる人も、それだけ特別なセックスプレイと考えているのでしょう。



⑥アナル処女とヤリたくなる

アナルセックスを経験する際、多くの場合はアナルセックスが好きな女性というパターンが多いようです。

まずは、アナルに慣れている人などを出会い系サイトで探し、それから経験してみるという流れです。

しかし、アナルに関しては、“開発”が必要であることをご存知でしょう。そういった意味からも、アナルセックスに慣れている女性は開発されてしまっているので、多少ガバガバです。アナルセックスは気持ちいいけれど、これが“アナル処女だったら…”。

男性の悪いクセですが、ワンランク上の快楽を求めてしまうようになるのです。こういった感想を持っている男性たちは、次に全くアナルに興味の無い子たちを誘ってアナルセックスを試みようとします。

それはそれは気持ちいい、と言われていますが、了承を得ていない相手に試すと大失敗することも多いので注意が必要でしょう。

⑦探求したくなる

アナルセックスは、相手の尻の穴めがけて勃起ペニスを突っ込むだけの行為です。とはいえ、アナルにペニスを挿入するだけがアナルセックスではありません。

どうやって動くか、そしてどうやったら相手が気持ちよくなるか、自分が楽しむことができるか。

こういったところが重要になってきます。アナルセックスを経験した男性の中には、一度やったら気持ちよかったが不満を持っている方もいます。“まだまだ、気持ちよくなれるはずだ”と。

ただ気持ちいいだけで終わらせたくない男性の場合、アナルセックスをした後に探求したくなるそうです。



⑧征服感が満たされる

稀に女性側から誘われることもありますが、基本的には男性からのアプローチで、“事”が遂行されます。アナルセックスをするために口説き落とし、こちらを信頼させて最終的に相手のアナルにペニスをぶち込む。

男性にとって、征服感を満たせる瞬間と言って間違いないでしょう。“アナルに挿入することさえも拒まなくなった。この女は、完全にオレを信頼している”といった、支配欲を存分に満たせるわけです。SMの関係が成り立つのも、アナルセックスの魅力でしょう。

⑨中出しできて気分がイイ

アナルセックスは妊娠の可能性が低い、ということをお伝えしました。セックス中、基本的に膣に精液がかかることがない状況ではあれば、ほぼ安全と言っても過言ではないでしょう。

そのため、アナル内であれば中出しができると考えている男性もいます。中出しは、子づくり夫婦でない限り簡単に行なえるものではありません。

つまり、“男の夢”です。アナルセックスをする度、中出しができるという快感は経験者しか分からないでしょう。



⑩愛が深まった気分

アナルセックスの最中は夢中ですが、慣れてくると相手への愛を強く感じるようになります。通常、簡単にできるセックスではありませんし、互いに信頼し合っているからできる行為です。

また、他言しにくいセックスプレイであることから、“二人だけの秘密”といった感じで処理できます。二人だけの秘密、そして信頼度が高まるアナルプレイ。通常のセックス以上に、愛を感じられるのだそうです。

⑪後悔している

アナルセックスを肯定する男性も多いですが、案外後悔する人もいます。相手に無理強いしてしまったとか、好奇心に任せて暴走してしまった、性病など感染症にならないか…など、不安で頭がいっぱいになる方もいます。

経験者の中には、“しなければよかった”という感想を持っている方もいることは忘れないでください。



女性のアナルセックス経験者の感想11個

次は、アナルセックスをした後の女性側の感想です。一体、女性たちはアナルセックスを経た後、どんなことを思っているのでしょうか。

①困惑して感じなかった

アナルセックスに慣れていない女性の場合、“感じなかった”という意見が多い傾向にあります。気持ちいい、気持ちよくないの領域に入る前に尻の穴にペニスが入っている状況を飲み込めなかったという可能性があります。

アブノーマルセックスをそこまで好んでいない女性にとって、アナルセックスは未知過ぎる謎の行為です。

そのため、アナルセックスをしている最中も何が起こっているのかよく分からず、結果的に気持ちよくなる前に相手が果ててしまう…というパターンも少なくないのです。

次にアナルセックスをするのは、それでもアナルセックスに興味を持っている女性か、相手に喜んでほしいという従順な女性だけかもしれません。



②思ったより気持ち良かった

よく分からなかった、という女性もいれば気持ち良いと感じる女性もいます。

恐らく、しっかりとペニスを挿入する前に男性が開発をしてくれていたとか、ルールを守っていたからでしょう。アナルセックスは女性側にとってもリスキーな行為です。

しっかりと開発をし、テクニックを持っている男性とであれば快楽を得られるセックスプレイでもあるのです。膣内とは違う快感を得られる、という感じで、快楽を分けられるような女性には合っているプレイかもしれません。

③最初は痛かったが後々気分が良くなった

軽く前述していますが、日本人はアナルをそこまでセックスで使う国民ではありません。

そのため、アナルが拡張しておらず挿入時に入ってくるペニスがとても痛く感じてしまうかもしれません。

アナルセックスを初めてした方の場合、始めはとても痛く抜いてほしいという気持ちですが、ピストンされ続けているうちに気分が良くなり、結果的に快楽に落ちつくという場合もあるようです。

これも、愛情がある相手とのアナルセックスだからこその結果ではないでしょうか。



④子宮が擦られているような気分

アナルセックスの場合、当然ですが膣内挿入と違って直接子宮部分に刺激を与えることはできません。

とはいえ、うまく挿入すれば間接的に子宮を刺激することができるのがアナルセックスの醍醐味です。アナルセックスが上手な男性の場合、しっかりと挿入に角度をつけるなどして、子宮を間接的に刺激する動きができます。

結果的に、アナルセックスをしている最中は子宮が裏から突かれているような不思議な感覚となり、中イキしてしまうほどの快楽を得られるというわけです。

⑤妊娠しないので安心

男性側の感想にも登場しましたが、やはりアナルセックスは妊娠の可能性が無い分、女性にとっても気軽にできるセックスプレイだそうです。特に、セックスが好きな男性と付き合っている女性にとってみれば妊娠が不安です。

さらに、生セックスが大好きという男性との付き合いも不安が付きまとうでしょう。そういった場合、“アナルならいいよ”と言えるのはとてもラクチンなのだそうです。

妊娠の可能性が無い、というだけでも女性側のハードルがぐっと下がるためアナルセックスが好きな方も多いようです。



⑥病気が心配

妊娠の可能性が無いから安心なアナルセックス。しかし、一方で怖いのは病気などの感染症です。アナルには数多くの細菌が潜んでいますし、何らかのきっかけでそれらに感染する可能性が高くなります。

また、男性側が無理矢理挿入した際に裂けてケガをした場合、そこから細菌感染という可能性もあるでしょう。生でやりたがる男性とのアナルセックスは特にリスキーであり、やり終わった後に病気が心配になる女性も少なくないのです。

⑦とにかく恥ずかしい

女性はセックス時、アソコをおっぴろげなければいけません。そのため、とても恥ずかしいので部屋を真っ暗にしてほしい、という方がほとんどです。

そんな状況ですので、尻の穴を思い切り相手に見せるというのは、顔から火が出るほどに恥ずかしい行為でもあるようです。

ペニスが気持ちよかったとか、変態的な気分になれたとか、そういったところを通り越してシンプルに恥ずかしかった…という感想を持っている女性も少なくないのです。

男性としては、できるだけアナルセックスに関しても女性の恥ずかしさを和らげてあげる努力をしてみましょう。



⑧脱糞しそうになって辛い

アナルセックスを行なう場合、基本的に腸内にある内容物を全て出してから行ないます。

しかし、アナルプレイ初心者の中にはそういったことがわからず、無理矢理進行してしまう方もいるようです。さらに、上級者になるとそういったプレイを楽しむために、あえて内容物を残したまま浣腸がわりにペニスを挿入する場合もあります。

スカトロ系のプレイが好きな女性であれば良いですが、明らかにそういった女性はマイノリティ。

アナルセックス中も何となくもよおしてきたり、脱糞しそうになり快楽どころではない…という感想を持っている方もいます。仮に、大好きな男性の部屋で脱糞したら立ち直ることができないでしょう。しっかりと、先に処理をしてからアナルセックスを楽しむようにしましょう。

⑨思ったよりすんなりできて驚いた

アナルセックスはアブノーマルなセックスで、非現実的なところがあります。そういったイメージから、“本当はそんなことはできないのではないか?”と思っている女性も少なくありません。

しかし、アナルをしっかりと開発した後、ローションゼリーなどを使ってたっぷりと潤わせてペニスを挿入すれば案外すんなり入ります。

そのため、アナルセックスをした後の感想として、“思ったより、すんなりペニスが入ってしまうんだ”と思う方も少なくないのです。こういった場合、痛みよりも快楽を感じやすいことが多いのでアナルセックスにハマってしまうことでしょうね。



⑩出す感覚がクセになる

通常のセックスの場合、ペニスが奥部に突き刺さっているのが気持ちよいとされます。そして、それが一定速度で突かれていると徐々に気分が高まっていく…という感じです。

しかし、アナルの場合は性感帯があるわけではありません。そのため、壁から子宮を圧迫したりそういったやり方で快楽を与えるやり方になります。

ただし、アナルセックス特有の感覚に、“抜く時が気持ちいい”というものがあります。カリがスポッと引っかかるように尻の穴から抜ける感覚が気持ちいいという女性は多いのです。

実際に、アダルトグッズで小さな玉が多くついたものもありますし、“抜く時の方が気持ちいい”という感想の女性も多いようです。

⑪征服されている感じが好き

アナルセックスが好きな女性は、M気質の方が多いようで、服従している感覚のセックスに快楽を得るようです。

アナルセックスに関しても、相手にコントロールされている感じがあり、征服されているという感じが快楽に繋がるのだとか。互いに了承の上ではありますが、男性の欲望に女性が従い、変態的なセックスを行なう。

物理的な快楽というより、精神的満足感が味わえるためアナルセックスが好きという女性もいるのです。



アナルセックス経験者の体験談3つ

一口にアナルセックスと言っても、好きな人から苦手な人までさまざまです。ここでは、最後にアナルセックス経験者の体験談を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

①出会い系で出会った女性とアナルプレイ アナルセックス大好きさん(34歳 男性)

昔からアブノーマルなセックスに興味を持っていて、そういったエロ漫画を多く集めていました。ただ、こういったセックスを許しくれるような女性とは簡単に出会えず、この年までアナル童貞だったんです。

とある日、友人に勧められた出会い系サイトに登録してダメもとでアナルセックスがしたいという女性を探しました。2ヶ月かかりましたが、何とそれを許してくれる人が現れ、出会う当日にホテルでやることに。

相手はアナルセックスに慣れており、僕は彼女に言われるがままに行為をしました。思っていたよりアッサリしていたのですが、ペニスが締め付けられる感覚はたまりません。

思わず直ぐに射精してしまいましたが、二回戦もアナルでやらせてもらいました。



②変態的な快楽に目覚めたあの日 アナルマニアさん (28歳 男性)

多分僕は相当変態です。アナルセックスが好きなのですが、ほかの方のように締まりが良いから好き…というわけではありません。

なんというか、相手の汚いものを見たり触ったり、それをペニスでおかしているのが楽しいんだと思います。

アナルセックスも結構やってきているので慣れっこだったのですが、先日生で行為を行なった際、カリ部分に排泄物が付着していたんです。普通、引きますよね。

でも、その光景にメチャクチャ興奮してしまって…。相手の汚いものを自分のペニスでほじくっている、というシチュエーションに興奮してしまい、すぐにアナル内で果ててしまいました。これから、より過激になっていかないか不安ですよ。

③頭が真っ白になったアナルセックス 彼の奴隷さん (24歳 女性)

とにかく彼が大好きで、彼の言うことであれば何でも聞いてきました。そんなおり、彼が“アナルに入れたい”と言って来たんです。正直、怖かったですし断ろうと思いました。

それでも、彼が開発からということで優しくお尻の穴を拡張してくれて、ローションたっぷりで挿入。

最初、痛みもあったのですが彼への気持ちや優しさですぐに快楽に変わりました。彼のペニスが入っている最中、クリトリスを触ったり、指を膣内に入れてきたり、おっぱいを舐められたり…。体中の性感帯が彼に愛されているようで、頭が真っ白になってイってしまいました。正直、もうアナルでないと物足りなくなっている自分がいます。



まとめ

今回、アナルセックスの経験者の感想や体験談をお伝えしてきました。実際、アナルセックスをした人たちはさまざまな感想を持っていることがおわかりいただけたと思います。

ただひとつ言えるのは、無理矢理行為を行なったり、前準備を無視してはいけないということです。

準備さえしっかりと整えられれば、アナルセックスはとても気持ちいいものになります。ぜひ、アナタも勇気を出してアナルセックスにチャレンジしてみましょう。

高確率!!74.5%が出会えた。風俗よりメッチャお得にセックスをする方法

なかなか日常でセックスのできる女性との出会いがないという人はアダルトな出会いができるアプリがおすすめです。飲み会やリアルな出会いより効率的に好みの女性と出会うことができます。
《実際に素人女性と出会ったセックスした体験談と攻略法はこちらのページ》です。

ハッピーメール

\優良サイトをご紹介/

今すぐエロい女性と
出会いたい人はこちら!
  • ◇セフレが見つかる!
  • ◇風俗より圧倒的に安くセックスできる
  • ◇エロい女性がたくさん
  • ◇毎日簡単に出会っている人が多数!

最新の投稿


セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

セックスできる場所おすすめスポット40選!定番・室内・屋外・高校生など

自宅やラブホテルで好きなようにセックスができない、いつも一緒の場所でマンネリ化してしまったというカップルや夫婦もいるはず。セックスができる場所を定番から屋内、屋外などいろいろなパターンで紹介します。素敵なセックス場所を探している方は参考にしてみてください。


中に出してと言う女性の心理・理由10個とセックスでの注意点

中に出してと言う女性の心理・理由10個とセックスでの注意点

女性の口から"中に出して"と言われたら、興奮したり嬉しく感じる男性も多いはずです。では、どうして女性は中に出してほしいとお願いするのでしょうか? 早速、中出しを望む女性の心理などをチェックしましょう。


緊縛プレイセックスのやり方と楽しみ方7個!縛り方・注意点は?

緊縛プレイセックスのやり方と楽しみ方7個!縛り方・注意点は?

ノーマルセックスでは満足できない男女やSM好きの男女は、「緊縛プレイセックス」をしましょう。緊縛プレイセックスをすれば身も心も満足できるはずです。早速、緊縛プレイセックスの楽しみ方などをご紹介します。


SMで縄の縛り方はどれが人気?縛り方の種類と特徴9個

SMで縄の縛り方はどれが人気?縛り方の種類と特徴9個

縄で相手を縛るアブノーマルな行為、「緊縛プレイ」。SMプレイの中でも比較的人気が高く、憧れている方も多いことでしょう。ここでは、SMで人気の緊縛プレイの種類をはじめ、この行為を楽しむ方法や注意点をお伝えしています。興味がある方はぜひ、チェックしてみてください。


精液ザーメンを口移しする心理と理由は?男性と女性で違う?

精液ザーメンを口移しする心理と理由は?男性と女性で違う?

精液を口移しするプレイは特殊ですが、精液を口移しすると興奮する女性もいるでしょう。一方で、精液を飲むのがイヤな男性もいます。今回は、精液を口移しする女性心理・精液を受ける男性心理をチェックしましょう。


最近話題のキーワード

inbee【インビー】で話題のキーワード


オナニー テクニック フェチ SM ナイトスポット 性感帯 クリトリス